ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

20代男子が初めて「街コン」に行ったら、ドン引きされた話

f:id:ornith:20160308181244j:plain

 入社1年目の夏、会社の先輩に連れられて、「街コン」に参加したときの話です。

 

 街コンは、街ぐるみで行われる大型の合コンイベントである。一般的な合コンと異なり、参加者は少ない場合でも100名以上、規模の大きいものでは3000名弱にもなる。同性2名以上で1組となり、開催地区の定められた複数の飲食店を廻る。各店舗でリストバンドなどの参加証を呈示することで、制限時間内であれば定額で飲食が可能という内容で開催されるものが多い。

 

 終わってみれば、楽しかった。けれど同時に、「もう生半可な気持ちで参加してはいけない」と心に刻みました。アレにノリで参加してはいけない。――狩られる。

 

スポンサーリンク
 

 

先輩方は街コンがお好き

f:id:ornith:20160308180859j:plain

 ある日のこと。仕事を終えて会社の外に出てみると、先輩たちがシモの話をしていた。男だらけの体育会系の職場。やはりそっち系の話は非常に盛り上がる。

 パチンコやテレビの話には入れない僕だけれど、そっち系ならばっちこーいである。これでも、男子校出身。ゲスい話はそこそこ好きだ。自身の経験は少ないが。

 

 そのなかで「街コン」の話題になった。一人の先輩が街コン好きで、かなり頻繁に参加しているらしい。時には、ほぼ毎週末行くこともあるそうな。すげえ。彼に連れられて、他の先輩たちも一緒に行くこともあるという。

  街コン。なかなかに甘美な響きだ。少しチャラい系の印象もあったが、噂には聞いて楽しそうだなーと思っていた。大学に4年間いながら一度も合コンの参加経験のない残念男としては、ある種の憧れもあった。でも一方では「大規模なオフ会」というイメージも。オフ会なら分かるよ!

 そんなことをぽけーっと考えていると、先輩に「行くか?」と誘われた。腐っても社会人、先輩の誘いは断れぬ。それ以前に、まだピッチピチの新入社員。モチベーション高く「何事も経験!」を信条にしていた僕は、その場で「はいっ!!!!」と無駄に元気な返事で応えたのだった。

 

いざいざ、街コンへ

 僕が参加した街コンは、同性2人1組のペア参加で、複数店舗を自由に行き来するという、スタンダードな形式だ。年齢制限は失念してしまったが、確か40歳未満だったような。いや、35歳未満かな? 忘れた。

 まずは指定された店舗で受付をし、男女のペアごとに着席。開始の合図と共に乾杯、はじめの30分はその店内のみで交流し、その後、好きなお店に繰り出して行くという流れだった。

 

 街コン当日。電車の遅延によって、僕らは遅刻した。なんという幸先の悪さ。なんとか少しの遅れで店に到着し、受付を済ませたはいいが、女性ペアのキャンセルがあったらしく、先輩方と僕を合わせた4人で同じテーブルに。ただの会社の飲み会じゃないですかこれー!

 周囲を見れば、どこのテーブルも既に良い雰囲気。「おいくつですかー?」「どちらから来られたんですかー?」「ご趣味はー?」などなど。思わず、「ちくしょう! 合コンか!」と心の中でツッコんでしまったが、そういえば合コンだった。

f:id:ornith:20160308180830j:plain

 「これはヤバい」と焦る先輩方は、作戦会議に突入。移動時間になったら薄暗くておしゃれっぽい店舗に速攻で乗り込み、女性ペアが来るのを待ち受けることにするようだ。僕は初めてなので、全て先輩の心のままに。……うむ、ビールがうまい。

 

ここからが本番だ

 時間になるやいなや、先輩方と共にそそくさと移動。

 ドラクエのマップ移動のごとく、先輩方の最後尾を着いていく自分。主人公でもハッサンでもテリーでもない。僕はきっと、チャモロだ――って、なに言ってんだこいつ。

 乗り込んだお店は、店内の至るところからシャレオツな雰囲気を醸し出している居酒屋だった。バーではない。こういうの、なんて言うんだっけ。エキセントリック少年……じゃなくて、エキゾチックジャパ……でもなくて、ええと。まあいいや。

THE GREATEST HITS OF HIROMI GO VOL.2 -Ballads-

 一行は、店の最奥のテーブルに落ち着いた。テーブルの一辺に4人。僕ら男ペア2組が、女性ペア2組を待ち受ける格好である。どんな人が来るかなー。黒髪ロングのかわいいおねーさんがいいなー。うふふふふ。

 程なくして現れる、2匹のモンスt…じゃなかった、2人の女性。20代後半くらいかしら。少しケバい印象を受けるけれど、普通の大人のおねーさん、という印象。「どうもはじめましてー☆」とハイトーンで言いながら着席。僕と先輩も「はじめましてー☆」とトーンを上げて応対。

 ――さあ、戦闘開始だ。どきどき。

 

わけがわからないよ!

f:id:ornith:20160308180850j:plain

 まずは、お互いに軽く自己紹介。「僕ら、会社の先輩後輩なんですよー☆」と話せば、彼女らも「へー! 私たちもそうなんですよー☆ うふふふふー☆」とのこと。

 「お仕事はどんなー?」「こういうことやってるんですー☆」「大変そうですねー!」「いえいえーそちらもおきついでしょー☆」などと、毒にも薬にもならない会話が続く。……っていうか、なんだこれ。会話に降り注ぐお星さま。流星群か。

 しばらくして、年齢の話題に。

 

質問者の写真
(そろそろあの質問が来るか……!)
解答者の写真
あたしたちいくつに見えますー?
質問者の写真
(来た!)うーん、20代後半くらいですかー?
解答者の写真
いえいえー☆ これでも30代ですよー☆
質問者の写真
(よし!正しい返答ができたっぽいぞ)
解答者の写真
お兄さんはおいくつですかー?
質問者の写真
ふっふっふ、いくつに見えますー?
解答者の写真
えーっと、28歳くらいですかー?
質問者の写真
ぶっぶー!まだ22歳でーs
解答者の写真
「「えっ」」
質問者の写真
(……えっ??)
解答者の写真
え? 22歳? え? うわー、ドン引き……
質問者の写真
(ななななぜ僕はドン引きされているのでしょう)
解答者の写真
さすがに、22歳はびっくりだなー……
質問者の写真
(え? そうなの? びっくりされるほどにヤバいの!?)
解答者の写真
あ、ごめんね? 深い意味はないよ? 若くていいわねー
質問者の写真
あ、あははははー(なにこれこわい)

 

 

 ――というやり取りがあったものの、しばらくすれば普通の雑談に元通り。僕は訳がわからずびくびくしながらも、先輩たちとおねーさんの会話に参加しておりました。

 そして、おねーさんAがお手洗いに行こうと立ち上がったとき、先輩からこっそりと「(移動しよう)」の合図。「じゃあ僕たち、食べ物取ってきますねー☆」と話す先輩と共に、店の外へと退散したのでありました。「にげる」コマンドですね、わかります。

 

まちこん、こわいです

f:id:ornith:20160308180912j:plain

 先輩の仰ることによれば、彼女らはドン引きしたのは「本気で来てる」からだろう、との話でした。いわゆるガチ勢。食うか食われるかの世界に、若くてフレッシュな老け顔男子がいることが気に食わなかったんだろう、と。……え、これ、泣いていいですか?

 30代に差し掛かった街コンの参加者たちの多くは、男女関係なく、あらゆる意味で、「本気で」来ているそうだ。それこそ、若い層がドン引きするくらいに。その街コンの年齢層が高かったのかどうかは知れないが、そこで会った彼女らにとっての「異端」だった僕は、ドン引きされてしまったらしい。うへえ。

 

 ――甘かった。
 単なる出会いの場、いろんな人と飲める場、と軽く考えていた僕が悪かった。

 

 彼女らにとっては、街コンこそが闘いの場。将来を決定づける、運命の分岐点だったのだ。そんな一世一代の勝負どころに軽い気持ちで足を踏み入れてしまったがゆえに、僕は痛い目を見ることになってしまったのだろう。

 彼女らにドン引きされ、次の店でも別の30代の女性と震えながら話すことになった僕は、その場で決めた。――もう、街コンには行くまい、と。

 

その後の話

f:id:ornith:20160308180929j:plain

 街コン開始から1時間も経たずして、ある種のトラウマを持ってしまった僕。しかしその後、後半に一緒になったペアが、歳の近いおねーさんたちだった。確か2~3歳上くらいだったはず。嘘をついていなければ。

 「彼氏と別れたばっかで、出会いを求めて来た」らしい彼女ら。控えめに言って、かわいい。先輩も含めた僕らと意気投合し、街コンの閉幕後、二次会として一緒に飲みに行くことになった。

 

 なんやかんやと、結構遅くまで飲んで騒いだ。「構ってもらう」のは割と得意な僕。「後輩みたいでかわいいー☆」と、かわいがってもらった。……あらやだ、街コン楽しいじゃない(ちょろい)。

 先輩2人が酔い潰れたころ、「そろそろ終電が」とのことなので、もう1人の先輩とお店の出口までお見送り。そこそこ気に入られたのか、「携帯教えて!」と言うので、口頭で伝える。メモってもらい、その場でお別れ。おつかれさまー。ばいばーい。

 ところが、先輩と2人で「かわいい子でしたねー」とほっこりしながら部屋に戻ったところで――気付いた。

 

「あれ?そういえば代金、もらってなくね?」

 

 そうなのだ。考えてみれば、先輩が酔い潰れて、トイレに行ったタイミングで、彼女らはそそくさと荷物をまとめて準備をしていた。「やられたああああああ」と叫ぶ先輩。……そうか、そういうことなのか。

 やっぱり、まちこんは、こわい。まあチェーン店だし、2人分くらいいっかーとも思わなくはないけれど。ううむ、女子ってすごい。たくましい。僕も彼女らくらいに強くなりたい。ドン引きされても泣かないために。

 

 ――以上が、僕の初めての街コンの体験談となります。

 

 とりあえず、次の機会があるとしたら20代限定にしようと、そう心に誓いました。大手ではあるけれど、地域別・年代別で選べる【 街コンジャパン 】が、なんだかんだで一番安定しているという結論。年上おねーさんこわい。

 あと、年上おねーさんの様子を見ていて、ふと思ったのですが……本気で結婚を目指した出会いを探しているのなら、「街コン」よりも「婚活」のほうがいいのでは……?試しに検索してみたら、書いてありましたよ? 「エン婚活なら -本気の婚活- 始められます」って……。

 

 というわけで、「自分の目的に会った『出会い』の場に参加しようぜ!」という結論でした。具体的には、以下のような選択肢が挙げられると思います。

  • 恋人・友人探しなら、地域別・年代別で選べる【 街コンジャパン
  • 結婚相手を探すなら、毎月6人の紹介が保証されている【 エン婚活 
  • 広いジャンルから、気の合う異性を見つけたい人は【 ゼクシィ縁結びPARTY 

 僕のように “ドン引き” されないよう、特に若い方は要注意! どうか、あなたに素敵な出会いがありますように……。

 

関連記事