読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

ブログネタの考え方と、愛あるツッコミとしての「おすすめ」

f:id:ornith:20151012175036j:plain

 

 たびたび個人ブログ界隈で話題に挙がるのが、「ブログのネタが思い浮かばねえ! ネタ切れだ!」という悩み事。これに対する解決策はひっじょーに簡単なもので、「じゃあ書かなければいいじゃん!」と答えて終わるような気がしなくもない。

 ――だって、無理して書いて得があるかというと、怪しいやん? 単純な話、アウトプットするものがないのなら、その時間はインプットに回せば良いのです。他のブログを読み漁るも良し、読書をするも良し、ご近所をぶらぶらとお散歩するも良し。あなたは、自由だ。

 

 しかし一方では、まだブログを始めて間もない人が、ブログを書く習慣を付けるため、無理してでも更新しようとする気持ちもわからなくはありません……というか、わかる。僕も飽きっぽい人間だから、無理に意識してでも書かないと、なかなか続かないのです。

 そんなときの方法論として、自分なりに「ブログのネタの考え方」を振り返りつつ、ざっくりとまとめてみました。思い返してみれば、「そもそもワシ、普段はどうやって『ネタ出し』してるんだっけ?」と疑問符が浮かぶくらいには意識が希薄になりかけていたので、自分の考え方の整理も含めて。

 

 

ブログの多くは「ツッコミ」でできている

 ――と書くと、ちょいと主語が大きすぎるような気もしますが。でも、たとえその内容が「日記」だろうと「ニュース」だろうと、外部で起こった特定の出来事を取り上げている点では、等しく「ツッコミ」と言えるんじゃないかしら。

 もちろん、淡々と事実だけを並べるような論調のブログや、イチから企画を立てて綿密な取材を経て書かれたコンテンツを掲載しているブログなどは、「ツッコミ」本位とは言えない。むしろ「ボケ」というか、メディア色が強いそちらのほうが読者から重宝されそうにも思う。

 

 でも、急に「ボケ」から始めるのはなかなか難しい。最初っからボケることのできる人も中にはいるけれど、そうずっとネタが思い浮かび続けるとも限らないし、それが「おもしろい」ものとして受け入れられるかどうかも、投稿してみないとわからない。

 長い目で見れば、ツッコミ一辺倒になるのはちょっと考えどころかもしれない。ただ、始めたばかりの頃は“周囲に倣え”の格好で、わかりやすい「ツッコミ」――言い換えれば「言及」とも――の形による記事作りから取り掛かるのも一手だと思いまする。

 

 それも、鋭いツッコミではなく、緩いツッコミを。例えば、居酒屋で友人と話すような感覚で過激なツッコミ記事を書いたら炎上した……なんてことも、しばしばあるように見えるので。

 そういったネット・ブログの文脈を知るうえでも、身近で手軽な「ツッコミ」から始めるのが、個人的にはおすすめでござる。最初の一歩は、ゆるふわから。

 

 一方では、現在「個人ブログ」として絶大な支持を集めているサイトを見ると、「ボケ」本位のコンテンツがメインとなっているところが大半であるようにも感じる。既存のモノに言及する「ツッコミ」と比べると、オリジナル色の高い「ボケ」はやっぱり強い。

 「ツッコミ」でアクセスアップを目指そうとすると、専門知識や独特の切り口を介した質の高い「ツッコミ」力がないかぎり、どうしても炎上系の方向に行かざるをえないと思うので……。煽情的なまとめサイトなんかも、悪い意味でのそれを極めたものかと。

 

本、映画、グルメは鉄板ネタ

 そんな「ツッコミ」対象としておなじみなのが、先日の記事でも書きましたが、小説、ビジネス書、ライトノベル、コミック、映画、ドラマ、バラエティ、グルメ――などなど、世に出回っている消費対象としての「コンテンツ」。これらは、ブログの鉄板ネタでござろう。

 

 これらはそもそもブログで“ひとり語り”をする以前から、外に出て誰かと話すときの“話の種”として、当然のように寄り添ってきた存在でもあるのではないかしら。

 「昨日のテレビ見たー?」に始まり、「この漫画おすすめやで!」と教室で回し読み、社会人になってからも「あの話、ニュースになってたな」とお世話になっているコンテンツ群。できる会社員は、“昨日のアレ”で瞬時に脳内ニュース・トピックスを検索し、話を合わせることができるとか。

 そういった「身近な“モノ”の話」というのは、ブログネタとして取り上げやすいばかりでなく、読者としてもコメントがしやすい。話題の飲食店であれば「私も行ってみる!」となるし、ちょっとマイナーな本を紹介したら「試しに立ち読みしてきます」となるかも。

 

 しかし他方では、いずれの話題も取り上げやすいことから、各種コンテンツの「専門ブログ」が数多くあるという実情も。「グルメ」と一口に言っても喫茶店・スイーツ・ラーメンなど細分化されているし、「書評」もさまざま。「映画評」だって、B級からハリウッド、各ジャンルまで多種多彩だ。

 アクセスアップを狙うのであれば、「競合が多い」と考えられる環境。とは言え、たとえノンジャンルで雑多なブログでも、それらコンテンツ群を取り上げ続けることによって、立派な「ブログ」としてのストックが貯まっていくという強みもある。実際、このブログだってそんな感じですしおすし。

 

 種々雑多なコンテンツをブログに書く際の切り口としては、いろいろな方法が挙げられそうですが……それを書くと長くなりそうなので、ここでは割愛。「本」に限れば、過去に書いた以下の記事が参考になるかもしれませぬ。

 

あなたの「おすすめ」が知りたいんです!

 書店に行けば大量の本。街に出れば多彩な飲食店。ネットを見れば膨大な記事。目を閉じれば億千の星。 というように、ブログに取り上げることのできる話題はいくらでもある。一億総ツッコミ社会と言われようと、世にはまだまだ「ボケ」る人が大勢いるのです。

 

 とは言え、節操なく何でもかんでもに“ツッコむ”のも、ちょいと考えもの。「ネタになるから!」という理由で自分が触れたものすべてを取り上げようとすれば、よほどの感性か語彙力かでも持っていないかぎり、どれもこれも似たような感想になってしまう可能性がある。

 読者目線で見ても、いつもいつも同じような感想記事ばかりでは飽きてしまうし、取り上げられるコンテンツの作者・店主側からしても、「適当に書くくらいなら、余計なことは言わないでほしい……」と考えている人が、もしかしたら中にはいるかもしれない。ネット上ではそうでもない気がするけれど。

 

 だからこそ、ブログに書くのは自分が心から「おすすめ」したいもの、それに触れて何かしら強く感じられたものにしたいし、誰でも気軽にできる「ツッコミ」なればこそ、その取り上げ方には敬意と最低限の気遣いを持っておきたい。

 ――って考えると、今度は逆に息苦しさを感じてしまうこともあるはずので、結局はバランスが大切なのかな、と思います。義務感にとらわれるままブログを書くのではなく、自分の好きなタイミングで、自分が好きなモノを、自由に描き出す。それをいつも自然とできるようになれば、ブログを書くのも楽しくなってくるはず。

 

 そうやって「好き」の「ツッコミ」を続けていれば、それをよりわかりやすく伝えるための試行錯誤もまた、楽しみながらできるようになるんじゃないかしら。

 たびたびブログで「文章力を身に付けたい」という話が出てきますが、語彙表現にせよ文章構成にせよ、好きで「書く」ことを続けていく中で、あれこれと試しては修正し、修正しては試し……を繰り返すことによって鍛えられる「文章力」もあるんじゃないかと思います。

 

 「ブログの書き方」も「文章力の鍛え方」も、今は検索すればいくらでも情報が手に入る。それら方法論から入るのも悪くはありませんが、せっかくの自由な「ブログ」という媒体があるのだから、何はともあれ、自分の好きに「おすすめ」を書き綴ってみても良いのではないかしら。

 

 

関連記事