ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

ぐるりみち。

立川の韓国料理店『安家』で石焼ビビンバ定食ランチ

立川『安家』の石焼ビビンバ定食ランチ

──映画を観たあとは、不思議とお腹が空く。

ただ「大スクリーンで映画を観る」というそれだけなのに、全力でカロリーを消費しているような気がするのです。座りっぱなしで動くわけでもなく、むしろポップコーンをもぐもぐしていることすらあるのに、なぜだか映画のあとには腹が空く。たとえ、映画の直前に飯を食っていたとしても。

この日、映画館から出てきたのはお昼すぎ。

空腹になっているのは当然として、それ以上に体が刺激物を求めていた。上映中はド派手なアクションに興奮し、久々に目の当たりにするキャラクターたちを見てノスタルジーに浸っていたから──かしら。単純に空腹を満たすよりも、刺激のある食べ物を体が欲していたのです。

立川の韓国料理店『安家』

というわけで、立川シネマシティからほど近く。モノレールの下を通るサンサンロード沿いにある韓国料理店『安家』さんにて、おひるごはんをいただたいてまいりました。

 

スポンサーリンク
 

 

立川シネマシティ近くの韓国料理店 

チーズダッカルビ、スンドゥブチゲ、サムゲタン、カルビ焼肉──などなど、充実したランチメニューが並ぶお品書き。

一瞬「ここは奮発してカルビをキメるか……!」とよぎったものの、次の瞬間には「あ、石焼ビビンバ定食で」と躊躇なく店員さんに向かって注文していた自分。かなしい……どうあがいても “奮発” に踏み切れない貧乏性がかなしい……! おにくぱべたい……!!

とは言え、そうやって後悔したのも一瞬のこと。

運ばれてきた石焼ビビンバ定食を見て、急上昇したマイテンション。せっかく映画館を出てから落ち着きつつあった心臓が、バクバクわっほいわっほいと元気に動き出した格好でございます。……だってそりゃあね! 景気のいい鉄板の音を聞かされたら、そりゃあ興奮するってもんですよ! 奥さん!

石焼ビビンバ定食・ランチ

石焼ビビンバ定食(875円)

メインの石焼ビビンバに、キムチとスープがついたランチ定食。

お好みで醤油とコチュジャンを投入しつつ、自分で混ぜ混ぜジュージューしていくスタイル。「そういやワシ、ビビンバ食べたの何年ぶりだっけ……?」と記憶をたどりつつ、とりあえず混ぜ混ぜジュージューどっこいしょ。……まあ適当でもそれなりにうまいっしょ! うん! たぶん!

「刺激物が食いたい!」と言っていたくせに、辛いのはあまり得意じゃない自分。ひとまずはほどほどに醤油を投入してジュージュー焼き焼き混ぜ混ぜして……こんなんなりました。

石焼ビビンバ・ビフォー
石焼ビビンバ・アフター
ビフォーアフター、的な

うーん……なんちゅーかアレだ……混ぜご飯だ!

とは言えうまくお焦げも作れたので、香ばしいカリカリご飯と具材が混ざりあっておいしい。──やっぱりアレっすね。韓国海苔がたまらんっすね。全体に行き渡った海苔の味わいが、噛めば噛むほど口の中に広がっておいしい。これはこれでイケるやん……!

途中、おそるおそるコチュジャンを投入し、味の変化も楽しみつつ。数分が経つ頃には、あっという間にごちそうさまをしておりました。いやー、コチュジャン自体もそこまで辛いわけではないので、当初考えていた「刺激物ゥ!」な感じはなかったものの、最後までおいしくいただくことができました。

ランチメニューが豊富、かつ1人でも入りやすい雰囲気だったので、今後も映画のあとにしばしばおじゃまするつもりです。そして次こそはカルビ先輩を……!

 

店舗情報・予約

韓国料理 安家
〒190-0014 東京都立川市緑町4-5 壽屋ビル1F
3,000円(平均)

※参考:食べログぐるなび

「立川」のおすすめランチはこちら