ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

「大学を卒業して社会に出てから勉強する気がわいてくる」病

http://www.flickr.com/photos/53064522@N00/6445708833
photo by BONGURI

 

 あー、っべーわー。
 今の俺、めっちゃ勉強してーわー。
 学びの心が高ぶりすぎて飛んでっちゃいそうだわー。
 俺のSoulが二宮金次郎像とJoinしてFly Awayするわー。

 

 学生時代は際立って勤勉というわけではなく、ほどほどに学び、ほどほどに遊び、平均程度の成績を最低限に残していたような、平々凡々な大学生。中堅私立文系大学ということもあって講義もユルく、一度も講義に出ない不真面目な学生でも楽に単位が取れてしまうような環境下。

 実際、友人にも、ギリギリでいつも生きていた(単位的な意味で)ような人がちらほらいた。……KAT-TUNかな? いやもちろん、他方ではちゃんと真面目に出ている人や、自分の関心分野に関してしっかりと勉学に励んでいる人も少なからずいましたよ。

 

 しかし、そのような学生時代の各々の「勉強」に対するスタンスとは関係なく、社会に出て働いている彼ら彼女らと久しぶりに会うと、みんな思い思いにやってるんですよ。「勉強」を。

 仕事とは関係のない学問方面を学び始めていたり、芸術関係の知識欲に目覚めていたり。なにがあった。どうしてそうなった。根が真面目な人ばっかというのは知っていたけれど、みんな揃って働きながら「勉学」に励みつつ、口を揃えてこう言うのですよ。「学生時代、もっと勉強しておけばよかった」と。

 僕自身も入社1年目はひぃひぃ言いながら働きつつ、週末は学生時代以上に本を読んだり、ペン字の通信教育を受講したりしてFly Awayしていたのだけれど、どうしてそうなる人が少なからずいるんだろうか。なんで学生時代に取り組めなかったんだろうか。

 

「横並び」と「同調圧力」からの解放?

 自分の通っていた大学は、おそらくネットでのひとつのイメージとしてある「ウェーイ」系とはちょいと異なる、生徒全般がおとなしめの印象が強い学校でした。とは言っても、大学以前から「学校」という環境下でたびたび見られる、「目立っちゃいけない感」はありましたが。

 同じ学部内で友人を作るのであれば、どこかのグループに入り、 “許される” 講義中にはヒソヒソと雑談に勤しみ、互いに “協力” して単位を取ろうという雰囲気。表立ってどうこう言われることはないけれど、大きな教室で一番前に座って真面目に一人で聴講している学生は、自然と目立つんですよね。教授からしても「当てやすい」対象だし。

 

 立ち回りのうまい人であれば、重要な講義に関しては友人の輪から外れて学びつつ、他ではグループに入って聴講、もとい雑談に花を咲かせるような人もいたり。他方では、学部内での関係性には重きを置かず、ほどほどの距離感の知り合い&友人がいればそれで満足しているような、僕のような層もそこそこいたようですが。

 何はともあれ、そこには一種の「同調圧力」的なものがあったように思う。絶対的に強制されるものではないけれど、友人と仲良く「花のキャンパスライフ」は送ろうとするのであれば、勉学に対する若干の「不真面目さ」を持って、同期との「付き合い」を重視しなければならない文化。これって、別に大学に限ったものではないのかも。

 

 要するに、とてもじゃないけれど、「勉学に集中できる環境にはなかった」という話。もちろん、それを選択するのはその人の問題だし、実際に勉学一本に励んでいる人もいたので、環境を理由にするのはどないやねん、という指摘ももっともなのだけど。

 でもその後に控えている就職活動では、「コミュ力」だの「サークル活動」だの何だのが必要になるということで、どこに比重を置けばいいのか、うまくバランス感覚を保てていなかった人も多いんじゃないかと思う。

 

 ゆえに、就職後の「勉強意欲」は、ある種の反動なのではないかと。それまでは「横並び」に勉学と友人関係を考慮しなければならなかった(と思い込んでいた)環境から解き放たれ、「よっしゃー!勉強したるわー!」という謎の使命感に突き動かされる格好。

 二宮の金さんはやれやれ顔で呆れているかもしれないけれど、「生涯学習」なんて言葉もあるくらいだし、学び始めるのはいつからでも遅くないのです。れっつすたでぃー。……なう?

 

「知らない」を知ったから?

 冒頭でなんとなく大学の話から始めたので、なんとなく大学と結びつけてみましたが、実際はそんな「同調圧力」なんて代物や個人の選択なんてものはなく、単に「社会」という環境に触れたことによって「勉強せねば!」と意識するようになった、というのもよく聞く話。

 それまでの「学校」という空間では「先輩後輩関係」なんてものがあったけれど、そんな数年程度の年齢差なんて誤差レベル。会社に入れば、親父お袋と同い年かそれ以上の上司・取引先とのやり取りが日常になるし、別に組織に所属していなくとも、稼ぐためにはさまざまな人との付き合いが必要になってくる。――基本的には。

 

 そこで知らされるのは、「びっくり!僕って、こんなにおバカさん!」という “青さ” 。単なる知識量やコミュニケーション能力の問題ではなく、世に数多存在する “オトナ” とは、明らかに異なる「経験」の格差。そこで、自分が「知らない」ものを知り、その差を少しでも埋めるべく、「学ぶ」ことの動機付けとなる流れでござる。

 今となってみれば、学生時代に精力的に活動していた人と、していない人の違いって、ここにあるんじゃないかと思うのですよ。そりゃあ中には明確に「やりたいこと」があって、それに専念していた人もいるけれど、一方では自分の「知らない」を既に自覚していたことで、その空白を埋めるために動き回っていた人もいるのではないかと。というか、いた。

 改めて考えてみると、やたらと各所で重視される「経験」っていうのは、ある事象をその身で「知る」ことじゃなくて、その前提として “「知らない」を知る” という「体験」から始まるのだなー、と。自分がアホだと自覚している人は、強いのです。

 

もしかして:現実逃避

 かたや、あまりに仕事が忙しすぎて、「現実逃避」のために強迫観念的に勉学の道を走っている人もいそう。激務過ぎてヤバい。休日もろくに休めない。趣味をやっていても心が落ち着かない。そうだ、勉強しよう。みたいな。おそろしいおそろしい。

 趣味をやっていても息抜きにならないのは、それが「無駄」だとわかっているから。ソシャゲーをポチポチしたところで得られるのはレアなデータくらいだし、あまり心を動かされる創作物に触れるとかえって精神的に疲れるし、身体を動かす趣味なんてもってのほか。

 

 そこで、「将来的にどこかで役立つかもしれない……!」という「勉強」にシフトするのです。それが確かに役立つ可能性のあるものである以上は無駄だとは思えないし、休日の過ごし方としては有意義だと思う。健全かどうかは、その人の精神状態にもよると思うけれど。

 ただ、そこで即効性を求めて、胡散臭い方の自己啓発書や、あまり為にならなそうなビジネス書に走るのはちと怖い。どれとは言いませんが、 “そういう類” の本は少なからずあると思うのです。そりゃ、何が誰の役に立つかなんて、読んでみないとわからないけれど。

 

 そんなわけで、「現実逃避」的な勉強意欲は、もしかしたら赤信号なのかな、と。人のやり方にケチ付けるつもりはありませんが、せっかくの意欲は前向きに持っていたいし、自分の成長がわかるような学び方をしたいよね。知識が身についていく過程だとか、物事が理解できるようになっていく実感ができる、わかるような形。

 その時々の興味関心によって、五月雨に知識の “つまみ食い” をしていくのも悪くない。働いていれば、計画的に勉強を続けるのも難しいと思うので。けれど、それとは別に、それとなくゴール地点や目標設定をした上で、継続的に「学び」を続けていくのも良いんじゃないかな、とふと思いました。それまでの学校生活でできなかった分、自分の「気になる!」を、自由かつ徹底的に。

 

 二宮の尊ちゃんも仰るように、 “大事を成さんと欲する者は” なんとやら、です。

 

 

関連記事