ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

初めて読んだ百合漫画『やがて君になる』が好きすぎてハゲそう

f:id:ornith:20151225005219j:plain
仲谷鳰『やがて君になる』(1) <電撃コミックスNEXT>

 たすけて。くるしい。

 ……顔のニヤニヤが、戻らない。

 

「百合漫画」のファーストインパクト

 仲谷鳰さんの漫画『やがて君になる』を読みました。
 一口に言えば、いろいろと “持っていかれた”

 主人公は、快活&サバサバ系(に見える)のアホ毛女子・小糸侑。新入生として高校に入学したばかりの彼女が出会ったのは、眉目秀麗&完全無欠(に見える)の黒髪ロング先輩・七海燈子。この2人がメインの物語。

 数多くの人間からの好意を受けながらも「どの相手も特別に感じることができない」という理由で告白を断ってきたという燈子に、同じく「特別」を実感できず、中学の卒業式で伝えられた告白に返事ができていない侑は共感を覚える。しかしその告白について燈子に相談した折、侑は彼女から「好きになりそう」という言葉をかけられて――という始まりです。

f:id:ornith:20151226121427j:plain
仲谷鳰『やがて君になる』(1) /第1話 P.46

 

「特別」を見つけた先輩と、「特別」に憧れる後輩

 ――あのですね、読み始めはてっきり、お互いに「特別」な感情を理解できない先輩と後輩の2人が、互いの仲を深める過程で徐々に強い愛情に気づいていく……的な展開だと思っていたんですよ。同姓ながら、正統派の恋愛モノ。きゅんきゅんするじゃありませんか。

 ところがどっこい。蓋を開けてみれば、先輩は後輩ちゃんに即堕ち&ベタ惚れだし、後輩ちゃんは後輩ちゃんで自分よりも先に「特別」を見つけた先輩に対して筆舌に尽くしがたい憧れと嫉妬心を抱えているわけです。

 「先輩なら『好き』の感情を理解できない自分に共感してくれると思ったのに、なんで私に惚れるんだ! ちくしょう! 私だって誰かを『特別』だと思いたいのに!」といったような。自分を好いている先輩の、「『好き』を自覚できること」を羨ましがっている格好。

f:id:ornith:20151225013008j:plain
仲谷鳰『やがて君になる』(1) /第3話 P.98〜99

 「特別」を知った先輩が、自分と触れ合うたびに赤くなるのを見て、裏で手を握り、揺さぶりをかける後輩ちゃんの図。この、清々しいほどの対比――最高だ。

 “「特別」な感情を理解できない” と先ほど書きましたが、正確には “実感できない” なんですよね。よく見る「恋に恋する女の子」という単純なものではなく、「『恋』や『好き』という感情は知っているし理解もできるけれど、それを自分は実感することができない」というイメージ。

 人が人を「好き」になるのは自然な感情だと知ったうえで、それを体感したことがない、周囲と比べて “冷めている” 自分に疑問を感じている。ゆえに、自分と同じだと期待した先輩が「好き」を知って輝いているのを見て、「ずるい」と。後ろ暗い嫉妬というよりは、悔しさかしら。

 初めての「特別」を知った先輩と、「特別」に憧れる後輩。同類だと思って手を伸ばした先輩が初めて惚れたのは、自分だった――と。1対1の関係のなのに、いろいろな感情の矢印が行き来し渦巻いているのが本当にすごい。だって、まだ1巻ですよ、これ。

 

「視線」が示す感情の行方

 また、本作の特徴として感じられたのが、キャラクターの表情がわかりやすいというか、「視線」が人物の感情をそのまま示す、象徴的な描かれ方をされているように読めました。モノローグは多用せず、細かな視線とコマ割りで心情の変化を表現しているような。

f:id:ornith:20151225020013j:plain
仲谷鳰『やがて君になる』(1) /第1話 P.8

f:id:ornith:20151225015944j:plain
仲谷鳰『やがて君になる』(1) /第4話 P.115

 キラキラ眩しい「特別」を体現する告白の一場面から “目を逸らす” 侑と、「特別」な相手が口にした容器の飲み口を意識して “目を向ける” 燈子。

 こうした描き方は、決して珍しいものではないとも想像されます。でも本作では特に、最小限のキャラクターで場面を動かしつつ、コマ割りも細かく刻むことで、読んでいて心情の変化がよりわかりやすく伝わってくるように感じられました。僕のような素人読者でも一目瞭然っすよ!

 先ほどの見開きの対比もそうですが、数行に及ぶようなモノローグは用いず、ああいった表情の変化とコマの時間経過によって心情を表すような形。この描き方は劇中の随所で取り入れられているように見えて、それがすっごい好きです。

 中でも特に、76、77ページの見開きが、シチュエーションといい、瞬間の無音感といい、個人的には最高すぎてニヤニヤが止まらないんだけど…………あ、というかもうそろそろ、自分、自重しないで叫んでいいっすか?

 

目覚めた心は走りだした

f:id:ornith:20151022172615j:plain

表も裏もあるように見えて根っこにあるのは実は純粋な想いひとつで思春期特有の不安定な自分の感情の行き場と扱い方を持て余しながらも互いに徐々に歩み寄っていくかわいい女の子同士のどきどきもやもや恋愛模様とか最高か!!!!

 

 ――うむ、つまりは、そういうことだ。

 

 まず前提として、僕はこれまで、いわゆる「百合漫画」は嗜んでおりませんでした。好んで読む「恋愛モノ」と言えば当然のごとく異性愛が語られるものであり、男性同士・女性同士の恋愛模様が核となる作品はほとんど読んだ記憶がござらぬ。

 強いて言えば、二次創作で時たま目にする「友情以上恋愛未満」なカップリングは好物だったけれど。男女に関係なく、同姓同士の性的交渉に発展しない程度の関係性は好き。相棒への強すぎる想いを持て余しつつも、互いに付かず離れずであり続ける感じ……尊い……。

 

 ……まあね? 過去には「ロイエド」「レグリ」といった男性CPをうっかり目にしてしまった結果、「あれ? 意外といけるやん?」と読んでいた時期もありましたけどね?

 ぶっちゃけ、性行為に及ばなければ普通に読めるんです。強すぎる友情が恋愛じみた関係に発展しても、おかしくはないんじゃないかと。仲の良い同姓コンビが、別の相手との人間関係に嫉妬している様子を見て湧いてくる感情は、純粋に「かわいい」という、それだ。

 そういった下地的なものはあったので、今回、その「百合漫画」にはっきりと分類される作品として初めて手に取った『やが君』を読み終えた感想としても、とにかくもう「最高か!!!」の一言で絶賛できるわけでございます。かわいい。きゅんきゅんする。尊い。

 

 そんなこんなで、自分にとって初の「百合漫画」となった本作は、間違いなく新世界を切り開いてくれたのでありました。もうね、読み終わって速攻で再読するだけでは飽きたらず、3周目にまで突入した漫画なんてほとんど記憶にないっすよ。それくらい。

 1巻は出会った2人の距離感の調整に終止しているという印象だったけれど、周囲のキャラクターもちょいちょい本筋に関わってきそうな気配があるし、そもそも2人の言う「特別」が実は別種のものである気がしてならないので、とにかく先が楽しみでハゲそうです、はい。

 あ、もちろん自分は素人読者に過ぎませぬゆえ、「お約束」の類は全く把握しておらず、好き勝手に書いているだけですが。すみません。これをお読みの先輩方、おすすめの百合作品などありましたら、もし良かったらご教授くださいませ。やがて沼になる。

 

© 2015 Nakani Nio/KADOKAWA

関連記事