ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

美味しい玉子焼き食べる会!鎌倉でだし巻き卵と日本酒を味わう週末

f:id:ornith:20150621153029j:plain

 “はてなブログ界のグルメウォーカー” こと、Takiid:s06216toさんに誘われて、鎌倉へ行ってまいりました。ふくろくんid:Chachapoと自分も合わせた男3人で、週末お昼すぎの鎌倉をぶらぶらと散策するだけの半日。題して、「美味しい玉子焼き食べる会」

 

出汁巻卵に魚もおすすめ。鎌倉「達や」の和食が美味しかった。 - ウォーキングと美味しいもの

だし巻き卵と聞いて飛んできました。

2014/12/12 17:54
日本酒好きには堪らない。鎌倉の裏道に隠れた美味しくて落ち着く素敵な蕎麦屋さん。 - Taki blog

だし巻きだー!だし巻きだー!だし巻きだー!

2015/06/07 12:23

 

 過去、Takiさんのブログに「だし巻き卵」が登場するたびにコメントをしていましたが、決して “フリ” ではありません。

 ……違うんです! たしかに、友人と居酒屋に行けばいつもみんな何も言わずにだし巻き卵を注文して僕の前に出してくれるけれど、そこまでだし巻きジャンキーじゃないんです! ただちょっと、だし巻き先輩を見ると他の卵料理よりも興奮して胸が高鳴り身体は火照り呼吸が苦しくなり「……ふんわりじゅーしぃいぃぃぃいいぃいぃいい!!」と今宵、僕たちは友達のように歌っちゃうだけなんです! ――DASHIMAKI NO OKAWARI。よろしく。

 

喧騒は遥か遠く、路地裏にて緑風に癒やされる

f:id:ornith:20150621153027j:plain

 まず、Takiさんに誘われるままやってきたのが、こちらの『枝村園』さん。

 人混み溢れる小町通りから一本脇道に入った突き当たりにある、 “隠れ家” 的な日本茶専門店です。静岡茶の量り売りをしているというお話で、「掛川茶ですね!」とドヤ顔で眺めていたところ、よく見たら宇治茶でした。すみません。

f:id:ornith:20150621153026j:plain

 お店の脇には小川も流れ、緑豊かで静穏とした空間。通りからさほど離れているわけでもないないはずなのに周囲の喧騒は全く感じられず、聞こえるのは風や葉や水の動く自然音と、ご近所の生活音がたまに耳に入るのみ。

 快晴で暖かな日差しも降り注ぐ週末の日中にありながら、 “観光地” としての鎌倉とは隔離された、清涼感あふるる場所がそこにはありました。最高か。

f:id:ornith:20150621153025j:plain

f:id:ornith:20150621153024j:plain

 物腰穏やかな店主さんが運んできてくださったお抹茶と甘味も、その場所に最適の涼やかな一品。密度が高く味わい深い寒天には小豆が入っており、見るだけでも楽しめるかわいらしさ。冷たいお抹茶もすっきりした後味でごくごく飲める。――夏ですねえ。

 2人、まったりと雑談をしていると時間もゆったりと過ぎ、もうこの時点で「最高の週末か!」と大満足していた自分。あまりの癒やされっぷりと素敵空間っぷりに、日頃の仕事で消費していたMPをそこだけで全回復したような格好。エルフののみぐすり。

 

そば、だし巻き卵、天ぷら、さつま揚げ、明太子の燻製、日本酒

f:id:ornith:20150621162708j:plain

 お次に訪れたのが、本日のメインスポット。「蕎麦がおいしく、だし巻き卵が食べられ、日本酒も飲めて、他の料理もぜーんぶ美味の隠れ家店舗」という、「飲食店の魅力、全部乗せか!」と言わんばかりの、Takiさんおすすめの一店。

 途中、ふくろくんも合流して、男だけの飲み会(週末昼@鎌倉)の開幕である。理想の週末は、ここにあった。

f:id:ornith:20150621163419j:plain

 並んでいた日本酒の銘柄が見事に何ひとつとしてわからなかったので、おすすめのおつまみも合わせて、注文は全て丸投げでござる。名前のインパクトも相まって、「七本鎗」が美味しかった! あとは、ご主人おすすめの「鳩正宗」。ちぃ、覚えた。

 桜えびの天ぷら、さつま揚げなどをモグモグしつつ、中でも特に最高だったのが、たらこの燻製。いやね、もうね、蕩けるような舌触りと香りと味とが新感覚すぎて異世界を覗きこんだような気分。これ、我が家に欲しい。日本酒と最高に合う。それは新たに知った、良い世界。異世界だけに。

f:id:ornith:20150621153029j:plain

 で、本命のだし巻き卵です! だし巻き先輩です! 卵料理の頂点に君臨する卵の神です! ふわふわとろとろのあま〜いのも良いけれど、あっさり味付けかつジューシーなシンプルだし巻きも神卵です! でも、別の料理をやたらと付け加えるのはやめてください!

f:id:ornith:20150621153028j:plain

 こちらのだし巻き卵を一言で表すならば――その半分は、きっと「優しさ」でできていた。

 居酒屋のだし巻きと言えば、どちらかと濃いめ・甘めの味付けが多い中、今回いただいた卵は非常にあっさりとした甘さ。出汁が染み込み滴るふんわりジューシー具合。ネギを乗せれば “すっきり” が加わり、より一層最強に見える。

f:id:ornith:20150621153030j:plain

 そしてそして、締めのおそば、鴨せいろでござる!

 締めのラーメン、締めのパスタは過去に食べたことがあっても、「締めの蕎麦」は初体験。これが、さいっこうにイケる。 “締め” と言いつつ、日本酒をちびちび飲んではいるものの、こちらでも麺つゆが濃い味ながら優しい。

 ――なんだこれ……さっきから鎌倉の優しさに包み込まれて溺死しそう。目にうつるすべてのことはメッセージなんだよ?

 最後の一口は、せつない。ごちそうさまでした(昇天)

 

報国寺の竹林とダンボーと/鎌倉ぶらり散歩ダイジェスト 

f:id:ornith:20150621153031j:plain

 続いて「おすすめ!」ということで訪れたのが、 “竹の寺” として有名な『報国寺』。境内に入ってすぐに目に入る庭園からして、すでに雰囲気抜群、緑を基調としたサンクチュアリなんですが……!

f:id:ornith:20150621153032j:plain

f:id:ornith:20150621153033j:plain

 ちょうど見頃を迎えている紫陽花と、苔むした石灯籠の重厚感が対照的でおもしろい。たまらん。

f:id:ornith:20150621153034j:plain

f:id:ornith:20150621153035j:plain

 本寺院の見どころたる竹林はもちろんのこと、その奥には小休止できる茶屋があるという素晴らしさ。今回は残念ながらお茶のほうはいただけませんでしたが、人の少ない時間帯に来て、竹林を眺めながらゆっくりできたら素敵ですね。

f:id:ornith:20150621153036j:plain

f:id:ornith:20150621153037j:plain

 うちの子も大喜び。かわいい(かわいい)。

f:id:ornith:20150621153038j:plain

f:id:ornith:20150621153039j:plain

 (´-`).。oO(緑一色の苔を目にすると「ジブリっぽい」という感慨が浮かぶのは、『トトロ』による印象なのか『もののけ姫』のイメージなのか……)

f:id:ornith:20150621171457j:plain

f:id:ornith:20150621173052j:plain

 その後、荏柄天神社と鶴岡八幡宮をちょろっと覗いて、ぶーらぶら。

f:id:ornith:20150621171501j:plain

f:id:ornith:20150621171500j:plain

 最後は『ミサキドーナツ』で疲れた足を休めながらおしゃべりを楽しみ、暗くなるちょっと前くらいに解散しました。このドーナツもね、疲れた身体に柔らか生地としっとりクリームが染み渡ったのですよ……。

f:id:ornith:20150621171502j:plain

 そんなこんなで、はてなブロガーでもあるお二人と久しぶりに会って話もできて、最高に楽しく充実した週末を過ごすことができました。企画してくださったTakiさんに感謝! 機会があれば、またこうした集まりができればいいな。うふふ。

 

関連サイト

関連記事