ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

渋谷ハロウィンで思ったこと〜敷居の低い“ハレ”の空間が求められている?

f:id:ornith:20151103181623j:plain

 

 いやー、ハロウィンの日の渋谷はヤバかったっすね。マジヤバ。百鬼夜行も真っ青の、魑魅魍魎が跋扈する魔境。世紀末感がすごかった。……いや、世紀末はうろ覚えだけど。“2000年問題”がやたらとニュースで取り上げられていたような印象しかないけれど。

 10月31日はたまたま近くで用事があったため、興味本位の野次馬マンとしてふらっと立ち寄ったわけですが、半分くらいは後悔している。センター街で人波に飲まれて、もう何が何やら訳のわからんことになってましたもの。図らずも、冬コミの予習になった気がする……。

 

 残り半分は、割と楽しかったです、はい。

 

 

ただただカオスだった、渋谷センター街

 当日、渋谷の地に降り立ったのは、夜7:00くらい。とりあえずメシでも食うべーと思い、人混みを避けて道玄坂方面へ。センター街付近からは嫌な予感しかしなかったので少し逸れ、Bunkamura近くでかるーく晩ごはんを済ませた格好でござる。

 で、外に出たら明らかに人の数が増えていたので、こいつはやべえとスタバに避難。入り口付近には「仮面などでお顔の見えないお客様はご遠慮!」という旨の掲示があり、トイレ近くには店員さんが常時待機という臨戦態勢。着替えさせないためですね、はい。

 

 そこで2時間弱ほど作業をしておりましたが、着替え目的らしい人が入れ替わり立ち替わりに入ってきては、店員さんに丁寧に諌められて出て行くという光景が繰り返し見られました。

 パッと見たかぎりでは多分、近くのドン・キホーテから流れてきたんじゃないかしら。コスプレ衣装を買って、近場で着替えるつもりだったのでしょう。当日購入の現地調達とは……。ガチのコスプレ勢を見習ってほしいけど、見習ってほしくない。

 

f:id:ornith:20151103183557j:plain

 9:00を過ぎたころ、外に出てみると、すでに通りはてんやわんやのお祭り騒ぎ。ネット上で問題視されていた「路上のゴミ」はまだ目立っていなかったものの、案の定というか、ドンキ付近には仮装道具が入っていたであろうビニール袋が散乱しておりました。

 で、帰る前にちょろっと覗いていくかー……と野次馬根性が働き、センター街方面に進路を向けた途端、波に飲まれた。世界的ですもんね。乗るしかない、このビッグウェーブに……なんてツイートする余裕もなく、あれよあれよと百鬼夜行の一員に。あるぇー?

 

f:id:ornith:20151103182248j:plain

 気づいてみれば、センター街のど真ん中。道路脇、シャッターの閉まったお店の前では撮影会が行われ、通り中央は満員電車のすし詰め状態。……知ってるよぼく! これ、コミケ3日目の島中で起こる大渋滞だ! ――割とそんな感じでした。

 右を見ればナルトとサスケが決めポーズをし、左を向けばミニスカポリス集団と園児服のおっさんグループが仲良く記念撮影。ゾンビメイクのイケメン外人さんはセンター街の中心で愛を叫び、キョンシー女子はふしぎなおどり。目の前ではベイマックスが蹴躓き、背後からは「え!?ちょっと待ってあの娘チョーかわいいんだけどいやいやいやマジでマジで、っていうかわけがわからないくらいにピンポイントなんだけどなにこれ告っていい!?」というリヴァイ兵長の興奮した囁き声。――うん、わかったから、僕の耳元で愛を語らないでください。僕のTOKIMEKIがどこまでもエスカレートしちゃうよ?

 

 人混みが嫌いな人ならば、もうあの空間にいるだけで問答無用の拒否反応が起こること間違いなし。実際、普通に歩こうとしても押し合いへし合い、気づけば逆方向に流されていたりして、駅にたどり着くまで30分以上かかりました。

 僕自身、最初は「興味本位で立ち寄らなければよかった……」と軽く後悔したけれど……なんでじゃろね、途中からは割と楽しかったというか、謎の高揚感を感じるまでにはなっていたのでありました。長時間あそこにいるのはノーサンキューだけど、その場の「お祭り感」に当てられたような感覚。わいわい。

 

ルール無用の「遊び場」と目的なき「から騒ぎ」の渇望

 マスメディアは言うに及ばず、ネット上でも賛否両論――どちらかと言えば「否」のほうが多いような実感――のある、ここ数年の日本のハロウィン。お祭り大好き、アレンジ上等の季節イベントとして、一応はそこそこ昔から広く知られた催しではあったとも記憶しています。

 ただ、この2、3年の「渋谷」という空間で巻き起こっているそれに限って言えば、あまり褒められたものではないという見方にも納得。仮装道具の購買や、小休止のために近隣の飲食店を利用するという消費活動は発生しても、街全体として見れば、残るのは路上のゴミだけ。渋谷にだって住んでいる人は大勢いますし、人混みを避けるために予定を変更した、などの影響も少なからずあったのではないかしら。

 イベントとしての“主催”の存在や、周囲への迷惑を最小限にするためのルールの必要性、ゴミ問題にテロ対策、東京五輪開催時に懸念される問題の示唆など、単なる「ハロウィン」の妥当性にとどまらない、さまざまな視点をもたらす結果になったようにも見える、今回の盛り上がり。その中でも、個人的に見ていて気になったのが、以下の視点でした。

 

 

 仕事に勉強、人間付き合いに将来への不安と、苦しかったり面倒だったりすることの多い「日常=ケ」に対して、それを浄化する「非日常=ハレ」の場の渇望。

 これまで、日常のケガレを浄化する役割を果たしていた“お祭り”がその機能を失ったことによって、現代版にそれをアレンジor自然発生した“渋谷のハロウィン”のような空間が現出したんじゃないか、という話。自分としては、読んでいてすごく納得しました。

 

 というのも、日頃のルーチンワークで積もりに積もったストレスやモヤモヤをうまいこと発散できず、それを自分で浄化する方法もわからない、「“ハレ”難民」のような人が割と増えているんじゃないかと思っていまして。

 ちょっと前までなら、地元の祭りでヒャッハーとか、会社の新年会・忘年会でヒャッハーとか、季節のイベントごとでヒャッハーとかできていたんじゃないかと。それが、多様な価値観が認められるようになったことで強制参加の催し物が減り、万人共通の「ハレ」の場がなくなりつつあるのでは*1

 

 もちろん、価値観が多様になったからといって「ハレ」の場がなくなったわけじゃなく、文化・世代・地域・趣味・嗜好などによって細分化されただけだとも思う。

 全員が強制参加するイベントの代わりに、自分が好きな「祭り」を選べるようになった形。だから、音楽好きはフェスに行って熱狂できるし、オタクは年2回のコミケのために生きることができるし、アイドルファンはステージに向かって愛を叫ぶことができる。たのしい。

 

 でも一方で、取り立てて特定の趣味がない人にとってはそういった「ハレ」の場を選ぼうにも基準がなく、また、自分で探そうにも「ケ」の日常が忙しくて発掘できていないんじゃないかと思うのです。

 そんなときの助けとなるのが、世間の流行であり、新しい試みであり、とにかく参加ハードルの低いイベントとなるのではないかと。それらの条件を“渋谷のハロウィン”が全てカバーしていたために、あれだけの盛り上がりになったんじゃないかしら。

 こちらのレポート記事によれば、同じ都内でも、街によって異なった“ハロウィン”の光景が見られたという話。

 実際、オタク趣味のクラスタが中心のタイムラインを見ても、だいたいの人は渋谷なんぞには目もくれず、池袋のハロウィンイベントに行っていたようなので。六本木は六本木で、また別の層が集まっていたらしいですし。で、渋谷には“カオス”が出現した、と。

 

 「こういうことをやる」「どういった人が集まる」「このようなルールがある」などなど、イベント参加において前提となる文脈が一切合切、排除されていた“渋谷のハロウィン”は、そういった共通の「ハレ」の場を渇望していた人たちに受け入れられて、ここまで急激に盛り上がったのではないかと。

 本来は必要であるはずのハードルはぜーんぶ倒された状態で、「なんかよくわからんけど楽しそう」「ハロウィンだから仮装すればOK」くらいの文脈でもって、いろいろな人を引き寄せていたように感じられました。他方では、自分のような物見遊山も多かったでしょうが。着物で行ったけど、普通に溶け込めていた気がする。

 公式にイベントが開催されているわけでもない、公共の場所に不特定多数の人間が集まって好き勝手やるのはどないやねん、という批判もあって然るべき。

 でもでも、今やどこで何をするにもルールや作法、知っているべき知識や文脈が前提となっている中で、こういった「よくわからんけど、大勢で適当に集まって、個人の背景は関係なしに楽しめる人は楽しめるイベント」の存在が認められてもいいんじゃないかな、と個人的には思いました。

 

 ――もちろん、迷惑はかけるのはよろしくないし、おまわりさんを殴るのはアカンけど*2

 

 

関連記事

*1:それら“伝統的な催し”が万人にとって「ハレ」の場たりえていたかと言えば、そうでもない気もしますが。

*2:【ハロウィーン騒動】とうとう逮捕者 無職男、エアガンのようなもので警察官を殴打 - 産経ニュース