ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

ただのカレーラーメンじゃない!下北沢『スパイスラーメン 点と線』でランチ

『スパイスラーメン 点と線』のスパイスパクチーラーメン

 辛い料理は、ちょっと苦手。
 でもこのラーメンは、すっごくおいしかったのです。

 

スポンサーリンク
 

 

札幌発のスープカレーがラーメンに!?

 リニューアルし、様変わりした下北沢駅。

 在学中、ずーっと工事中だった駅構内の姿は見る影もなく、すっかりきれいになってしまった駅舎。僕の知ってる下北沢駅じゃない……と思いつつも、改札を出ればそこは、雑然とした商店街。このごっちゃり感……やっぱりシモキタだ……。

『スパイスラーメン 点と線』の場所

 というわけでやってきましたのは、駅から徒歩3分の距離にある『スパイスラーメン 点と線』さんでございます。

 カレーフェスティバルが開かれるなど、最近はカレースポットとしてもアツい下北沢。こちらは2017年オープンということで、その中でも比較的新しいお店のようです。

『スパイスラーメン 点と線』入り口

 何も知らずにお店に入ったのですが、『点と線』は北海道・札幌発のスープカレー専門店『Rojiura Curry SAMURAI.』の新規店らしい。こちらは過去におじゃましたことがあるのですが、たくさんの野菜を味わえるスープカレーがすっごく好みでした。

 『点と線』では、たっぷりの野菜とスパイシーさはそのままに、「ラーメン」という形で同店舗のカレーを味わえるそう。実は自分、カレーラーメンのたぐいは食べたことがなかったのですが……『侍』さんのカレーがベースなら、イケる! ……気がする! たぶん!

スパイスパクチーラーメン(1,200円)

スパイスパクチーラーメン(1,200円)

 注文したのは、スパイスパクチーラーメン

 色とりどりの野菜と具材が盛られている中、圧倒的な割合を占めているパクチーの存在感がすごい。その下には、見るからにスパイスの効いたスープが覗いています。山盛りレベルではないけれど、具材だけでもそこそこ食べ出がありそう。ゴボウも目立つな……ってか、麺が見えねえ!

スパイスパクチーラーメン・トッピン1グ
スパイスパクチーラーメン・トッピング2

 まずは、一口。途端に口の中に辛さが広がる──かと思いきや、意外とそんなことはなかった。香辛料の香りと刺激は若干ながら感じられるものの、すぐに「辛ぇ!」となるほどではありませんでした。

 それよりも、旨味たっぷりのスープが、舌先からじんわりと広がっていく感覚のほうが大きかった。──そう、「辛い」というよりは「旨い」のです。スープカレーと同じくスパイスの効いた、でも同時に野菜やら何やらの旨味が存分に感じられる、とにもかくにも「旨い」スープ。これには僕の舌も大喜び。

スパイスパクチーラーメンの野菜
スパイスパクチーラーメンの麺

 そんなスープは麺に絡めて食べてもまったく違和感はなく、啜れば啜るほど、口内に旨味と辛味がストックされていくような感覚に。徐々に辛さも強く感じられるようになり、いつの間にかうっすらと汗をかいていたくらいでした。でも、このくらいならぜんぜんイケる! むしろちょうどいい辛さです。

 そして言うまでもなく、トッピングのお野菜はどれもこれもおいしい! 中でもゴボウはびっくりするほど味わい深く、これだけでもあと2本ほど食べたくなるほど。また、パクチーの味が適度に口の中をリセットしてくれていたこともあり、旨味と辛味を最後まで飽きることなく楽しむことができました。

 お腹いっぱい、ごちそうさまでした! まぜそばもあるそうなので、次はそちらを食べてみようと思いまする。

 

店舗情報

※参考:食べログ

「渋谷・下北沢」のおすすめランチはこちら