ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

チョコミントをすこる

チョコミント味のお菓子を食べてみた(2019年)

 チョコミント──。
 それは自分にとって、長らく微妙な存在だった。

 チョコレートは大好きです。子供の頃からずーーーっと好きなお菓子の上位にあり続けているし……多分、一番最初に好きになったお菓子だったんじゃないかしら。

 チョコ棒、チョコバット、キットカット。どれもこれもが最高のごちそうであり、中でもキットカットはヤバい。なんぞあれ。チョコのおいしさは言うに及ばず、それがウエハースの「サクッ」感と合わさり最強に感じる。キットカットと添い遂げたい。

 ミントもそこそこ好きです。さすがにそれ単体で味わった記憶はないものの、お菓子以外でもおなじみのフレーバー。歯磨き粉とか。

 ほどほどにミントの風味が加わったお菓子はそれなりにおいしいけれど、特に自分の中では「ミントガム」が正義。食べ始めは清涼感が口内を満たし、噛み続けているとやがて消える──かと思いきや、意外と長続きするすっきり感。変に甘い後味も残らないので、最近は作業のお供としてもお世話になっています。

 ところがどっこい。両者が組み合わさって「チョコミント」となると……なんとなーく、微妙に感じられることがしばしばあったのです。

 はっきり「嫌い」と断言するほどではないものの、好んで食べようとは思わない感じ。別の選択肢があればそちらを選ぶし、それなら普通の「ミント」フレーバーか、スタンダードな「チョコ」でいいじゃないか、と。自分にとって「うめえ!」と感じられるチョコミントとは、長らく出会うことがありませんでした。

 けれど、この数年で味覚の感じ方が変わったのか、好みに変化があったのか。

 ひさしぶりにチョコミント味のお菓子をいくつか食べてみたところ、素直に「なにこれおいしいじゃん!」と感じられたのです。我こそがチョコミン党である──と手のひら返しをするレベルではないけれど、普通においしいおいしいとチョコミント味を楽しんでいる今日この頃。

 そんな「チョコミント」なお菓子を、いくつか並べてみました。

 

スポンサーリンク
 

 

DARS Mint

「ダース」ミント味・パッケージ

 子供の頃から「チョコ菓子と言えば、キットカットだよね!」と断言していた自分が、大学生になった頃からハマって食べるようになったのが、DARSくん。

 中でも『白いDARS』は、病みつきになるくらい食べていた時期があります。お値段の安さは魅力だし、普通に食べてもおいしいけれど……お酒のつまみとしてもいいのよね。春先の限定商品として出ていた、『苺の白いDARS』はヤバヤバのヤバでした。

「ダース」ミント味

 そのように味がもともと好みだったこともあり、ミント味のDARSも安定しておいしい。

 基本となるDARSのビターチョコに、程よいミント感が加わって爽快に感じられる。つぶつぶのミントチップが食感にも変化を与えてくれるので、ミントの風味が気になる人でも食べやすいのではないかしら。「チョコミント味」と言うより「ミント味のチョコ」だけれど、それゆえに初心者向けなイメージがあります。

 

ブランチュール チョコミント味

「ブランチュール」チョコミント味・パッケージ

 アルフォート派の自分としては、正直に言って……舐めていました。

 チョコの割合が高いアルフォートこそが王道であり、どちらかと言えばクッキーとしての要素が強いブランチュールは、チョコ好きの自分にとっては別種の食べ物であると。それならカントリーマアムをもぐもぐすると、いつもそう決めておりました。

 しかし今回、ふと気になってチョコミント味のブランチュールを買ってみたら……なんてこったい。むっっっちゃくちゃおいしいやんけ……! 手のひらを返すように、すっかりハマってしまった格好でございます。

「ブランチュール」チョコミント味

 ザクザク感が楽しい2枚のクッキーに挟まれたミントチョコレートは、こちらもそこそこのミント感でキツさを感じない。むしろミントチョコがクッキーの味わいを引き立たせているようにも感じられ、すっきり甘い「おやつ」として優秀すぎる。

 小腹が空いたときに食べられるよう、常備しておきたいレベルで好き。季節的に常温保存が難しいのが残念ではあるものの──今回食べた中では特にお気に入りの、ナイスな「チョコミント味」のお菓子でございます。今後はスタンダードなブランチュールも食べていきます!

 

冷やしカントリーマアム(ホワイトミント)

「冷やしカントリーマアム」ホワイトミント味・パッケージ

 自分の中では「ごちそう」的な存在であるお菓子の2トップ、そのひとつが、カントリーマアムである。素朴ながら味わい豊かなチョコチップクッキー。子供の頃に抱いた夢のひとつが「おなかいっぱいになるまでカントリーマアム(バニラ味)を食べたい!」だったというくらい、大好きなお菓子です。

 そんなカントリーマアムについて検索してみたところ、どうやら過去に「チョコミント味」が出ていたらしい。そりゃあそうですよねー……と思いつつ近所のスーパーに売ってないかと探しに行ってみると、しかし待ち受けていたのは、「ホワイトミント」な田舎のママンだった。しかも「冷やし」である。冷やしママン。

「冷やしカントリーマアム」ホワイトミント味

  パッと見て「バニラ味の生地をベースに、チョコミントチップを挟んでいる」のかと思いきや、実は生地もホワイトミント仕様。中に入っているのも「チョコチップ」と「ミント風味チップ」の合わせ技であり、全体的にミント要素が強め──なのだけれど、以外にもミントっぽくない。食べやすい。おいしい!

 しかも「冷やし」である。冷やしておいしい、凍らせてもOKの、これからの季節にもぴったりの商品。実際に凍らせて食べてみたら、サクサク感&ミント感がより強まり、清涼感あふれる味わいを堪能できました。これこそ常備しておきたい「おやつ」っすよ……! ブランチュールとあわせて!

 

ポッキー チョコミント

「ポッキー」チョコミント味・パッケージ

 チョコレート菓子の王道! ポッキー大先輩も当然、チョコミントを装備してお菓子売り場に並んでおりました。

 でもあまりにもありふれているせいか、振り返ってみればしばらく食べていなかったポッキー。今回むちゃくちゃひさしぶりに購入して、「こんなに太かったっけ……」と首を傾げた次第でございます。……アレっすね、完全にプリッツと混同してますね、僕。

「ポッキー」チョコミント味

 しかもこのポッキー、ただの「チョコミント味」ではないのです。パッケージにも書かれているとおり、「カカオ」成分も加わった独特の商品になっているのだ!

 「カカオ&ミント」と聞くと癖が強そうだけれど、食べてみると……あら意外。コクがあり香りも豊かなカカオの味わいが、人によっては苦手だろうミント感を程よく打ち消してくれている印象。これならきっと、ミントに忌避感を持っている人でもワンチャンいけるのでは……?

 

チョコミントをすこる

 ってなわけで、「ひさびさにチョコミント系のお菓子をまとめて食べてみたら、意外とイケたし、むしろ驚くほどおいしかったよ!」という話でした。

 いやー、なんとなーく苦手意識を持っていたのですが、食べてみるとそうでもなかったっすね! 食べ物の好みなんて実のところは気分で変わるかもしれないし、たまには普段食べないものをノリと勢いで食してみるのもいいかもしれない──と、そう思いました。

 そんなこんなで。しばらくはチョコミントをすこりつつ、来るアイスの季節に備えようと思いまする。

 

inspired by チョコミントをすこれ - SHOWROOM

関連記事