ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

ぐるりみち。

【50%OFF多数】Kindleセールまとめ|人気コミック・ビジネス書ほか

『わかったつもり』になってない?視野を広げ、読解力を鍛える本

 「文章が下手な人は、そもそも文章を読めない」という指摘がある*1

 ひとまとまりの長い文章を読む習慣がないから。文脈を読み取る力に欠けているから。読めても自分なりに曲解してしまうから。──だから、文章を読むことができない。

 そのように「読めない」人の文章が拙く感じられるのも、当然といえば当然なのかもしれない。だって、他人の文章を「読めない」人が、自分の文章を「読める」はずもないのだから。自分ではいくら「書けた!」と思っても、文中の問題に気がつけない。「読めない」がゆえに客観的に文章を見直すことができず、間違いや煩雑な箇所を修正できない。結果、第三者が読んだときに拙く感じられてしまうのだ。

 だからこそ、「読解力」は大切。

 文章を読み、その内容を理解する力がなければ、人に伝わる文章などそもそも書きようがないのだ。文章力や語彙力よりも重要な、読み書きの大前提となる基礎──それがこの、「読解力」だと言えるだろう。

 しかしこの読解力、実は結構な曲者でもある。というのも、「よし、読解力を鍛えよう!」と思い立ち、書店の文章本コーナーへ足を運んでも、参考になりそうな本が意外と見当たらないのだ。

 目に入るのは、作文技法や語彙力の鍛え方といった「書き方」の本ばかり。「読み方」の本は思いのほか少なく、見つけるには教育書のコーナーまで足を伸ばす必要がある。とくれば当然、小中学生向けの教え方や高校生の小論文対策といった方向性の本ばかりのため、大人には少々手に取りづらい。

 

 

 そこで選択肢に挙がるのがこちら。本書『わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~』は、そんな「大人」にも勧められる「読み方」の解説本です。

 普段は本を読まない人でも手に取りやすそうなボリュームで、平易な文体で「読解力」を学ぶことができる新書。「読む」という行為の仕組みを再考する内容ともなっているため、読み書きが好きな人も興味深く読めるのではないかしら。

 誤読はなぜ起こるのか。文脈にはどのような機能があるのか。人によって解釈が異なるのはどうしてか。そして、いかに自分たちが「わかったつもり」になって文章を読んでいるか。──「書く」ことよりも身近な「読む」ことを紐解いた、刺激的かつ新鮮な1冊です。

 

スポンサーリンク
 

 

読解力を妨げるのは「わかった」状態?

 そもそも、「読解力」はどのように鍛えればいいのだろうか。

 個人的なイメージになるが、一般的には「文章は読めて当然」と思われているようなふしがある。義務教育で習ったじゃん、と。国語の授業で読まされたじゃないか、と。現代文は苦手だとしても、最低限の読解力は身についていて当然だろう、と。冒頭の「『読み方』の本は教育書のコーナーでないと見つかりにくい」という話からも、そのような「読めて当たり前」という雰囲気を感じられる。

 では、「国語の授業で学ぶ」以外の方法はないのだろうか。いろいろな回答が出てきてもおかしくはないものの、世間的には「読解力の鍛え方」といえば、ほぼ一択なんじゃなかろうか。

 それすなわち、「本を読め」という答え。とにかく文章を読むこと。多種多彩な文章に触れること。たくさんの本を手に取り、言葉や文章と親しむことで、文法や語彙は自然と身につくはずだ──と。こと文章においては万能の回答として、「本をたくさん読みましょう」は頻繁に耳にする印象がある。

 本を読むことで、たしかにある程度の読解力は身につくと思う。文法や言葉づかいがしっかりしているプロの文章は、これ以上ない「文章」のお手本。数をこなすことで自ずと気づける法則や、学ぶことのできる語彙もあるだろうし、そのなかで自然と「読み方」が培われる側面もあるはずだ。

 しかし、それはあくまでも個々人の感覚と体験に頼ったものであり、必ずしも万人に当てはまる方法だとは断言できない

 というか、そうやって多くの本を読めるなら以前から読んでいただろうし、何も考えずに淡々と読みふけるだけで「読む」力が身につくのかといえば、それも怪しいように感じる。目に入ってくる文字列を上から下へ、左から右へ追いかけ続けるばかりでは、「読んでいるだけ」に過ぎない。身につけたいのは、文章から意味や内容を読み取り理解する、「読解力」なのだから。

 そういう意味では、普段からたくさんの本を読んでいるからといって、その人の「読解力」が優れているとも言い切れない。それどころか本書は、そうやって本を読み流すなかで「わかった」と感じている状態こそが、読解力を身につけるにあたって最大の障害になるとすら説いているのだ。

 そう、本書が取り扱う「読解力」の鍛え方とは、ずばりこの「わかった」状態をぶち壊すことにある。

 「わかった」状態とは、言い換えると「わからない」ことがない状態を指すもの。もっと読み取れる情報があるかもしれないのに、すべてを「わかったつもり」になっている思考停止状態。それは、「読み」を深める──より深く “読解” するにあたっては、まず間違いなく避けるべき状態だ。

 文章の理解を妨げる「わかったつもり」を壊すこと。
 それが本書の考える、「読解力」の鍛え方だ。

 

文章以外にも当てはまる、「文脈」がもたらす理解と誤解

 「わかったつもり」の解消を目指す本書は、まず「わかる」「わからない」の基準を明らかにするところから説明を始めている。そのうえで「わかったつもり」が問題となる理由を整理しつつ、「わかる」「わからない」を左右する要素のひとつとして「文脈」の存在を取り上げている。

 そこで登場するのが、認知心理学における「スキーマ」の概念だ。これは、一口に言えば「私たちの中に存在しているひとまとまりの知識」を指すもの。筆者によれば、ある文章を理解するにあたっては、このスキーマが働くかどうかが問題になってくるのだそう。ひとつ例文を挙げてみよう。

 

新聞の方が雑誌よりいい。街中より海岸の方が場所としていい。最初は歩くより走る方がいい。何度もトライしなくてはならないだろう。ちょっとしたコツがいるが、つかむのは易しい。小さな子どもでも楽しめる。一度成功すると面倒は少ない。鳥が近づきすぎることはめったにない。ただ、雨はすぐしみ込む。多すぎる人がこれをいっせいにやると面倒がおきうる。ひとつについてかなりのスペースがいる。面倒がなければ、のどかなものである。石はアンカーがわりに使える。ゆるんでものがとれたりすると、それで終わりである。

西林克彦著『わかったつもり~読解力がつかない本当の原因~』Kindle版 位置No.400より

 

 おそらく「言葉としてはわかるけれど、何の話をしているのかがわからない」と感じた人が多いのではないだろうか。しかし、この文章が「凧を作って揚げる」話をしていると言われれば、全面的に納得できるはず。

 「何の話かがわからなければ、話がわからない」一方で、「凧」という言葉が示されれば、関連する知識──つまりは「(凧の)スキーマ」が働き、途端に理解できるようになる。この例は、「文脈がわからなければ、どのスキーマを使えばいいかわからない」ことから、逆説的に「文脈」の重要性を伝えているわけだ。

 ところが、「わかった」状態を作り出すこの「文脈」が、「間違ったわかったつもり」をもたらすこともあるのだという。

 ここでは、「女の姿になった鶴が男の元を訪れ、素敵な織物を作ってみせる」という展開がある、木下順二の戯曲『夕鶴』*2を題材にした実験を例に挙げている。この実験では、「なぜ鶴は男の元で織物を作ったのか」を被験者に質問してみたところ、本文では別の理由が書かれているにもかかわらず、6割以上の人が「恩返しのため」だと回答。これは言うまでもなく、『鶴の恩返し』の知識や「恩返し」のスキーマに影響され、間違った「わかったつもり」が構成されてしまったことによる結果だと考えられる。

 

このように、 読み手が自分の持っている「ステレオタイプのスキーマ」を文章に簡単・粗雑に当てはめてしまうことによって、間違った「わかったつもり」や不充分な「わかったつもり」を作り出してしまうことがある のだということを、私たちは、はっきりと確認しておく必要があります。

同著 Kindle版 位置No.1,502より

 

 本書では、上記以外にも複数の「わかったつもり」を生み出す文章を例に挙げ、それぞれを分類。どのように「わかったつもり」を解消するかを論じつつ、より深く文章を読むための考え方を説明していく内容となっている。例示される文章には小学校の教科書を出典とするものが多いものの、その内容すら誤読してしまい、自分がいかに雑に文章を読んでいたかを思い知らされることになった。

 同時に、本書が問題視している「わかったつもり」は、何も文章に限った話ではないのではないか──とも思った。複数人のあいだで異なるスキーマが用いられることで誤解が生まれたり、思いこみによって事実を曲解してしまったり。お互いの「文脈」が異なることで顕在化するすれ違いは、日常のやり取りにおいても何ら珍しいものではない。

 文章でも会話でも当たり前に直面しうる、「わかったつもり」。

 疑問を抱けない思考停止状態を壊すには、どうすればいいのか──。詳しくはぜひ本書を読んでいただきたいのですが、その解として示されている考え方も、個人的には納得のいくものだった。

 特に「整合性」と「解釈」の考え方は、常日頃から心に留めておきたい。自分自身の「わかったつもり」を打ち倒すためだけでなく、周囲の人の意見を認めようとする多様性の観点からも、普段から意識しておきたいポイント。読み終えたあとには、自分の視野が広がったように感じられる──だけどそこで「わかったつもり」になってはいけないとも自然に思える──示唆に富んだ1冊です。

 

 

関連記事