ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

池袋『焼きそばは飲み物。』にて、夏の思い出を飲み込む

焼きそば

 

あなたにとって「焼きそば」とは、どのような存在ですか──?

 

 改まってこんな問いを投げかけられる機会はそうそうないでしょうが、冷静になって考えてみると、「焼きそば」は不思議な立ち位置にいる食べ物なんじゃなかろうか。

 食事では「主食」となる麺類でありながら、日常的に食べる機会はあまりない。都心はもちろん、ベッドタウンの最寄り駅や住宅街でも見かけることのある「ラーメン屋」「パスタ屋」「うどん・そば屋」に対して、専門店としての「焼きそば屋」が目に入ることはほとんどない。多彩な麺類を取り揃えたファミリーレストランのメニューを見ても、焼きそばはハブられていることが多いように感じる。

 麺類の中ではどこか微妙な立ち位置にいる、焼きそば。
 では、僕らはいったい、いつどこで彼を食してきたのだろうか。

 この疑問については、時間をかけて考える必要もないでしょう。焼きそばと言えば、屋台である。祭りである。花火である。夏休みである。

夏祭りのイメージ(川越百万灯夏祭り)

 焼きそばとは、少ないおこづかいを手に握りしめ、「なに食べるー?」などと友達と話しながら神社の境内に立ち並ぶ屋台と人混みのスキマを闊歩し、あれこれと悩みつつも最後には辿り着くメシである。そして焼きそばをかっ喰らっている途中、鮮やかな浴衣で着飾ったクラスメイトの気になるあの娘とばったり遭遇し、口の周りを紅ショウガで真っ赤にした自分たちの姿を見て大笑いする彼女。そのあまりの爆笑っぷりにムッとしつつも、普段とは違う彼女の姿に胸の鼓動は高鳴り、それ以上に夏の夜のお祭りの明かりに照らし出されたその笑顔が眩しくて、直視もできずに「うっ、うるせーな!」と声を上げ、気恥ずかしさを隠すために残った焼きそばを一気に飲みこむんだ。

 

そんな夏休み、どっかに落ちてませんか?

 

 ──という妄想はさておき、焼きそばと言えば夏の風物詩。手軽に作れるわりには以外と食べる機会は少なく、なぜか夏祭りでは決まって食べる季節の食べ物。別に夏野菜をたくさん使っているわけではないのに、なんとなく「夏」を思い起こす食べ物。それが、多くの人にとっての「焼きそば」なのではないかしら。

 とは言え昔と比べれば、焼きそばの専門店を見かける機会も増えたように感じる近頃。ブログでも過去に『あぺたいと』さんや『梅林』さんを紹介しましたが(※『梅林』さんは大盛り焼きそばを出す中華料理店です)、もしかすると、水面下では焼きそば需要が高まりつつある──のかもしれない。

 そんななか、特に強く記憶に残っているお店がある。池袋・サンシャイン通りを脇道に逸れて歩いて行った途中にある、こじんまりとした一軒のバル。

 その名もずばり、『やきそばる。』さんでございます。

池袋『やきそばる。』外観
池袋『やきそばる。』のソース焼きそば
『やきそばる。』さんのソース焼きそば(2018/08撮影)

 昨年夏にその存在を知り、ふらっと入店してランチをいただいてきました。口にする前からそのモチモチ感が一目瞭然な太麺は食べ出があり、ソースの香りと軽い焦げ目が香ばしく、食欲をそそる。夜は文字どおりの「焼きそばを出すバル」として営業しており、少なからず人を集めていたそうな。

 ところがどっこい。先日、その『やきそばる。』さんで久しぶりにランチをいただこうと池袋に降り立ち、脇道に入ってお店の前まで来たところ……己の目を疑った。

池袋『焼きそばは飲み物。』外観

池袋『焼きそばは飲み物。』看板

 

なん……だと……。

 

 あまりにも衝撃的すぎてどこからツッコめばいいのかわかりませんが、まずもって「知っていた焼きそば屋さんが、別の名前になっていた」ことにびっくり。

 飲食店の入れ替わりが激しいこのご時世、「いつの間にか閉店して別のお店になっていた」なんてことは別に珍しくない。でも「焼きそば屋であることはそのままに、別の名前になっていた」というのは、予想すらしていなかった。いや、それも決して特別な話ではないのかもしれないけれど。

 それ以上に、何と言っても、名前である。『焼きそばは飲み物。』である。「やきそば+バル」というシンプルながらありそうでなかった素敵なネーミングに対して、それ以上のド直球具合。店名で語り、しかもご丁寧に句点まで付けて言い切っているあたり、店主の自信の深さが窺える。

 とは言ってもすでに多くの人に周知されているように、『○○は飲み物。』シリーズは今や都内のあちこちで見かけるようになった定番のお店(※あとは甲府にもあるそうな)

池袋『カレーは飲み物。』外観

 こちらも過去に取り上げた『カレーは飲み物。』は店舗数を着実に増やしているし、少し前には「とんかつ」も飲み物になったのだとか。実際にそこそこ繁盛しているという話を聞くに、なんでもかんでも飲みこむ大食漢が東京には蔓延っているのだろうか……。カービィかな?

 では、はたして『やきそばる。』さんには何があったのか……と思ったら、どうやらもともと運営元が同じだったみたい……? 新橋にも『焼きそばは飲み物。』がオープンするのを機に、こちらも屋号を変更したのだそう*1。なるほど……「バル」という建前は、当初から飲まれる運命だったのか……。

池袋『焼きそばは飲み物。』のソース焼きそば

 名前が変わっただけなら、きっと味もそのままのはず。実際、注文して出てきた太麺焼きそばは、紛れもなく半年前に食べたものと同じだった(鰹節と豚肉の量が減り、少し薄味ぎみだったような気はするものの)

 ところがどっこい(2回目)。この世のあらゆる事象がそうであるように、何かの「変化」に伴う「変化」はつきものだ。

 名前が変われば、性質が変わる。性質が変われば、印象が変わる。印象が変われば……それを目にする、人の心も変わる。──そう、中学の同窓会でひさしぶりに会ったあの娘の名字が変わっていたのを見て、不思議な感慨がこみ上げてきたり諦めがついたりするように。そして、惚れた彼女への想いを二次会の場で親友に吐露してひとしきり泣いたら、めいいっぱい笑って思い出話にするんだ。

 

まあ、中学時代にそれっぽい恋愛なんてしてなかったけどな!

 

 ──それはさておき、『焼きそばは飲み物。』さんの話ですね、はい。焼きそばの味とメニューは以前のままだったものの、それでもやはり、屋号の変更に伴う「変化」がそこにはあった。『○○は飲み物。』を冠したお店になったことで、同シリーズのお店と同じシステムが実装されたのです。

 それが、好きなものを3つ選べる無料トッピングシステム

 『やきそばる。』時代から定番だった「スキヤキ卵」のほかにも、『カレーは飲み物。』のほうでも見かけたような選択肢がちらほら。一度はスキヤキ風に焼きそばを食べるのにもチャレンジしていただきたいところですが、王道の目玉焼きを乗っけるのもありありかと。

 そうして半年ぶりに食べた太麺焼きそばは、いつかの「夏」を思い起こすような、懐かしい味わいだった。そして、その太麺を溶き卵に浸して啜るなか、はたと気づく。

 

ああ……なるほど、たしかにこれは “飲み物” だ……。

 

 どこか懐かしさを感じるソースの香りと共に、存在しないはずの青春時代の「夏」の日々の思い出を飲みこむ。徐々に春の陽気を感じつつある3月下旬のお昼時、夢のような「夏」の味がする焼きそばを……ただただ、ひたすらに、飲む。

 ──ごちそうさまでした。
 今度は、本当の「夏」になったら会いましょう。

 

店舗情報

  • 営業時間(月〜土):11:15~16:00 / 17:00~22:00
  • 営業時間(日):11:15~19:00
  • 定休日:水曜日
  • アクセス:JR『池袋』駅東口 徒歩5分
  • 住所:東京都豊島区東池袋1-13-2

※参考:食べログ

「池袋」のおすすめランチはこちら

AVATAR2.0公式転生プロジェクト始動!お披露目放送の内容をまとめたよ

AVATAR2.0公式転生プロジェクト

 2018年末、『最強バーチャルタレントオーディション~極~』というイベントが開催されていたことをご存知でしょうか(※プロジェクト全体の名称は『AVATAR2.0』)

  • 5人のバーチャルタレントの “中の人” (公式の表現)を決めるオーディション
  • 一次審査を通過した約60人が、それぞれ演じたいキャラクターの姿で配信をする
  • 審査方法はSHOWROOM配信のポイント
  • 予選・本戦・最終面接を経て、12月中旬に結果発表

 ざっくりと言えば、このような内容の企画。詳細な説明は割愛しますが、当初は「バーチャル蠱毒」などと呼ばれて良くも悪くも話題になり、多数のリスナーを巻き込んで年の瀬のTwitterを賑わせていました。 “蠱毒” と呼ばれるようになった経緯やバズったきっかけについては、以下のTogetterを見ればなんとなくわかるはず。

 いろいろな意味で注目を集め、賛否両論の声も聞かれつつ、それでもオーディション自体は滞りなく終了。5人のバーチャルタレントがデビューし、すでに多方面で活躍しています。

 そして同時に、オーディション終了のタイミングで新たな企画が発表されました。それが、『公式転生プロジェクト』。惜しくも選ばれなかった候補者──バーチャル的な文脈で言えば “魂” たちの活躍の場を設けるべく、別の形で “転生” させることを運営が主導すると発表したのです。たすかる。

AVATAR2.0公式転生プロジェクト・ロゴデザイン

【AVATAR2.0公式転生プロジェクト】3Dモデル獲得イベント - SHOWROOMより

 すでに別の肉体を獲得し、VTuberとして活動している元候補者も少なからずいるなかで、「公式転生」に名乗りを上げたのは14人。──で、その面々を紹介するべく昨夜、キャラクタービジュアルの「お披露目会」がSHOWROOMにて放送されたわけです。

 “つーちゃん” ことインサイドちゃんMark2@V_insidechanMK2さんをMCに迎え、個性豊かな14人が次々に登場する放送は、実に90分以上にも及びました。

 十人十色の転生者とつーちゃんの掛け合いは、最高に楽しかったのですが……それはそれとして、情報量が多すぎる……! しかもSHOWROOMの配信はアーカイブが残らないこともあり、「記録」の必要性をひしひしと感じている今。そこでまずは、昨夜の放送と「転生者」の情報を整理しようと考えた格好です。

 そんなわけで本記事では、3月17日夜にAVATAR2.0公式チャンネルにて放送された「キャラクタービジュアルお披露目会」より、公式転生プロジェクト参加者14名の情報と発言を簡単にまとめています

 決して「一見さんお断り」ではない、 “前世” を知らない人でも楽しめる企画になりそうな印象を受けましたので、気になった参加者さんがいらっしゃいましたら、ぜひ放送を見に行ってみてください! 本格始動は本日夜からですので、まだぜんぜん間に合いますぞーーー!

 

スポンサーリンク
 

 

続きを読む

「2回行動」ができる人は強い

f:id:ornith:20190316180700j:plain

「2回行動」は、強い。

はやぶさの剣の有用性は言うまでもないし、せいしんとういつ → ばくれつけんの8連撃で敵モンスターを一掃するのは気持ちがいい。覚醒コマンド持ちのアムロはいつも前線で無双してくれるし、みがわり耐久を台無しにしてくれるメガガルーラは絶対に許さない。ちくしょう。

──という例が数多く挙げられるように、ゲームにおける「2回行動」は強い。

ターン性のRPGやSLGの大ボス級が連続行動の使い手であることは珍しくないし、自ユニットのスキルとしてもストーリー後半に習得することが多い。派手なエフェクトで大ダメージを与える「必殺技」とは性質が異なるものの、ある種の「切り札」として戦略の幅を広げてくれる能力だと言える。

そんな「2回行動」の習得者を、現実世界でも見かけることがしばしばある。

f:id:ornith:20190316181036j:plain

たとえば、体育の授業や部活動で、連続して試合に出るようなスタミナの持ち主。さすがにいつも活躍できるとは限らないもの、実践で得られる経験値は練習の比ではない。周囲よりもレベルアップが早いその人は、ゆくゆくはチームの中でも頭ひとつ抜けたプレイヤーになるかもしれない。

あるいは、仕事。アルバイトでも空いた穴を埋める人は重宝されるし、給料もそのぶんだけ多くもらうことができる。また、自分の仕事をちゃっちゃと済ませ、「手が空いたんで、これもやっておきますねー!」と咄嗟に動ける人は技術の習得も早い。周囲を差し置いて、ガンガン昇進していく傾向にある。

ゲームでもリアルでも、「2回行動」ができる人は強い。

飛び抜けたHP≒体力の持ち主なのか、はたまたMP≒モチベーションによってブーストをかけることができるからなのか──。いずれにせよ、平均以上のステータスを持った彼ら彼女らは常日頃から精力的に活動し、経験値を集めてレベルを上げ、スキルを覚え、時にはジョブチェンジもして先へ先へと進んでいる。

では、「2回行動」は、そのようなバイタリティあふれる人にしか習得できない特殊技能なのだろうか。──実のところは、そうでもないんじゃないかと思う。平均並みかそれ以下のステータスの人だって、場合によっては連続で行動することができるんじゃないかしら。

f:id:ornith:20190316181718j:plain

振り返ってみれば僕自身、ノリと勢いでむちゃくちゃに動き回れたことが、何度かあった。

原稿を1本仕上げて終わるはずが、妙に筆が進んで2本まとめて脱稿できた日とか。ロードバイクで目的地に辿り着き、あとはUターンして帰るだけ──のつもりが、「なんかまだ走れそうだし、あっちにも行ってみるかー」と普段以上の長距離を走ってから帰路についた日とか。

これらは「たまたまその日は調子がよかったから」で納得してしまえる体験ではあるけれど、それで終わりじゃない。その日の体験がきっかけになり、次に同じことをしてみようと頑張ってみると──その際には大幅な体力消費や苦痛を伴うこともあるけれど──再び、同じように「2回行動」を実践できることがある。

ある行動を繰り返していると、それはやがて「当たり前」のものとして定着する。ふと気がつくと、「2回行動」だと考えていたものが「1回行動」になっている──。そんな経験が、過去に何度かあった。そう考えると、連続行動スキルは限られた勇者のみが持つ特殊能力ではないようにも思えてくる。

f:id:ornith:20190316182713j:plain

それはきっと、「成長」と呼ばれるもの。

とは言え、そのためにはいくつかの条件があるのも事実。まず体力がなければ動くことはできないし、精神的余裕やモチベーションがなければ行動に移すのは難しい。さらに、たとえHPとMPが満タンだったとしても、時間や金銭の問題で動きようがないというケースだってある。

日頃から忙しくしている学生や会社員にとって、すべての条件がそろう機会は決して多くないようにも感じる。それでも、時には無理をしてスキル「2回行動」を発動することで、得られるスキルや経験値もあるんじゃないかしら──と、ふと思ったのです。

 

……ってなわけで今晩0:00からノリで2回行動してみようと考えているので、暇な人は来てねー(突然の宣伝)

 

関連記事 

花粉に完全敗北した結果、引きこもってVRCを楽しむ日々がやってきた

f:id:ornith:20190130220647j:plain

 どうもこんにちは。
 テンション高見沢けいろーです。

 インフルエンザの流行に、はしかの拡大、そして例年以上に飛び交うスギ花粉にさらされているこの季節、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 近頃はようやくポカポカと暖かい陽気になってきたのに、花粉症持ちからすれば、その暖かさすら不穏に感じられる悲しみ。「あ~~~! 今日もいい天気なんじゃ~~~! でも暖かいってことは……花粉の飛散量もパないんだろうなこんちくしょうめ!」などと、いつだってMAX疑心暗鬼で過ごしている僕です。

 そして案の定、外に出れば出会って5秒で大量の花粉を吸い込み、ズビズババとポケットティッシュのお世話になるわけです。エンカウント率100%とかなんなの? ストーカーなの? せめて美少女に擬人化すれば耐えられる……と一瞬よぎったけど、束縛系ヤンデレのイメージしか浮かばなくてアカンやつだこれ。

 そんなスギ花粉にさらされるこの季節ばっかりは、肺呼吸をやめたくなる気持ちでいっぱいになる。……のだけれど、目のかゆみはどうにもならんからダメだこりゃ! ちくしょう! こうなったらもう、人間やめるしかねえ! 俺はミジンコになるぞーッ! ジョジョーッ!!

 

スポンサーリンク
 

 

 

続きを読む

VR初心者でも楽しい!バーチャルマーケット2の感想と魅力をまとめたよ

『バーチャルマーケット2』公式サイト

『バーチャルマーケット2』公式サイト

 2019年3月の3日間にわたって開催された、仮想空間上の展⽰即売会『バーチャルマーケット2』

 0:00の開幕から数時間、さらにはお昼すぎにも数時間ほどログインして、夢のような未来のような世界を楽しんでおりました。VR初心者かつモデリングの知識も皆無な自分が、はたしてどこまで楽しめるのか……と若干の懸念もあったのですが、まったくの杞憂でござった。

 

個性豊かな3Dモデルを見て回るのはもちろん、
作り込まれた “世界” を歩く体験が楽しすぎる……!

 

 このイベント、マジヤバっす。想像以上っす。この1ヶ月でVR空間にもそろそろ慣れてきて、初めてHMDを被ったときほどの衝撃はもうないだろう……と思っていたのですが、そんなことはなかった。VRChat、パない。バーチャルマーケットを作っているみなさん、しゅごい。

 「バーチャル」の名を冠してはいるものの、パソコンさえあれば誰でも無料で参加できる本企画。何か少しでも気になる部分がある人、ビビッとくるポイントがあった人には、ぜひとも……そう! ぜひともVRChatの世界にログインして、仮想現実の魅力を堪能してほしいのです。

 

 

スポンサーリンク
 

 

続きを読む

『IMAGINATION VOL.1』に便乗して参加VTuberを推すだけの記事

VRライブにリアルの音楽ライブ、アニメ化にドラマ化などなど、各方面で今まさに活躍しているバーチャルYouTuberたち。

十人十色、千差万別の魅力を持つVTuberがどういった存在であるか──は、改めて説明する必要はないようにも思いますこちらの記事などを参考にどうぞー)

ただ、彼ら彼女らについて「知っているけれど、ちゃんと見たことはない」という人もまだまだ多いのではないかしら。動画は多いし、時間も長いし、生配信も多いしと、新規層に対するハードルはなかなかに高いようにも見えるんですよね。

 

そこで一役買ってくれるのが、「おうた」です。

 

10分も集中して見る必要はなく、その人をまったく知らなくても楽しめて、しかも身近に感じられるコンテンツ。そのひとつに「歌」が挙げられるんじゃないかと。

長くても4、5分程度に収まり、歌っている人は知らなくても、楽曲は知っている。だからこそ、VTuberに初めて触れる人でも楽しめる……はず。──おうたはいいぞ。VTuberのおうたは荒んだ心を癒やしてくれる。ニコ動以降のネットが生み出した文化の極みだよ。

今回取り上げたいのは、そんなVTuberたちの魅力的な歌を存分に堪能できる、欲張りセット。12組のVTuberが参加するコンピレーションアルバム『IMAGINATION VOL.1』です。

 

 

てっきり「コアなVTuberファン向けのファンディスク」的な立ち位置のアルバムなのかと思いきや……とんでもねえ!

VTuberたちの歌声はもちろんのこと、これまた十人十色の魅力を持つクリエイターたちによるアレンジがしゅごい。そんじょそこらのアニソンカバーアルバムにも引けを取らないどころか、抜群のつよつよクオリティを誇る1枚になっているように感じました。

 

スポンサーリンク
 

 

続きを読む