読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

ブログの読者を増やす方法〜読者数1,000人達成までに取り組んだ3つの施策

 前回の記事に引き続き、今回は「ブログの読者の増やし方」について。現在、このブログ「ぐるりみち。」に関して言えば、数字の上で確認できる「読者さん」の数は3,500人ほどとなっています*1

 ですが、Google Analyticsでページ別のアクセス数を参照すると、実際に記事を読んでくださっている方がどの程度いるかと言えば、さほど多くはないという印象。これは多分、「ブログのテーマが統一されていない」ことにその一因があるのでしょう。ブレブレですし。

 でもそもそも、一口に「読者を増やしたい!」と言っても、何をもって「読者」と考えるかにもいくつかの視点があるように思います。額面上の数字が増やせればいいのか。毎回読んでコメントもくれる“ファン”が欲しいのか。そういった点も整理しつつ、ここでは持論をまとめました。ほとんど「自分がやったこと」なので普遍化できるものではありませんが、一例として、どなたかの参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク
 

 

あなたのブログの「読者さん」って、どんな人?

 例えば、昨日の記事。投稿から24時間が経過した現在のPV数は、Google Analyticsで確認する限りは約800PVとなっています。――おかしい。このブログには1,500人もの読者さんがいらっしゃるはずなのに。

 参照元を見れば、はてなブックマークやSmartNewsなどからのアクセスもあるため、このブログを“認識”して読んでくださっている人の実数はさらに下がることでしょう。――なんてこった。つまり、ここには幽霊部員ならぬ、“幽霊読者”さんが溢れているのか。確かに、ブログ名も然るべきフォントにすればなんとなくホラーっぽいけど。

 

 しかし言うまでもなく、そのように考えるのは早計です。ストックメディアたるブログの良いところは、各々が好きな、自由なタイミングで読むことが可能である点。

 中には週末にまとめて巡回するような人もいるでしょうし、普段は忙しい分、長期休暇にネットにどっぷりと浸かって消化する人もいるかもしれません。僕らのように毎日更新、Twitterで毎日「にゃんこー!」「おぱーい!」なんて叫んでいるほうが稀でしょう。……たぶん。

 

 さらに、このブログに限って言えば、記事ごとのアクセス数に幅があるのはむしろ当然なのです。

 よく取り上げるテーマはいくつかあれど、その実態は、好き勝手に書き散らしているだけの“個人の日記”。ポエミーな記事はまったく読まれませんし、逆に、本の感想やネット云々の話題などはぼちぼち読んでいただけているような印象を受けます。

 ……え? なら、そういった記事ばかり書けばいいじゃないか、って? 全くもって正論ですが、このブログに関しては、始めた動機からして「思考の記録」であり、そのスタンスは「好き勝手」としているため、方針とズレてしまうんですよね。残念ながら。

 

「ブログ」に対するスタンス・軸を明確に

 確かに、特定のトピックを取り上げ続ければアクセスも伸びるでしょうし、「あのブログはこういうブログだ!」というブランディングにもなります。それが価値あるコンテンツと認められれば、書籍化のオファーなどが舞い込む可能性もあるでしょう。

 しかし、このブログに関しては「好き勝手にやりたい!」を根幹として始めているので、“今のところは”方針変更をするつもりはありません。たびたび狙った記事を書くなどしてブレることもありますが、それも含めて「好き勝手」である、と。わぁい、便利な言葉。

 

 

 過去にこのような記事を書きました。広い意味での「ブログ」を大別する考え方として「日記」か「メディア」かというひとつの視点があると考えており、それぞれ、運営の方法も記事の書き方も、その性質は大きく異なってくるのではないか、と。

 特定ジャンルの情報を発信し続ける「メディア」ならいざ知らず、このブログはあくまで「日記」。もともと飽き性である自分は、いつも同じことをしていると摩耗し、よほど楽しくないと物事を続けられない傾向にあります*2。だから、ブレブレでも良い……と、考えています。

 

 閑話休題。自分語りが長くなりましたが、たとえブレていようが「軸」は「軸」だと思うのです。毎月最初の振り返り記事で「好き勝手に書いてます!」としつこいくらいに繰り返しているのも、そういったスタンスを示した上で、読者さんに判断していただきたいと考えているため。

 全部の記事を読んでもらおうなんておこがましいと思いますし、そもそも全部を読んでもらうには、テーマも内容も統一性が皆無。――であるために、記事ごとにアクセス数がばらつくのは当然なのです。

 時間のあるときに、興味を持った記事だけを、それこそ“好き勝手”に読んでもらえたら、ブロガー冥利に尽きるというもの。読み進める中で“コレジャナイ感”を覚えたのならば、自由に登録解除していただければいいですし。

 

 それがブレていようがブレていまいが、自身の「軸」を示しブログを運営していくことは、おそらく基本中の基本。言い換えれば、「テーマ」や「コンセプト」といったものですね。

 自分でどのような意図を持って運営しているのかを明確にしなければ、それを読んで欲しい相手――すなわち「読者」の姿も浮かび上がってきません。もし読者数を増やしたいと考えるのでしたら、そういった前提は少なからず把握しておく必要があるのではないでしょうか。

 

ブログで読者数を増やすには?

 さて、では具体的に取り組んできたことについて、いくつか振り返ってみます。

 

 僕がこのブログを開設したのは2012年12月。当初は月に一度更新するかしないかという程度の投稿頻度だったため、必然、閑古鳥が鳴く毎日でした。

 積極的に更新するようになったのは、2013年11月から。毎日更新とまではいきませんが、2日に1回ペースで更新するようにはしていた形です。その頃には「はてなブックマーク」の使い方をなんとなく知り、ブログの記事が初めてホットエントリー入りしたので、そこから振り返ってみます。

 

1. 他のブロガーさんと意識的に関わる/傍観者から参加者へ

 

 一応、初のホッテントリ記事。文体も論調も現在と比べるとちょいちょい異なりますが、本ブログでたびたび取り上げる「ことば カテゴリー」の記事の走りですね。

 この文章自体、他のブロガーさんの記事に対して言及した内容となっておりますが、すでに更新開始以前から積極的に「ブログ」を読む習慣は身についておりました。この時期に新たに意識するようになったのは、それらを「読む」だけでなく「コメント」し、「交流」すること。

 

 

 そのときにとてもお世話になったのが、こちらの「はてなグループ」です。それまではどちらかと言えば“意識の高い”ビジネス系のブログや、同世代のネット文化に関する文章を読んでいたのが、こちらに参加してからは多種多彩なブログを読むようになりました。

 自分は「読む」行為そのものを楽しめていたこともあり、性に合っていたのでしょう。こちらに参加している、あるいは「はてなブログ」のトップページで目に入る先輩ブロガーの文章を読みあさり、意識的にコメントするようになりました。ブックマークするかは内容によりけりでしたが、いずれにせよ、Twitterでツイートする形ですね。

 そうすることで、Twitterでのやり取りも自然と増え、それとなーく横のつながりが可視化され、読者獲得に至ったように感じています。一時期、問題視された「同期ブログ」ほどに内輪感がなく、程良くユルいつながりだったのも良かったのかもしれません。

 

2. 一度バズる/ただし、炎上は避ける

 おなじみの方法ですが、やっぱり、どこかしらで一度は“バズ”を経験して、特定の記事が各所で拡散されると読者数は当然増えます。久しぶりに「TopHatenar」で当時のデータを確認してみようと思ったら、サイト自体消えてたっぽい。残念。

 

 

 このブログの場合、きっかけとなったのはこちらの記事。実のところ、この記事のインスパイア元となった文章を読んで「僕もブログでこんな記事が書きたい!」とずっと寝かせていたネタだったので、これで満足しちゃった感じはあります。今でもブクマ数ではトップですしおすし。

 データがないので定かではありませんが、この記事だけで数十人は購読者数が増えたんじゃないかと記憶しています。さらに、程なくして別の記事がヒットしたことも大きいはず。これで完全に流れを掴み、2014年10月まで、この月のPV数を超えることができていなかったくらい。

 

 “バズる”とは簡単に言うものの、毎度毎度狙ってできるようなことではないのもまた事実。まずは読んでもらわないことには始まりませんし、どれだけ文章の出来がよくとも、それがSNSなどで共有されなければ拡散されません。

 文章力やクオリティが高いからと言ってアクセスを集めるとは限らないのが、ネットの世界。技術でもってある程度は特定層を狙い撃ちすることもできるかもしれませんが、それも時の運次第。タイミングやら何やらも大切になってきますし、この辺はなんとも。

 一方、“バズ”を高確率で起こす手法として「意図的な炎上」などもありますが、言わずもがな勧められません。物好きなウォッチャーさんの気を引くことで読者数の獲得に至るケースもありますが、信頼とか時間とか精神とか、いろいろ持っていかれるだけなのでは……。

 

3. 同ジャンルの記事を立て続けにor定期的に投稿する

 うちのようなノンジャンルブログの読者さんは、おそらくはそれぞれが別の目的を持ってそのブログを読んでいるのではないかと思います。僕も他の方のブログを読むときはそうですし。

 わかりやすい分類で言えば、カテゴリー別。「仕事・働く」の話題に関心を持っている人もいれば、「本の感想」を参考にしてくださっている方もいるかもしれません。「インターネット」云々、「アニメ」ネタなんかも、意外と読まれているような実感があります。

 

 複数ジャンルに跨る話題を書いているブログの場合、特定のジャンルを目的に読者登録をしてくださっている読者さんは、他の記事には見向きもしません。なので、定期的に該当ジャンルの記事を投稿することで、“読者離れ”を防ぐことにつながるのではないかと考えています。

 また、新たに読者の獲得を狙う場合には、そういった特定ジャンルの記事を立て続けに投稿することで注目され、関心のある人の目に留まる可能性を高める方法があります。自分のブログだと、初期の退職ネタや連載記事なんかが当てはまるかと。


 バズるかどうかはともかく、ある話題の記事を一定期間中に数多く投稿することで、その分野に興味のある人の関心を引き、読者登録に結びつけることができるのではないかしら。

 

 何を書かせてもおもしろい。あるいは、興味をそそられる話題を常に提供できる。文章力や情報収集力など、何かしらの秀でた能力・個性を持っている人であれば、こういった視点は必要ないかもしれません。「自分自身がコンテンツだ!」みたいな人ですね。

 そうではない、自分のような一般人の場合には、「何を書き、何を書かないか」という内容の取捨選択がより重要になってくると、個人的には考えています。もちろん、スタンスは「好き勝手」なのですが、書いてみて違和感がある、読み返して明らかにおもしろくない文章に関しては、一度お蔵入りにするような形です。

 自己表現の場として、好きなことを“書ける”。けれど、自分を映し出す鏡として、下手なことは“書けない”。それが「俺メディア」としてのブログである――と書いてあったのは、確か『必ず結果がでるブログ運営テクニック100』だったかな。

 

結論:続けていれば勝手に増える!

 昨日の「Twitterのフォロワー数の増やし方」と同様ですが、こちらはこのように断言できるかと。「ブログ」に関しては、長く続ければ続けるほどに読者は増える。どこかで頭打ちになるとしても、一定数までは自然と増えるのではないかと思います。

 少なくとも「はてなブログ」というサービスに限定すれば、そうした土壌が整っていることは間違いありません。ブックマークの存在もそうですが、それよりも大きいのは「言及」の文化と通知機能があること。これによって、ブロガー同士の交流が活発に行われている実感があります。

 

 名指しでIDを載せるのはちょっと勇気がいるけれど、「この記事を読んで、こう思いました!」と書くくらいなら、そこまでハードルは高くありません。

 リンクを貼れば、そのリンク先のブログを運営するユーザーに通知が飛ぶ仕組みになっているため、そこで関心を持って読者になり、互いに交流が始まる……なんてケースも、珍しくないのではないかしら。

 

 他方でこの文化には、「内輪感」が強くなりすぎるというデメリットもあります。特にはてなブックマークの一部ユーザーはこの手の「慣れ合い」を嫌う傾向にあるため、時には心ないコメントが飛んでくることもあるかもしれません。

 でも、そもそも「ブログ」にはっきりとした“使い方”は存在せず、そこで交流しようが、メディアとして運営しようが、稼ごうが、規約の範囲であればそれは個人の自由です。それなら、積極的に交流し、「楽しむ」ことを目的にブログを始めてもいいのではないかと、僕は思います*3

 

 ともかく、そうした「交流の場」としての環境が整備されているブログサービスなら、定期的に更新を続けていれば自然と読者数も増えるはずです。

 ただし、淡々と一人で更新しているだけでは文字どおりの「日記」で完結してしまうので、意識的に付加価値を与える必要はあります。それが、上で紹介した「他のブロガーさんとの交流」だったり、「ヒット記事を送り出す」だったり、「一貫したテーマを打ち出す」ことなのではないかと。

 

 以上、まだまだ「ブログ」に関して思うこと、「こうすりゃいいんじゃね?」という思いはありますが、とりあえずはこんな感じで。ほぼほぼ主観と経験談に終始した内容のため、他の方の役に立つかは怪しいですが、どなたかの参考になれば幸いです。

 結論としては、やはりおなじみの故事に帰結するのではないかしら。――それすなわち、“継続は力なり”、です。

 

余談:長々と書いてきて混ぜっ返すのもアレですが、ぶっちゃけ、ブログにおける読者数、PV数、シェア数といった「数字の増やし方」の類は、自身で試行錯誤して身につけていくしかないとも思う。と言うのも、初心者ブロガーさんの多くがこの手の「ブログ論」に振り回されて、ブログ内容のテンプレ化&没個性化に結びつき、結局は自身もブログを書くのがつまらなくなって辞めてしまうようなケースが散見されるので。あと、「プロブロガー」という言葉に夢見て目的も方針もターゲットも決めずに踊らされるのは安易過ぎるように思うので、研究・計画・実践・分析はしっかりとやりませう。

 

参考になるかもしれないブックガイド

『危険な文章講座』/山崎浩一

 “文章力”や、文章表現の“巧さ”と“美味さ”、テクニックやレトリックといったものは一先ず置いといて、その「多様性」によって文章は成熟する、という論点に始まり、「文章」に限らず「表現」や「言語」、果てはそれらを総合した「文化」にまで及ぶ、示唆に富んだ内容。

 どれもこれも、広く「文章」と〈書く〉ことを考える意味では強いテーマ性をはらんだ話題であり、考えさせられる、考えてみたいトピックが盛りだくさん。

 

『シカゴ・スタイルに学ぶ論理的に考え、書く技術』/吉岡友治

 全体としては、“論理的文章”の代表格である「論文」に焦点が当てられているが、ブログをはじめとする他の文章、さらには普段の考え方にも当てはめられる“技術”をまとめた内容。

 実際、一例としてブログの記事も取り上げられており、「そういう風に書き直せるのか!」と面白く読めた。ブログを書くに当たって「文章術」を身につけたいと考えている人は多いと思うけれど、その誰にでも勧められる。

 

『伝わっているか?』/小西利行

 物語形式で、「コミュニケーション」と「言葉」に関する悩みの事例を挙げながら、相手に言葉が「伝わる」ようになるメソッドを紹介していく内容。すぐに実践できそうな方法論ではあるけれど、それを自分なりに応用していくには訓練が必要そう。

 さまざまな事例と考え方が取り上げられており、取っ掛かりとしては最適な、良書だと思う。純粋に、おもしろかった。

 

『ブログ飯』/染谷昌利

 序盤に“「鵜呑みにしない」事”を挙げ、途中には読者視点の大切さ、ファン獲得の考え方を詳細に書いている辺り、本書自体も強く「読者」のことを考えて論じられた内容であるように感じた。

 小手先のテクニックや方法論でなく、「ブログで飯を食う」に当たっての大前提となる考え方を示した内容。著者の熱量も感じられ、読んでいて純粋に面白かった。

 

 

関連記事

*1:2017年2月時点

*2:仕事は別です(強調)

*3:一方で、あまりに内輪感の強烈な「同期ブログ」「互助会」の類に対する批判は一部、妥当であるとも。