読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

ハロー、鼻水マン

f:id:ornith:20160921214041j:plain

 

 ハロー、鼻水マン。元気してる?

 

 ――え? 元気してるわけないって? そりゃそうか。だって、アナタは鼻水マン。季節の変わり目になると現世に降り立ち、ズビズババという鳴き声を響かせ街中を闊歩する、風邪の申し子だものね。HAHAHA。はよ、家に帰って寝ろ☆

 鼻水マンは、ポケットティッシュがだいすき。外出の際には最低3つのポケティ(※ポケットティッシュの略称)を携帯し、瞬く間に消費してしまうの。その速さときたら、常人の比じゃないわ。電車内では多くの人がスマホを操作するなか、尻ポケットやらポーチやらから次々とポケティを繰り出してズビズババン! その勢いは、周囲に風(邪)を巻き起こすほどにすごいんだから。

 

 ……うん、アタシは知ってる。アナタがそれを、決して好きでやっているわけじゃないってことを。アナタのその真っ赤に腫らしたお鼻は、放っておいたらアラ大変! みるみるうちに決壊を起こし、まるで号泣するかのごとく養分が流れ出てしまうのよね。きゃー! 洪水よー!

 そう、ダムの決壊を防ぎ、車内の平和を守るためには、救世主ポケティを頼りにするしかないの。ズビズババン! は、まだ世界が平和であることを知らせる鐘の音。悪いものじゃないって、アタシは知ってるんだから。でもね、鼻毛は日頃からちゃんと整えておこうね。トナカイさんも真っ青になるくらい真っ赤なお鼻から、チラ見えしてるわよ。ハ・ナ・ゲ☆

 

 ところで、救世主ポケティも万能じゃないこと、アナタは知ってる? ……そうよね、アナタほどのプロの鼻水マンなら、知らないわけがないわよね。ごめんごめん、念のために確認しておきたかったの。

 そうなの。進化したスーパー鼻水マンともなると、最低3つのポケティじゃ足りないことも珍しくないわ。アタシの経験では、最速で30分に1つのポケティが天に召させてしまってもおかしくない。とてもじゃないけどポケティトリオではカバーしきれず、涙涙にトイレへ駆け込む鼻水マンを何人も見てきたんだもの。そうなってしまえば、アナタはもう鼻水マンじゃない。ポケティの慈悲も届かない、その名も――トイレットペッパーマン。あとはもう、芯だけになるまで燃えるのみ。

 

 だからこそ、プロの鼻水マンは皆、バッグの中に「神(紙)」を忍ばせているんだったわね。主の御名は、唯一神ハコティ(※箱ティッシュの意)。正確にはネピア教やエリエール教といった教派もあるのだけれど……まあその話は専門家にでも聞いてちょうだい。あぁっ鼻セレブさまっ。

 ともかく、鼻水マンは神(紙)の加護がないと生きていけないの。慣れないうちはポケティ頼りになりがちだけど、早い段階で洗礼を受けておくことをオススメするわ。洗礼を受けるなら、週末の安息日。ドラッグストアで安売りのまとめ買いよ! ヒャッハー!!

 

 ――さて、本来ならば、いざという時の緊急対策として、駅前でポケティを布教する人の存在や効率的な神との対話方法(※紙の使い方)も指南してあげたかったのだけれど。でもきっとアナタは、そんなことくらい既に知っているのでしょうね。だって、良い鼻してる。プロの鼻だわ。

 え? アタシは誰なのかって? そうね……強いて言うなら、生まれながらにして鼻水マンだった者よ。後天性の鼻炎マンではなく、季節性の花粉マンでもなく、鼻水と共に生まれてきた、鼻水マンの中の鼻水マン。全くもって困ったものよね。紙も鼻洗浄もあったもんじゃないわ。ぷんすか。

 何はともあれ、これからの季節、街中にも大量の鼻水マンが現れるはず。彼らはそれだけで周囲を害する存在ではないのだけれど、少しでも油断したら途端に発熱マンへと変貌を遂げるわ。そうなる前にアナタも、ポケティとハコティ、そしてマスクの準備を忘れずに。もしも鼻水マンになってしまったら、マスクをするの。マスクマンであるかぎり、アナタは後ろ指を指されることもないはずだわ。

 

 ――ん? あまりに酷い状態になってしまったら、もう鼻水マンとして生きていくしかないのか……って? バカ言うんじゃないわよ。そんなときにやることは、昔から決まってるじゃない。

 

 病院、行っとけ☆

 

 要約 

 季節の変わり目にいきなり気温が下がったせいか、ちょいと風邪ぎみの僕氏。毎年恒例、酷い鼻水から発熱の兆候を見せつつあるので、家でおとなしく過ごそうと思った。みんなも風邪には気をつけるんだゾ☆(はぁと

 

 

関連記事