50%OFF以上の割引も!Kindleセール情報まとめ

『モルカー』のかわいさに取り憑かれてしまった


f:id:ornith:20210111205008p:plain

TVアニメ『PUI PUIモルカー』第1話「渋滞はだれのせい?」より

――世の中には2種類の人間がいる。

“モルモットが車になった世界” を知っている者。そして “モルモットが車になった世界” を知らない者だ。

 

土曜日のことである。もっきゅもっきゅと晩ごはんを食べていたところ、自分の横でモグモグシュゴオオオオ!! と白米を吸い込んでいた妹氏が「そういえば兄よ」と唐突に声をかけ、続けざまにこう呟いた。

「 “モルカー” はいいぞ……」

……え? “盛るかー” ? もしやOKAWARIをご所望? あらー! 珍しいこともあるわねうふふ! ――と一瞬よぎったものの、そうではないらしい。どうやら、妹氏の属しているコミュニティで話題になっているアニメが、そういうタイトルなのだそうだ。

ややあって、スッ...と差し出された妹氏のiPhone。その画面に映し出されていたのは――謎のふわもふ生物だった。

えっ……!?
なにこれきゃわ……!?(トゥンク

プイプイ!! って効果音がかわいい! これは……なるほど、パペットアニメ! このふわもふ感は……へー! 羊毛フェルト! ……かと思ったら突然の実写人間!? そして “モルモットが車になった世界” って……いったいどういうことなの~~~!? ハリウッド映画ばりに爆破炎上するヘリコプター(※made of ふわふわ羊毛フェルト)すげええええええええ!!!!

これが、まさに今、Twitterを賑わせている癒し系ショートアニメ『PUI PUI モルカー』と僕との出会いだった。

 

スポンサーリンク
 

殺伐としたTLに突如として現れた『PUI PUI モルカー』

f:id:ornith:20210111161142p:plain

PUI PUI モルカー【公式】より

2021年1月。深刻な情勢や殺伐としたニュースがテレビでもネットでも伝えられている中、ゆる~い作風のアニメが突如として話題になった。

タイトルは『PUI PUI モルカー』。朝の子供向けバラエティ番組の中で放映されているショートアニメであり、本来はちびっこ向けのほんわか作品だ。

しかし現状はご覧のとおり。本作はTwitterとアニメを嗜む大人たちのあいだで注目を集め、この連休にはトレンド入りするほどの事態にまで発展している。

本作を摂取した人曰く、「3分で吸える覇権アニメ*1」「TLの悪い人たちが生み出した幻覚*2」「忍殺とかで食ってきたのと同じ味がする*3」などなど。「子供向け」「かわいい」「癒やされる」だけでは終わらない、謎の中毒性を感じる人が続出している様子。どうしてこうなった。プイプイ!!

“モルモットが車になった世界” is 何……?

まったく知らない人にも伝わるように、まずは公式サイトの説明を参照してみよう。

舞台はモルモットが車になった世界。

癒し系の車“モルカー”。くりっくりな目と大きな丸いお尻、トコトコ走る短い手足。常にとぼけた顔で走り回るモルカー。渋滞しても、前のモルモットのお尻を眺めているだけで癒されるし、ちょっとしたトラブルがあってもモフモフして可愛いから許せてしまう?!

クルマならではの様々なシチュエーションを中心に、癒しあり、友情あり、冒険あり、ハチャメチャアクションもありのモルだくさんアニメーション!

PUI PUI モルカー - Introductionより)

……ふんふん、そこはモルモットが車になった世界で? 彼ら彼女らは “モルカー” と呼ばれていて? そんな見るからに可愛らしいモルカーたちが繰り広げる、ゆるふわドタバタショートアニメ、それがこの『PUI PUI モルカー』ですって?

なるほどなー! つまりアレっしょ! 『きかんしゃトーマス』とか、そっち系のアニメでしょ! わかるわ~! 僕もちびっこ時代は自動車とか電車とか好きだったし、擬人化コンテンツっていいよね~! ゆるくてたのしいやさしい世界! 好き~~~!

――ところがどっこい、である。
いざ1話を見てみると、何かがおかしい。

f:id:ornith:20210111170221p:plain

TVアニメ『PUI PUIモルカー』第1話「渋滞はだれのせい?」より

f:id:ornith:20210111170246p:plain

TVアニメ『PUI PUIモルカー』第1話「渋滞はだれのせい?」より

……あれ!? 実写!?!?

そうなのだ。この世界に登場する “モルカー” はモルモットであると同時に車であり、中には人が乗っている。しかもその「人」は必ずしもアニメーションではなく、モルカー車内*4においては実写キャストが登場して描かれるのだ! わぁい!

しかし、こうも明確に「人間」が登場すると、あれこれ考えてしまうもの。

というのも、ある種の生々しさが加わることで、子供向けアニメを普通に見る際にはスルーする「世界観」や「生態系」に思考が及んでしまうのだ。少なくとも、Twitterではそういうツイートが多く見受けられていたように感じる。もちろん、トーマスやアンパンマンだってガチでツッコもうと思えばツッコめますが。

f:id:ornith:20210111171802p:plain

「救急モルカーの中で横たわる人間を覗き込むモルカー」の描写……いろいろ考えちゃいません……?

わずか2分40秒という短さながら、そこには紛れもない「世界」がある。見るからに独特な、あれこれ考えてみるのもおもしろそうな「世界観」が存在していることが、1話の時点で伝わってくる。

とくれば、考察好きな人は乗っかりたくなるでしょう……! それに、世界観がどうのとか考えなくても、ツッコミを入れながら純粋に楽しめる作品だとも感じました。実際、すでに同時視聴配信をした方もいらっしゃるようですし*5。はっやーい!

監督インタビューと、盛り上がるファンアート

少なくとも自分の観測範囲内では、放送前から注目している人はいなかった本作。『モルカー』がTwitterで話題になるにあたっては、いくつかの注目ポイントがあったように思う。

たとえば、パッと見の可愛らしさと、わかりやすさ

「羊毛フェルトで作られたモルモット」というだけでもめちゃくちゃキュートだし、「ショートアニメならちょっと見てみようかな」となりやすい気がする。しかも、それが単なるふわもふではなく「モルモット×車」の掛け合わせとくれば、「えっ! どういうこと!?」と反応する人も多そうだ。

あるいは、「声優はモルモット」という情報。

本作関連のつぶやきでリツイート数が多い投稿を見てみると、この情報が含まれているものがいくつかあった。これも同じく「どういうこっちゃねん!」と気になって見に行きたくなるし、しかも実際に聞いてみたら「プイプイッ!!」という鳴き声がかわいいときた。そりゃあ見る。全力で見る。3周はする。

はたまた、監督へのインタビューページの充実っぷり。

公式サイトに掲載されているインタビューが詳細で、作品の世界観や制作の背景を垣間見ることができる。その内容が興味深く、読んだうえで本編を見るとより深く楽しめることから、口コミの拡散に一役買っているように見えた。「羊毛フェルトで作っている」「モルモットが声優をしている」という話もそちらでまとまっているし、あとは「考察勢のための参考文献」になっているような印象もある。

渋滞や割り込み、煽り運転など、イライラする車の出来事が数多く存在する世の中。

「もしも車がモルモットだったら…」

癒し系の車「モルカー」ならそんなストレス社会を打破することができるのではないかと思いました。

PUI PUI モルカー - interviewより)

例え車がモルモットになっても、人間に使われる存在であることに変わりはありませんが、モルカーには感情があり、意思を持って行動を起こすことができます。そしてそれが思いがけない展開に繋がることもあります。人に流されやすい社会に対して、自分の意思で行動することの楽しさや大切さも伝えたいです。

(同上)

こうして見ると、はっきりと「伝えたい」ことをお話されている様子。

感情と意思を持つ “モルカー” という存在についても言及されていて、やはりただかわいいだけのアニメではないことがわかる。使う人間と、使われるモルカー……と考えると、アレですね……「相棒」あるいは「主従」の関係性を描いた創作がはかどりそうですね……。

また、「もしも車がモルモットだったら」の一点だけを見ても、想像力&創造力は無限大。

それこそ、日常生活のワンシーンや「車」をモチーフにした作品を挙げて、「登場する車をモルカーに置き換える」だけでもおもしろそう。というか、タイムラインを眺めていると、すでにめちゃくちゃおもしろいことになっている。モルカーフィーバー起こってる。プイプイタイム入ってる。

ありふれた存在である「車」が、もしも「モルモット」だったら。

「渋滞」がテーマだった1話、そして先ほどの監督インタビューを読むと、車社会へのちょっとした問題提起も含んでいる……かもしれない本作。けれどそれ以上に、登場するモルカーたちが愛らしくて魅力的なので、世代を問わず純粋に楽しめる作品となっているように思います。

でもそういえば、明日放送される2話のタイトルが「銀行強盗を捕まえろ!」なんですよね……。ビジュアルも世界観も最高にキュートなのだけれど、作品世界は普通に殺伐としているという……世知辛いのじゃ……。

あと個人的に、監督さんがインタビューで「影響を与えた映画(TVアニメ)」として、『星のカービィ』『ワイルドスピード』を挙げているのが気になります! PVではヘリコプターが炎上&墜落していたし、2話でもカーチェイスがあるらしいし……いやー、どうなるのか楽しみですね!(期待の眼差し)

 

© 見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ

関連ページ

関連記事