読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

池袋『みつわベーカリー』のパンはどれもボリューミーで懐かしい味

f:id:ornith:20160530113730j:plain

 

 某日。集中してパソコンに向かっていたところ、いつの間にやら時計は14:00をまわろうかという時間帯。ぐぅぐぅと遠慮なく鳴き喚くお腹氏を黙らせるべく、池袋駅西口へと向かった。

 時間も時間だし、松屋・吉野家・すき家・かつやのどこかで軽く済ませようかと考えつつも、なんとなく駅から離れるように歩いてみる。いつも「○○丼」というのも味気ないし、たまには自分の足で新規開拓もしていきたいところ。元営業マンは、足で稼ぐのです。営業車はないけれど。

 

f:id:ornith:20160530113049j:plain

 

 駅前の大通りを北に入り、くねくねと“あみだくじ“のように脇道を進んでいると、一軒のベーカリーが目に入った。見るからに、昔ながらの「街のパン屋さん」という佇まい。入り口にちょこんと置かれた、コックコート姿のおじさん人形が存在感を放っている。

 斜め45度を見上げるおじさん人形と目線を合わせないようにしつつ、そういえば、しばらく外でお昼ごはんを食べていなかったな……と、ふと思い出す。時間も遅いし、今日はパンを買って外で食べようそうしよう――ということで、今日のお昼はこちらに決定。おじゃまします。

 

 

昔ながらの街のパン屋さん

f:id:ornith:20160530113101j:plain

 

 訪れたのは、池袋駅西口から徒歩約6分の距離にある『みつわベーカリー』さん。どうやら池袋近辺のパン好きさんの間では有名なお店らしく、あとでネットで検索してみると、たくさんの情報が出てきた。先に調べてから行けばよかったかしら……。

 時間が時間ということもあり、お店に他のお客さんはおらず。所狭しとラップに包まれたパンが並んでいる一方では、すでに売り切れたらしい空間もちらほら。もうちょい早い時間に来れば、焼きたてが食べられたのかな……と考えると、ちょっともったいない気もする。

 

 店内をうろうろと品定めしていると、奥から優しそうなお母さんが「いらっしゃいませー」と登場。

 おそらくは忙しいお昼を乗り越えた直後、奥で遅めの昼食をとっていたのでは……と想像し、あまり長居するのも申し訳ない気がしたので、ちゃちゃっと選んで退散します。笑顔が素敵なお母さんでした。また今度、おじゃまいたしまする。

 

お昼すぎの公園で、いただきます

f:id:ornith:20160530113100j:plain

 

 みつわベーカリーさんを後にして、近くにゆっくりできそうな公園はないかとGoogleマップで検索。すると、少し北へ歩いたところに「御嶽北公園」なるオープンスペースがあるそうなので、そちらへ向かって歩を進めることに。住宅街をとっとこ行くよ。

 

 公園に着いたら早速、買ったパンをベンチに広げて、いただきます!

 

f:id:ornith:20160530113050j:plain

 

 買ったのは、たまごサンド(220円)フランクフルトパン(300円)チョココロネ(170円)の3点。遅めのランチタイムということで、これだけ食べれば満足できるだろう、という分量。

 ちょっと遠目なのでわかりづらいかと思いますが……全体的に、挟んであるモノがボリューミー……に見える。フランクフルトは太いし、たまごフィリングもはちきれんばかりだし、チョココロネはチョコがコロネを侵食しているレベル。

 

f:id:ornith:20160530113051j:plain

 

 まずは、たまごサンドをいただきます。よく知るたまごフィリングの味わいは言うに及ばず、想像していたよりもふわふわ&柔らかいコッペパンに、優しさを感じる。

 ――と言うか、こんなに優しげな甘みを持つコッペパン、むちゃくちゃ久しぶりに食べた気がする。コンビニの調理パンばかり食べていたせいかもしれないけれど、指先で持っているだけで柔らかだし、口に入れれば独特の甘さが広がるし……なんだろう、なぜか小学校時代を思い出す。

 

f:id:ornith:20160530113052j:plain

f:id:ornith:20160530113053j:plain

 

 お次は、フランクフルトパン。大きな切れ目が入ったフランクフルトは、ほんのりケチャップ味。普段はケチャップもマスタードも付けずに齧り付いている自分でも「このくらいがちょうどいい」と感じられる、絶妙な味付け。……つまり、子供の舌にも優しい。

 焼き上がってからしばらく経っているせいか、さすがに「パリパリ&ジューシー!」とまでは感じられなかったものの、そこそこに肉厚で太いフランクフルトは、充分に食べでがある。たまごサンド同様のコッペパンがこれまた柔らかく、ソーセージの食感と合わさってうまし。

 

f:id:ornith:20160530113055j:plain

f:id:ornith:20160530113054j:plain

 

 最後は、チョココロネでござる。普通はパンの中にすっぽりとチョコが入っているイメージの強いチョココロネだけど、こちらはあふれんばかり……というか、あふれかえってパン表面を侵食している状態。辛うじてチョコに触れず持てる部分が残っているあたり、これが基本なのでしょう。

 

f:id:ornith:20160530113056j:plain

 

 コロネの太いほうから、勢いよくガブリ。――うむ、程よい甘さのチョコクリームがおいしく、安定かつ王道の味わいでございます。これまたパン生地が柔らかく、モグモグと食感も味わいながら食べられる素晴らしさ。これだよ……!

 

f:id:ornith:20160530113057j:plain

 

 ――ところで、さっきから微妙にパンの背後に写っていたのですが、途中からハト氏がこちらをロックオンしておりまして。「住宅街にある公園のベンチ」とくれば、そりゃあ中にはエサを与える人もいるのでしょう。……いや、だがワシはやらぬぞ。貴重な昼メシゆえ。

 

f:id:ornith:20160530113058j:plain

 

 「おォン!? ウマそうなモン食っとるやんけ? ワイにも一口よこしんさい?」とでも言わんばかりに、ベンチの上まで迫ってくるハト氏。

 結局はよこしてやらなかったわけですが、青空の下でおいしいパンを頬張りつつも、微妙に落ち着かないランチライムとなったのでした。ハトはともかく、みつわベーカリーさんには今度また行ってみよう。平日は深夜2:00までやっているそうなので、終電前に小腹を満たすにもいいかも。

 

f:id:ornith:20160530153129j:plain

 

_人人人人人人_
> (ㅎ8ㅎ) <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

店舗情報

関連ランキング:パン | 池袋駅要町駅

 

関連記事