これまでに書いてきた確定申告の記事まとめ

2020年の確定申告特集

 今年もやってまいりました!
 確定申告の季節でございます。

 2019年の確定申告を行う期間は、
 2月17日(月)から3月16日(金)まで

 本記事では、これまでに「中途退職者未開業のフリーランス個人事業主」という複数の立場から確定申告をしてきた自分が、過去に書いてきた「確定申告」の関連記事をまとめています。

 詳細な解説記事というよりは「個人的な体験談」が色濃い内容となっておりますので、念のため。「確定申告に関する知識はこの本で身につけて、サービスはこれを選んで、こういう流れで申告してきたよ!」といった点を、筆者個人の目線でまとめています。どなたかの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
 

【中途退職者】e-taxで確定申告してみた

こんな人の参考になるかも

  • 中途退職者
  • 確定申告をするのが初めて
  • 【e-tax】を使ったことがない人

 確定申告デビューした当時の記録。
 当時は、会社を中途退職して求職中の身でした。

 「年度の途中に退職してまだ次の就職先が決まっていない人は、確定申告をする必要がある」という話を聞いて、慌てて書類作成に取り掛かった格好です。

 ぶっちゃけ、税務署に行って相談すれば、職員さんが書類作成を手伝ってくれるので、それが一番の近道かと。とはいえ、中途退職者が申告書に記載する項目はさほど多くないため、ネットで調べながらでも割と簡単にこなすことができるんじゃないかと思います。

【副収入がある人】アフィリエイト収入を白色申告してみた〈やよい〉

こんな人の参考になるかも

  • 開業届を提出していないフリーランス
  • アフィリエイト収入を白色申告する人
  • 【やよいの白色申告オンライン】を使ったことがない人

 趣味で書いていたブログから収益が発生するようになったことで、「会計ソフトを使って確定申告をしよう!」と思い立ったときの記録。

 当時はまだ開業届を提出していなかったため、あれこれと勉強しつつ白色申告に挑みました。こちらの記事では、その際に参考にした本も掲載しています(※『フリーランスの教科書』『フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。』)

 ちなみにこの年は、税務署で確定申告書を提出するついでに、開業届も出しています(※関連記事:フリーライターとして、開業届と青色申告承認申請書を提出してきた。あわせて青色申告承認申請書も出してきたので、翌年以降は青色申告で確定申告を行うことになりました。

【個人事業主】フリーランスになって初めての青色申告〈MoneyForwardクラウド〉

こんな人の参考になるかも

  • 初めて青色申告に挑むフリーランス
  • どの会計ソフトを使うか迷っている人
  • 【MoneyForwardクラウド】を使ったことがない人

 白色申告の翌年、初めての青色申告に挑戦したときの記事。

 前の年に白色申告をこなしているとはいえ、「白」と「青」では必要な知識と作業量が大きく異なります。それまでに読んだ本だけでは足りないと感じ、初心者向けのハウツー本を舐め回すように読みながら書類を作っていました。

 この記事では、書類作成中にわからなかったことについて調べたときのメモを掲載。「医療費控除は受けられる?」「アフィリエイト報酬はどうやって帳簿に書けば?」「ノマド代は経費になるの?」などの疑問について、参考にしたページをまとめています。

【個人事業主】freeeで青色申告を効率化〈freee〉

こんな人の参考になるかも

  • フリーランス
  • 【freee】を使ったことがない人

 そろそろ確定申告にも慣れてきたかなーというタイミングで書いた記事。

 「これまでの確定申告では使ってこなかったソフトも試してみよう」と考えて、この年は初めて【freee】を利用。以来、会計管理はずっとfreeeのお世話になっています。

 あわせて紹介しているのが、『ひと月3分、ムダ0確定申告』という本。これは、申告の時期に慌てて作業に取り掛かるのではなく、普段から簡単な作業・準備をすることで確定申告を効率化することを目指す本です。この本とfreeeのおかげで、この年は割とスムーズに申告を済ませることができました。

【基本を学びたい人】参考書籍と会計ソフト選び

こんな人の参考になるかも

  • 必要最小限の作業で確定申告を終わらせたい人
  • どの会計ソフトを使うか迷っている人

 確定申告に使える参考書籍のまとめ記事。

 主に「初心者向け」の5冊の本を紹介したうえで、確定申告が必要な人の各々のスタイルに合わせた「おすすめの参考書+会計ソフトの組み合わせ」を提案しています。

おまけ:2020年(2019年分)の確定申告、変更点は?

 以上が、過去に書いてきた確定申告関連の記事となります。

 その一方で気になるのが、「2020年(2019年分)の確定申告に変更点はあるの?」という点。2019年はちょうど元号が変わったタイミングということもあり、何かしら変わっていてもおかしくなさそう……ではありますが、極端に大きな変更点はないようです。

 ただし、小さな変更はいくつかあり、

  • 源泉徴収票などの添付が不要になった*1
  • スマートフォンでの申請が以前よりも便利になった*2
  • 確定申告書Bの内容が一部変更された*3

 といった点が挙げられる模様。全体的に「申告しやすいように改善した」という方向での変更ですので、軽くチェックしておく程度でも大丈夫そうです。

 むしろ気にしておきたいのは、来年ですね。2021年(2020年分)の確定申告から、青色申告の特別控除額が変更となるそう。基本額が65万円から55万円に見直されると同時に、e-taxによる電子申告で提出した人は+10万円、引き続き65万円の特別控除が受けられるとの話です*4

 ですので、e-taxを利用していない人は、今のうちに準備をしておきたいところ。ちなみに、これまではe-taxでの電子申告にはマイナンバーカードのほかにICカードリーダーが必要でしたが、新たに「ID・パスワード方式」を設けるなど、簡素化が進んでいるようです*5

 

本記事で取り上げた確定申告の関連記事リスト