読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

半年間、営業しないフリーライターとして働いた結果

 2月に個人事業主の開業届を出してから、はや半年(正確には5ヶ月)。

 

 実際のところ「フリーライター」とは名ばかりで、相も変わらず半分無職のような生活を続けておりますが。……いや、働いてますよ? ありがたくも依頼をいただけているので、そちらはシコシコとこなしてますよ? 仕事に関しては、割と本気で楽しい。

 とは言え、まだまだ自分の力で「継続して稼いでいく」には程遠く、とりあえず現在を食い凌いでいるに過ぎない身。とりあえずはまあ半年ということで、この6ヶ月の収入の推移やらお仕事の状況やらを振り返ってみました。

 

この半年間の収入の推移

 まず、2015年上半期の収入について。それぞれ当月の発生額ではなく、「その月に振り込まれた額」をざっくりとグラフにしてみた。7月(今月)の確定分も合わせて。

 

f:id:ornith:20150723154305p:plain

 うむ、よく言われる、「フリーランスは不安定!」を体現したかのような図でござる。会社員時代の額面と比較しても、当時の月収以上の額が入ってきた3月のような月がある一方で、5月は……おこづかいかな? うわぁい。

 

 さらに、上図の各月の内訳を

  • ブログから発生した収入(アフィリエイト等)
  • 外部の依頼から発生した収入(ライティング他)

に分けて同じく棒グラフにしてみると、こんな感じ。

 

f:id:ornith:20150723155636p:plain

 ……なんか、これだとライターって言うより、ただのブロガーじゃね?

 

 このブログは戦略的にアフィリエイトを展開しているわけでもなし、そもそも知識がないので「アフィリエイター」とは名乗れない。かと言って「プロブロガー」を目指しているわけでもなく、いったい何者なのかよくわからんぞ……。プロじゃないなら、アマか。アマブロガーなのか。 

 でもまあ、退職時には7桁あった貯金残高が昨年末には3桁にまで落ち込むという絶望感に満ち満ちていた頃と比べれば、「最低限は稼げているかなー?」という現状でございます。このペースでいくと、2015年の年収は200万程度かしら。まーまー。

 

最近のお仕事について

 今のところ自ら営業らしい営業はせず、ブログ経由で依頼を受けたり、イベントでお会いした方からご紹介いただいたりなどして、ポツポツとお仕事に励んでいる格好でございます。

 あるいは某メディアサイトでのライティングや、オウンドメディアの運営お手伝い、記事校正などの諸々に、ちょいちょいと取り組んでいる格好です。もともと文章を読むのは好きなので、校正作業なんかは割と楽しい。裏方のほうが向いているのかもしれませぬ。

 

「ブログ」と「人」に生かされている

 また、“お仕事”ではありませんが、ブログから発生する収入も全体としては上昇傾向にあります。てけとーにアフィリエイト広告を貼っているだけに過ぎないけれど、それでも多いときには10万円くらい入るようになってきているのはありがたい限り。

 健康保険税やら年金やら生活費やらを払っていると、いとも簡単に消し飛ぶ額ではあるものの、なんだかんだで「ブログ収入」のおかげで健康に過ごせている感じは否めないんですよね……。

 

 言うなれば「ブログ」に生かされ、ひいてはそれを読んでいる「読者さん」に助けられているわけで、感謝の言葉もございません。もちろん、こうした場を提供してくださっている「はてな」さんにも。ありがたありがたや。

 

 改めて考えてみれば、退職を機に“好き勝手に自分の考えをまとめる場所”としてなんとなく始めた「ブログ」ではあるけれど、いつの間にやらそれが生活の中心になって久しい。金気を出そうか考えた時期もあったけれど、今日も自意識全開で運転中です。

 個人事業主の開業届を出したのも、「そうしたほうが都合が良かったから」という理由がひとつ。一人の文章好きとして「ライター」という肩書きに憧れはあったけれど、それで食っていけるとは今のところ思っていないですし。機会があれば、再就職も視野に。

 

 とにもかくにも思うのは、「世の中、意外と良い人ばっかりじゃん」ということ。ブログで数多くのコメントをもらうようになり、さらにはそれをきっかけに独立してみて、お金が関わる「仕事」に取り組むようになってからも、その気持ちは変わらない。

 去年の今頃はこんなことを書いてあーだこーだ言っていたけれど、読んでくれている人はなんだかんだでちゃんと的を射た「批判」をしてくださっているんですよね。中にはこの記事を読んで食事に誘っていただき、面と向かって助言をしてくださるような方もいらっしゃったり。

 

 そういった無職時代の記事にいただいた「ツッコミ」や「苦言」をたまに読み返していると、自分のような受け身クソ野郎でも行動せねばならんという気持ちにもなるのですよ。そんな後押しもあって、とりあえず“無職”以外の肩書きを得るべく動いた格好でもあります。

 

 実際に動いてみたらみたで、声をかけてくれる優しい人が意外と多くてびっくり。こちらから期待どおりの働きを提供できているかは怪しくはありますが、継続してお声がけいただけている人が少なからずいるのは本当にありがたい話ですし、純粋に嬉しい。

 企業の一営業員としてあくせく動きまわっていた会社員時代に対して、今は営業らしい営業もせず、ただただ「ブログ」と「人」を媒介にしてお仕事をいただいているような身。結構それでも何とかなっているし、会社の営業だった頃よりも自分という「個」が見られている印象が強く、やりがいもあります。何よりやっぱり、楽しいんですよね。

 

 そんなこんなで、今の自分は「ブログ」とそれに関わる「人」に生かされているように思えてならず、すべてを引っ括めてインターネットさま様だなー、と。

 ムスッとした顔で隅っこでだんまりしていることの多いコミュ障ではございますが、あれでも内心、むっちゃ感謝しているんです! ほんとうだよ! ……ということを改めて示したかったので、振り返りついでにぐだぐだと書かせていただきました。

 

 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

フリーランスの教科書 (星海社新書)

フリーランスの教科書 (星海社新書)

 

 

関連記事