ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

2014年2月の話題〜議論の精度、ネタバレの是非、ふなっしーメンテ

f:id:ornith:20140228185932p:plain

 

 先月から始めました、「今月のブックマークを振り返ろう」のコーナーでございます。カテゴリ分類はざっくりと。

 

 個人的には、新海誠×Z会のコラボレーション動画「クロスロード」、これがもう最高っす。

 8年くらい前から新海さんの作品が大好きで、追っかけてきたけれど、今もなお進化を続けているのが分かってたまらんです。田中将賀さんのキャラデザに、歌がやなぎなぎさんというのも俺得。舞台が尾道(向島?)っぽいのも。これでさらに、新海作品ではおなじみの天門さんが作曲を担当していたら、もう悶絶していたに違いない。ええ、間違いありませんとも。

 

 

 新海さんの作品について語ると長くなりそうなので、この辺で。

 

 2月は、オリンピックがあったり、ゴーストライター問題が盛り上がったり、関東が2週連続の大雪に見舞われたり、話題には事欠かない月でした。来月は年度末ということで、企業や行政面で動きがありそうな予感。消費税アップも近いし。

 僕としては、花粉とPM2.5がどうにかなってくれれば、とりあえずは幸せです、はい。

 

目次

  1. 社会
  2. 考え方
  3. インターネット
  4. ネタ
  5. 動画&音楽

 

社会

「孤独」を求める人こそ「家族」を持つべきだ:ぼくが「友達」を必要としない理由 : イケハヤ書店

 「家族は孤独の防波堤」に納得。でも逆に、そのような家族関係を持てない、築けない人は、外に関係性を求めるしかないとも思う。

 

A大学のA君はなぜ大学を退学したのか - とある法学部教員ブログ

 僕には、「目的意識の欠如」としか読めなかった。入学当時は学びたいことはなくとも、しばらく通い続けていれば、やりたいことが見えてくる場合もある。A君の件は、そのやりがいがバイトになってしまったから。

 

加害者になるとはちっとも考えていない自転車の怖さ 轢き逃げも少なくない自転車事故。煩雑な保険請求手続きは被害者に降りかかる:JBpress(日本ビジネスプレス)

 自転車を免許制にしろ、とまでは言わないけれど、何らかの講習は必要だと思う。車の免許を取りに行った段階で、初めてそれが「軽車両」であることを知るんじゃ、遅すぎる。

 

キレる老人について考えてみた話 - ネットの海の渚にて

 僕の勝手なイメージだけど、もしかしたら地域差もあるのかな。田舎で営業として走り回っていた頃は、高齢者といえば、おおらかで、こちらのミスも笑って許してくれた印象が。クレーマー的なのは、中年のおばちゃん。

 

大学生の4割が読書時間ゼロ 生協連の生活実態調査 - 47NEWS(よんななニュース)

 “「0時間」と答えたのは、文系学生で約34%”って……本、読まないと、書けないレポートとかないのかな。/もっと本を読め、とは言わないけれど、時間のある学生の間に読書をしないのはもったいないなー、とは思う。

 

考え方

議論の精度を下げていること: やまもといちろうBLOG(ブログ)

 理性と感情は共存しているものであって、周囲の環境も移り変わるもの。そんな中で、小さな違いにも揚げ足を取り、常に不変の思想を持つべき、なんていうのは無茶な話。人は、そんなに単純な生き物じゃない。

 

「食べ物を粗末にするな」も「動物がかわいそう」もただのエゴにすぎない - グダちゃん日報

 自分たちのエゴを唯一絶対の「正義」として、それ以外は意味不明、理解不能の価値観として切り捨てる。「どうしてこのような違いがあるのか」と考えてみるだけでも、見えてくるものは変わってくると思うのだけれど。

 

 ◆「大事なこと」と「どうでもいいこと」をどう区別するか - 脱社畜ブログ

 「入門書を複数冊読む」という手法は、間違いなく効果的だと思う一方で、時間をかけないと難しくもあるイメージ。何が「大事」で、何が「どうでもいい」かは、時間をかけて学ぶ中で気づいていくものでもある。

 

僕が美術の授業を嫌いだった理由を語ろう - とある青二才の斜方前進

 全くでござる。基本的には「あるがまま描け」か「自分の想像で好きに描け」の二択で、技法なんて教わった記憶がない。週に1回しか授業時間がないことを鑑みれば、仕方がないのかもしれないけれど。

 

「努力」についてまわる高度経済成長期の呪い - シロクマの屑籠

 最近、耳にする「努力しろ」は、文字通り受け取るにはいろいろな意味が含まれすぎな気もする。本来の「鼓舞」するような意味が感じられない。「俺たちが頑張ってきたようにやれ」「与えられた仕事だけをこなせ」

 

私はなぜブログで堂々とネタバレをしてしまうのか - (チェコ好き)の日記

 「物語」作品において、どの部分に価値を見出しているのか、という差なのかも。結末なのか、過程なのか。未視聴、ただ、未読の人にとっては、どの部分が面白いかがまだ未知数なので、なんとも。

 

インターネット

「超いいね!」ボタンで資金集め? 津田大介さんが期待するこれからのネットの世界 : ギズモード・ジャパン

 10円単位の、少額課金制度とかあったらいいなー。動画でも音楽でもブログでも、ネットコンテンツとは親和性が高いと思うのだけれど。

 

[N] Facebook、Twitter、LINE、なくなって最も困るのは?

 これはTwitter。Facebookはほぼ使わなくなってるし、LINEがなくなってもメーリスに戻るだけ。

 

ハンドルネームが好きです - kobeniの日記

 ものすごく共感できた。実名の自分とはちょっと違う、ある種の気軽さとむず痒さが心地良くもあるのです。idも統一しておけば良かったな……。

 

「ググレカス」が世界を変える/ネットのコンテンツは「紙と放送の時代」と何が違うか。 - デマこいてんじゃねえ!

 内容は概ね共感できるのだけれど、「検索すらしない層」「検索結果の一部だけを見てそれが全てだと信じる層」、これら両極端なネットユーザーがいるのが問題。

 

大雪の佐久、市長のツイッター活用に称賛の声 - NAVER まとめ 

 ソーシャルメディアを有効活用した、すばらしい事例。せっかくの便利なツール、うまく使える人が、増えれば増えるほど良い。

 

「お風呂中は使いません」宣言用紙をスマホ契約時に配布、都がネット依存対策 -INTERNET Watch

 記事タイトルで「ん?」となったけど、読んでみたら、結構まともな内容だったでござる。具体的な案として挙げられている、「都内の青少年のネット依存について実態調査の実施」とか。

 

ネタ

「メロスの全力を検証」

 この論文筆者の短い「感想」ひとつで、大宰の書いた疾走感溢れる文章が全否定されてて笑った。

 

みんな電車の中で何してるのか? - デイリーポータルZ:@nifty

 おもしろい調査。楽譜を読んだり、小難しそうな専門書を読んでいる人って、意外と目にする。

 

都知事選妨害か?「人工大雪」説を主張するヒトビト - Togetterまとめ

 い   つ   も   の

 

「ふなっしー」がfigmaになって2014年発売予定 - GIGAZINE

 ついにfigmaに手を出すときがきたか……。

 

日本一長い商店街"天神橋筋商店街"ですごろくをしてきた(1) - ココロトココロ

 おもしろかった!身近なところなら、夏祭りの屋台なんかでやっても楽しそう。

 

【まんが】初対面のサブカルの互いの知識の探り合い | オモコロ特集

 あるわー、大学のサブカル系サークルにこういう人達いたわー。僕は知らないものは「知らんがな」と素直に言うキャラだったので、格下に見られていた模様。/「限りなく透明に近いブルマ」に笑った。

 

動画&音楽

ふなっしー1号 メンテナンス中

 1号の中にはいったい誰…いや、何が入って……。というか2号がきれいすぎて、逆に違和感を覚えるレベルww

 

波平さん追悼

 想像以上に似ていた。これはすげえ。

 

Z会 「クロスロード」 120秒Ver. - YouTube

 どっからどう見ても尾道だー!と思って公式サイトを見たら、「離島」の文字。渡船に見覚えがあるので、向島かな。8年くらい前から新海さんのファンです。

 

【初音ミク】 「 stray 」 【オリジナル】 ‐ ニコニコ動画:GINZA

 今、一番ハマっている曲。言葉選びが素敵。最近は特定のボカロPの曲しかチェックしてなかったけど、久しぶりに良い作品を見つけられた気分。

 

【艦これ】一秒一月百一年! ‐ ニコニコ動画:GINZA

 1秒=1ヶ月として、艦船建造の歴史を、終戦まで追いかけた動画。何気に歴史の勉強になる。

 

【ポケモンXY】スカイバトル【非公式PV】 ‐ ニコニコ動画:GINZA

 ポケモンのファンアート、ほんと好き。ゲームとは違った表情、解釈が見れるので。

 

【MAD】いつかの空と同じ 【凪のあすから】 ‐ ニコニコ動画:GINZA

 変わるものと、変わらないもの。

 

応援する力

応援する力 (朝日新書)

応援する力 (朝日新書)

 

 松岡修造さんのライフワークでもある、「応援」について記した内容。4章構成。

 著者が「応援ってすげえ!」と思えるようになった経緯、これまでに接し、応援してきたプロのアスリートたちとのエピソード、家族や友人、部下など、身近な人を応援するにあたっての考え方、日常生活という、よりミクロな視点で、「応援」を生活に取り入れる方法。

 誰もが常に、彼のように燃え上がり続けるのは無理だとしても、「ちょっとだけ頑張ってみよう」と考えるきっかけにはなり得る。「応援」には、人を前に歩かせるための力が、強さが、間違いなく、ある。

 

カゲロウデイズ -in a daze-

カゲロウデイズ -in a daze- (KCG文庫)

カゲロウデイズ -in a daze- (KCG文庫)

  • 作者: じん(自然の敵P)
  • 出版社/メーカー: ブックウォーカー
  • 発売日: 2012/10/03
  • メディア: Kindle版
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

  発売してすぐに購入、ずーっと積ん読していたのを、ようやっと読み終えた。

 「ラノベっぽい」という評価が多いようだけれど、どちらかと言えば、携帯小説に近い。文章力やノリ的な意味で。ストーリーは王道で、何も考えずに読めば非常に楽しめる。キャラクターもなかなかに魅力的。だけど、たまに誰が喋っているのか分からなくなる。続刊に期待。

 

進化するアカデミア

進化するアカデミア 「ユーザー参加型研究」が連れてくる未来

進化するアカデミア 「ユーザー参加型研究」が連れてくる未来

 

 こんなにおもしろそうなことをやっていたのかー!なぜずっとスルーしてたのだ僕よー!という読後感。本当に楽しそうに取り組んでいることが分かって、「学会」や「研究者」といった存在が身近に感じられた。期間限定の試みということで、終わる前に自分も何らかの形で参加してみたい、心から、そう思えた。

 

深愛

深愛

深愛

 

 書店でふと目に留まり、「あれ?本出してたの!?」とびっくり。衝動買いし、一気に読んでしまった。すんばらしい読後感。「水樹奈々」という一人の人間の生き方を目の当たりにして、圧倒されてしまった。

 「戦友」こと三嶋プロデューサーも含めて、物事を成し遂げようと戦い続ける人達の根っこには、すさまじい情熱が滾っているのだと感じた。昔から、「CDが出たら買う」程度のファンだったけれど、心から応援したいと思いました。ライブ、行きたい。

 

「あいつらは自分たちとは違う」という病

「あいつらは自分たちとは違う」という病: 不毛な「世代論」からの脱却

「あいつらは自分たちとは違う」という病: 不毛な「世代論」からの脱却

 

 近現代史や現代思想、社会運動などにさほど興味のなかった僕にとって、非常に学びの多いものだった。特に、第3~6章。60年代以降の若者論を追いかけつつ、当時の若者と関係の深い出来事が、簡潔ながら分かりやすく説明されていて、彼らが何を考え、社会に要請し、行動に移すこととなったのか、把握することができた。

 また、若者論を論ずるに当たって、引用されている書籍もかなりの数になっており、巻末には、10ページに及ぶブックガイドも収録されているので、知見を広げる参考になりそう。

 

他の年の「2月」を振り返る