ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

ぐるりみち。

【50%OFF多数】Kindleセールまとめ|人気コミック・ビジネス書ほか

池袋『コメダスタンド』で「やわらかシロコッペ」と珈琲を楽しむ

f:id:ornith:20180321203740j:plain

池袋・サンシャインシティにオープンした『コメダスタンド』に行ってきました。

おなじみ『コメダ珈琲店』の新業態であり、各地に展開しているコメダ謹製『やわらかシロコッペ』とのコラボレーション店舗なのだとか。

たまたま「無性にコッペパンが食いてえ!」と検索していたらこちらのお店の存在を知り、迎梅雨のなか足を伸ばしてきた格好です。

 

スポンサーリンク
 

 

しっとりもっちりのシロコッペがおいしい!

f:id:ornith:20180321203745j:plain

『コメダスタンド』がオープンしたのは、池袋・サンシャインシティの専門店街『アルパ』の1階。建物のちょうど入り口部分、サブウェイの隣ですね。

“スタンド” という名前のとおり、立ち食いを前提としたお店になっている模様。軽く寄りかかって腰掛けられそうな席もいくつかありましたが、基本的にはスタンド形式。

コーヒースタンドのようにふらっと立ち寄り、軽く飲み食いするための店舗となっているようです。

f:id:ornith:20180321203747j:plain

立ち食いスタイルということもあってか、店内では着席して注文するのではなく、セルフサービス方式

お店入り口でトレイを手に取り、欲しいコッペパンを乗せて、レジで会計する流れですね。いわゆるミスドの感じ。飲み物やソフトクリームはレジで注文します。

また、お値段が思いのほかリーズナブルなのも特徴。

ブレンドコーヒーは250円、コッペパンも定番の小倉マーガリンが250円と、『コメダ』のイメージを考慮すると割とお安い印象があります。

コッペパンはひとつのサイズがそこそこ大きめなので、小腹を満たすのにぴったり。菓子パンのほかに「ポークたまご」「ツナポテサラ」といった総菜パン類もあるので、遅めのモーニングやランチにも良いかもしれません。もちろん、テイクアウトも可能。

f:id:ornith:20180321203739j:plain

今日はおやつ時に訪れたので、

  • 小倉マーガリン250円
  • チョコ&ナッツ280円
  • ミルクコーヒー280円

を購入。写真はレギュラーサイズです。

f:id:ornith:20180321203741j:plain

小倉マーガリン(250円)

まずは、小倉マーガリンをば。

しっとりした口当たりのパン生地は、口に入れるともちっとした食感。程よい甘さの小倉あんが生地になじみ、なめらかなマーガリンが絶妙なアクセントに。

これが甘すぎると途中で飽きてしまうところですが、最後までおいしく食べることができました。これぞ定番。さすがの安定感ですね。

f:id:ornith:20180321203742j:plain

チョコ&ナッツ(280円)

続いて食べたチョコ&ナッツは、想像していたよりも上品な甘さ。

たっぷりと塗られたチョコペーストを見て、「菓子パン2つは重かったかしら……」と一瞬不安になるも、一口食べたら……まあおいしい! 全体的に「やわらかもっちり」のなかで、ザクザクとしたナッツの食感がこれまた楽しめます。

f:id:ornith:20180321203746j:plain

振り返ってみれば、あいにくの天気とはいえ、どこもかしこも混み合っていた祝日のサンシャインシティ。

建物内の多くのカフェに入店待ちの列ができており、コメダスタンドにも少なからず並んでいる人がいたのですが……ほかと比べて、なんとまあ回転が早い早い。

買い物に疲れた身体をがっつり休ませるには向いていないかもしれませんが、長時間並ぶことなく、軽く腹ごしらえをしつつ小休止できるのは、スタンド形式ならではのメリットと言えるかも。

晴れた日であれば屋外で食べることもできますし、評判になるんじゃないかしら。営業時間も朝から晩までと非常に長め。近くでイベントなどがある日には、参加前のモーニングなんかにも使えそうですね。

個人的には惣菜系のパンが気になるので、次はランチ利用で足を運んでみようと思います。

 

店舗情報

コメダスタンド サンシャインシティアルパ店
〒170-8630 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャインシティ1F
500円(平均)500円(ランチ平均)

※参考:食べログ / ぐるなび

一風変わった喫茶チェーンの店舗は他にも!