ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

池袋『ハンバーグは飲み物。』で牛げんこつハンバーグ(250g)を飲む

池袋『ハンバーグは飲み物。』レビュー・サムネイル

 偉い人は言いました。
 「カレーは飲み物」である、と。

 「……なるほど!」と僕は思いました。大人も子供も大好きな、とろとろしていて旨味たっぷりの、いくらでもおかわりすることのできる、カレー。それはたしかに “飲み物” なのかもしれない、と。

 

 また違う人は言いました。
 「焼きそばは飲み物」であると。

 「……なるほど?」と僕は思いました。普段は頻繁に食べるわけではない、でも子供の時分から親しんできた、夏祭りの風物詩でもある、焼きそば。それはたしかに “飲み物” なのかもしれない、と。

 

 そしてまた、ある人は言いました。
 「ハンバーグは飲み物」であると。

 ──僕は思いました。

 

いや、さすがにそれは
無理があるのでは??

 

スポンサーリンク
 

 

ハンバーグは「飲み物」たりえるのか?

池袋『ハンバーグは飲み物。』外観

 というわけで行って参りました。4月にオープンした新店舗、その名もずばり『ハンバーグは飲み物。』。お察しのとおり、『カレーは飲み物。』『焼きそばは飲み物。』『とんかつは飲み物。』の系列店でございます。

 次々にお店を開いているあたり、それなりに繁盛してはいるのでしょうが……。それにしても「とんかつ」に続いて「ハンバーグ」まで飲み物にしてしまうとは、いったいどこへ向かっているんだ……。あ、でもそういえば、「飲めるハンバーグ」はすでにあったんでした*1。はっはっは。やべえ。

 もちろん、カレーにしても焼きそばにしても、実際に「飲む」わけではありません。運営会社の人によればこれは「概念」であり、「お得にお腹いっぱい」を体現した表現が「飲み物」であるとのこと*2。……なるほど、わからん。イメージとしては「 “飲む” ようにいっぱい食べられる」感じ……なのかしら……。

池袋『ハンバーグは飲み物。』店外の文言

 何はともあれ、実際に食べ──もとい “飲んで” みないでどうこう言うのも、野暮というもの。混雑が落ち着くだろうお昼過ぎの時間帯を狙って、西池袋の『ハンバーグは飲み物。』におじゃましてまいりました。

 ──さてさて、どんなハンバーグを “飲める” のかな?

 

満足度の高い「牛げんこつハンバーグ定食」

 入ってみた店内は、真新しく開放的な雰囲気。カウンター席に並んで黙々と食べ──もとい “飲む”  印象が強い系列店の『カレー』や『焼きそば』に対して、こちらはテーブル席がメインとなっている様子。客層も、いっぱい食べるおじさんやお兄さんばかりでなく、OLさんや学生カップルの姿も見受けられました。

 店員さんに勧められるがままに奥の席に座ると、テーブルの上に「御注文表」なるものが置かれているのを確認。どうやら、こちらに記入して注文するシステムのようです。選ぶのは、次の5点。

  • 定食
  • ソース
  • 無料トッピング(3つ)
  • ライスのサイズ
  • 追加のトッピング&ドリンク

 ここは無難に「牛げんこつハンバーグ定食」を選択。それなりに食べ出がありそうだったので、ソースはあっさり系の「おろしポン酢」。そして『○○は飲み物。』の系列店ではおなじみのトッピング3種は「野菜ジュース」「フライドポテト」「冷奴」を選び、ライスは「(200g)」にしました。追加注文はなしで。

池袋『ハンバーグは飲み物。』牛げんこつハンバーグ定食

牛げんこつハンバーグ定食(1,050円)

 待つことしばし。食欲をそそるジュージューという音を響かせながら、いよいよ登場。牛げんこつハンバーグ定食(1,050円)でございます。

 パッと見ではあまり大きく感じられませんが、ハンバーグは250g。鉄板の上でジュワジュワと唸り声をあげる分厚い肉塊は、見るからにおいしそう……ってか、やっぱり “飲み物” ではないっすね、はい。

 実際に食べてみても、肉汁たっぷりで柔らかい──なんてことはなく。それどころか、表面はカリカリで、中の焼き具合もばっちり。肉塊を口に入れるやいなや、香辛料の効いた表面と旨味たっぷりの味わいが舌を刺激し、即座に「肉ゥ!」「うめぇ!!」という情報が脳へと伝達されます。これには僕の脳もにっこり。うまうま。

池袋『ハンバーグは飲み物。』ランチ定食
池袋『ハンバーグは飲み物。』トッピング3種
トッピング3種&ライス+味噌汁は別のお盆で運ばれてきました
池袋『ハンバーグは飲み物。』牛げんこつハンバーグ
池袋『ハンバーグは飲み物。』牛げんこつハンバーグ断面
そしてこの密度である

 ハンバーグ自体にしっかりと味が付いているため、ソースなしでもライスが進む。そこにおろしポン酢を加えると肉の濃さがいい具合に中和され、あっさりさっぱりとした別の味わいを楽しむことができます。──我ながらナイスチョイスだったのでは? さらなる濃厚さを求める人は、デミグラスやてりやきマヨを選ぶと良さそう。

 うめぇうめぇと内心で呟きながら箸とフォークを動かし、途中でライスをおかわり(無料)するほどに夢中になりながらモグモグしていて……ふと気づく。普段以上のペースで、飽きることなく、一心不乱に肉を口に運ぶ自分の姿。これは、見方によっては、 “飲む” ようなスタイルと捉えることもできるのでは──?

 ……いいや、やっぱりそんなことねーわ! と我に返りつつも、ハンバーグが最高においしかったという事実に間違いはございません。

 おなかいっぱい、だいまんぞく。自分にとってランチの「1,000円」は決して安くはないものの、それでも再訪したいと思えるくらい。これだけの満足感が得られるのなら、ちょいちょい足を運ぼうと思いまする。次はミックス定食にも挑戦してみようかな……!

 

店舗情報

  • 営業時間:11:30~15:30 / 17:30~21:30
  • 席数:16席
  • アクセス:JR『池袋』駅西口 徒歩5分

※参考:食べログ

関連記事