読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

今期アニメは『月がきれい』で毎週欠かさず悶えキュン死ぬ

月がきれい アニメ 感想1

 今期は紗霧ちゃん*1がかわいい。

 ……そうなのです、わかっているのです。見るからにかわいい妹キャラにして、ぱんつ大回転中の洗濯機の前でノリノリダンスを踊る彼女を見たら、そりゃあ惹かれずにはいられないでしょう。しかし、それは重々承知のうえで僕は、声を大にして言いたいのです。

 

 今期アニメは、『月がきれい』もいいぞ――と。

 

スポンサーリンク
 

 

続きを読む

池上彰・佐藤優の両氏による70のインプット術をまとめた対論本『僕らが毎日やっている最強の読み方』

 池上彰さんと佐藤優さんの対論本『僕らが毎日やっている最強の読み方』を読んだ。サブタイトルとして「新聞・雑誌・ネット・書籍から『知識と教養』を身につける70の極意」と続く本書は、一口に言えば「複数媒体を跨いだインプット術」を論じた内容だ。

 

 

 情報化社会が叫ばれて久しい今日。良くも悪くも僕らの周りは「情報」であふれかえっているが、多いのは単に「情報量」だけではない。新聞やテレビをはじめとした旧来のメディアから個人発信のインターネットまで、現在は「情報源」の多様化も進んでいる。

 そのように刻一刻と変化し、玉石混交が流れゆく情報の海に立ち向かうことは、決して容易ではない。情報渦巻く海中から効率的に「玉」をつかみ取るには、それぞれに異なる情報源の特色を知り、個々の情報の性質を読み取り精査するための「目」が必要となってくる。

 

 というのも、「新聞さえ読んでおけば仕事には事欠かない」「ネットだけでも最新のニュースは追うことができる」と断言できるほど、個々の媒体は万能ではない。複数の情報源を横断し、多角的な視点で見なければ、個々の情報・出来事を真に理解することは叶わない。

 そういった「情報収集」の考え方を整理しつつ、2人のプロフェッショナルの対論によってその手法をまとめた1冊が、この『僕らが毎日やっている最強の読み方』だ。

 普段は作業的に情報を追いかけるだけで精一杯なビジネスマンはもちろんのこと、これから社会に出ようという就職活動生や、まだ入学したばかりの学生まで。誰もが「情報」とは無縁ではいられない現在、情報収集と知的生産のエキスパートである2人の対論は、今後の学習の指針となるはずだ。

 

スポンサーリンク
 

 

続きを読む

石焼きの出汁茶漬けが超うまい!六本木の創作お茶漬け専門店『だよね。』

f:id:ornith:20170510113252j:plain

 「六本木でランチ」と聞くと、なんとなくお高いイメージがつきまとう……のは、僕だけじゃないはず。たぶん。きっと。おそらく。

 「ザギンでシースー」じゃないけれど、都内でも「銀座」「赤坂」「六本木」といった地名からは、どこかイケイケで高所得層のにおいがするのだ。新宿・渋谷・上野・池袋あたりとは何かが違う、セレブリティ〜〜ンなイメージ。クソダサな僕が近寄ってはいけない場所。

 ――まあ実際はそんなこともなく、ちょっと探せば牛丼チェーンなんかもあるのだけれど。見るからにシャレオツなお店を覗いても、お疲れらしいサラリーマンが普通に1人でメシをぱくついているし、ランチメニューも思いのほか良心的な価格設定。「僕はここにいてもいいんだ!」と、認められた気持ちになるのです。わぁい! むしろガチでセレブで近寄れないのは白銀台周辺だと最近知った。

f:id:ornith:20170510113253j:plain

 そんなわけで、六本木である。この前に書いた『ミュシャ展』を楽しむべく、かの街に降り立った某日、先にお昼ごはんを食べていこうと立ち寄ったのが、こちらのお店。東京ミッドタウンすぐ近く、脇道に入っていたところにある、『だよね。』さんです。

 

スポンサーリンク
 

 

続きを読む