ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

ぐるりみち。

仕事を辞めたけどやりたいことがない!そんな時は“経験値”を稼ぐように立ち回ろう

メタルスライム

 どうも、無職です。「人生は選択の積み重ね」なんて聞こえのいい言葉をたびたび耳にしますが──まあそのとおりなんですよね。自炊すればいいのに、ファーストフードに通い続けるから体調を崩すし、貯金ができないんですよ、まったく。ぷんぷん。

 

「つまらない日常」ですらも、自分自身の選択の結果だと言うことができる。“いつも通り”に、“何もしない”を「選択」し続けていることによる帰結。「A」か「B」かの選択だけではなく、「何もしない」という選択肢もあるのです。

毎日を楽しく生きるコツ!人生を豊かにする「ハム太郎メソッド」

 

 こんなことをちょっと前に書きましたが、そのときには「選択肢の選び方」については触れていなかったので、ちょっと自分なりに考えてみようと思いまして。

 ──メタルスライムを探して放浪するか、地道にスライムを狩り続けるか。

 

スライムを倒し続けるのに飽きたので、会社を辞めた

 「平成生まれの僕が新卒で入社してから辞めるまでの1年半」「仕事を辞めるタイミングと、辞めた後を考える」などの記事でも触れていますが、僕が仕事を辞めた理由のひとつに、飽 き た か らという、とてもふざけた理由があります。

 もう少し具体的に書くと、「30代……下手すりゃ40代まで、ずーっと同じ仕事で、肉体労働なんかやってられるかーっ!」という、自身の肉体を気遣ってのことでもありまして。

 だって、自分の父親くらいの年齢の先輩が、「腰がヤベえ」と苦笑しながら、結果を出せないという理由から、ずっと新入社員と変わらない仕事をこなしているんですよ……。それを目の当たりにしてしまうと、なんかもう……ね……。

 僕には守るべき家庭もありませんし、早くも腰に違和感が現れはじめていたこともあって、「じゃあ、いっかー☆」と、ちゃちゃっとドロップアウトさせていただきました。希望の異動がかなうかどうかは運ゲーであり、自分の営業成績は同期中上位に入ってはいたのですが、それでも続けるのもキツいかなーと。

 

 仕事内容、担当顧客、ともに変化がなく、ひたすらスライムを狩り続けるようなルーチンワーク。そのくせ、自身のヒットポイントを少しずつ削って、棍棒を振り回し続けているような。

 いや、どちらかと言うとアレっすね。持ち技のすべてがPP切れの状態で、「わるあがき」を使って延々と努力値を稼いでいるような状態っすね。もうズバットは見飽きたのじゃ……。伝わりづらいたとえですみません。

 少しずつではあるとしても、経験値は稼げている。しかし同時に、成長限界も近く、早い段階で頭打ちがくる作業でもある(※毒の状態異常付)

 文字どおり、ひとつの「ジョブレベル」しか極められそうになく、社内でのジョブチェンジも難しそうだったので、逃げ出すことにしたのでした。限られた者しかダーマ神殿に辿りつけない世界は嫌なのじゃー! ……あれ? でも、割とどこもそんな感じなのかしら?

 

効率的な「経験値」の集め方

 さて、会社を辞めたはいいものの、特に「うおー! やるぞおおお!」と自身を燃えたぎらせるようなやりたいこともない。あっても、資金がない。──さあ、どうしよう。

 人生における「経験値稼ぎ」をするにあたっては、どのような方法で取り組めばいいのでしょうか。多くの人に共通して勧められそうな考え方としては、次の2つが挙げられます。

 

人と会って話をする

 まず、「人と会って話をする」こと。当たり前といえば当たり前ですが、やっぱり大事だよなあ……と。無職になった今、改めて実感しております。

 もちろん、相手が誰でも効果があるとは限らない。有名人と話した経験があるからと言ってそれだけでは別に何のメリットにもならないし、逆に、そのへんの喫茶店でたまたま話すことになったおっちゃんから学びを得ることだってあるかもしれない。

 ある1人の人間から得られる経験値は、その人の持っている「属性」に左右されるのではないかと、僕は考えています。

 たとえば、年齢性別生まれ専門性など。特に自分が持っていない、無縁の「属性」や「要素」を持っている相手であれば、その人からは多くの経験値をもらえる可能性が高い。

 

 自分の場合は、ブログを書くようになってから、ありがたいことにさまざまな人と会って話をする機会に恵まれました。会ってくださった人たちの「属性」を見ると、広い意味で「ネット」に関心があるという共通点はあれど、活躍されているフィールドは多岐にわたります。

 それまでまったく関心のなかったジャンルについての話を聞き、自分なりの意見を考える作業というのは、非常に刺激的で楽しいもの。……コミュ障で、しかも頭の回転が遅い自分の場合、その場ですぐに意義のある主張を伝えることは難しいという問題もありましたが。

 他方で、もし共通項の多い相手であっても、何かしらの小さな差異はあるはず。そこでその違いを探ってみたり、共通の「属性」を深めようと話してみるのも悪くはありません。

 いくらでもネットを介して “出会える” サービスがある(変な意味じゃなく)現在は、自分と異なる文化圏に属する人と会って話をするのも難しくない。基本的な視点ではありますが、「人と会って話す」ことは、経験値稼ぎの王道と言えるのではないでしょうか。

 

旅に出る

 もうひとつは、「旅に出る」こと。……とは言っても、「自分探しの旅」とかそういう話ではございません。 “自分”ってなんや。

 

 「旅」は「非日常に会いにいくもの」だと僕は考えているのだけれど、特に一人旅の「非日常」感は、半端じゃない。

 同じ「旅」でも、家族や友達、仲間と過ごす旅行には、どうしても「日常」感が付きまとう。慣れ親しんだ人たちと見知らぬ土地で過ごす経験は、それはそれで新鮮なものだが、一人旅の超絶フレッシュ感には敵わない。

やっぱり、一人旅はいいもんだ!

 

 つまるところ、旅のもたらす「非日常感」が、そのまま経験値になると思うのです。「非日常」とは、言い換えれば「いつもと違う」こと。日常生活とは異なるそこには、「普段は出会えない経験」が溢れているはず。それゆえに、経験値稼ぎには最適です。

 史跡を見に行くとか、自然に触れに行くとか、山を登るだとか──。そのように、日常生活においては無意味に感じられそうなことですら、「経験」であることに変わりはありません。

 将来的にそれが役立つかはともかくとして、そこに「足を運んだ」というそれだけで、「経験」という名の価値であると言えます。実践的な部分を挙げるなら、「宿泊場所の選び方」や「見知らぬ土地の歩き方」などは、いつか役立つ機会もありそう。

 たとえ、それらの経験が使えないものだとしても、友人との話のタネにはなりますしね。それだけでもいいじゃない。ドヤ顔で語っちゃえば。

 

選択に迷ったときの基準としての「経験値」と「価値観」

 「人」に「旅」──ほかにもいろいろあるかもしれませんが、より多くの経験値を稼ぐための考え方としては、「なるべく自分とは異なる『価値観』を持った対象と接するべき」とまとめてもよさそうです。

 既知から得られる経験がないとは言いません。ですが、自分の見聞を広める刺激的な経験を求めるのであれば、自分とは無縁の世界、専門外の分野など、未知の価値観へと向かっていくことで得られるものは大きいのではないでしょうか。

 なかには当然、まったくもって為にならない、無意味な経験だってあるでしょう。しかし、あるものを使えば、それすらも意義のあるものにすることが可能です。

 

 そう、ブログならね(ドヤ顔感)

 

 「経験値稼ぎ」という観点では、ブログには2つの効用があると考えられます。ひとつは、自身の「経験」を文字として可視化できること。もうひとつは、自身にとっては当たり前の小さな「経験」ですら、価値あるものとして他者へと提供できること。

 自分のためのライフログとしてだけではなく、それをネット上で公開することで、個人の「体験談」を求めている誰かの役に立つかもしれない。自分が無価値だと感じた情報も記事にして世に出すことで、価値あるものとして読まれることがあるかもしれない。

 そのように考えると、無意味な「経験」はないとすら言ってしまっても、あながち間違いではないのではないかしら。ものすごい前向きに考えれば、の話ではありますが。 

 

 長々と書いてきましたが、結局の所、経験値の稼ぎ方は人それぞれ。ひたすらスライムに立ち向かい続けるも良し。特定の相手を狙って努力値を稼ぎ、基礎ステータスを上げるも良し。

 とりあえず僕は、しばらくの間は “いんたぁねっと大陸” を放浪することにしようと思います。仲間になりたそうな顔をしていたら、拾ってくれると喜びます。ぷるぷる。ぼく、わるいすらいむじゃないよ!

 

 

関連記事