《2020/4/19〜20》春とお散歩、〆切と引きこもり

f:id:ornith:20200421001207j:plain

 今日(月曜日)はスーパー引きこもりデー。

 1歩たりとも家から外に出ることなく、完全に自宅オンリーで過ごした1日だった。……などとこうして日記を書きながら思い出す。「引きこもった日は、せめてリングフィットアドベンチャーで運動する」つもりだったのに……! 完全に忘れていたでござる。時間は0:00過ぎ。さすがに遅すぎる。

 月曜日ということもあり、仕事関連の連絡も多いだろうと思いきや、意外にもそんなこともなく。メールやチャットに遮られることもなく、今日が締め切りの原稿2本を仕上げるために、午前中からせっせとパソコンに向かっていた1日でございました。

 ――念のため補足しておくと、原稿自体はすでに書き終わっておりましたので。アレです! バババーッと書いた原稿を寝かせたうえで、最後に品質を高めるための校正を加えて提出した格好です! 何度も見直すのはたいせつ、超たいせつ。そもそも納期が短いイレギュラーな依頼だった、ということもありますが。

 そんなこんなで月曜日から完全引きこもりおじさんとして過ごしていたわけですが、その前日、日曜日は外に出てとっとこ歩き回っておりました。今日はそこそこ冷え込んだけれど、過ごしやすいポカポカ日和だった週末。今回は人の多い駅前を避けて、住宅街をぶらぶらーっとお散歩してきた格好です。DQWしながら。

 日曜日、晴天、暖かい春の陽気――という3要素がそろえば、そりゃあ当然、外に出てくる人も多いもので。

 お昼すぎから夕方にかけては、ラフな格好をした老若男女がとっとこわっしょいキャッキャウフフと自由気ままに過ごす光景が見られました。うーん……大丈夫なのか……と自分を含め思わなくもないけれど、公園で密集しているわけでなし、距離を保ちつつ各々が歩いているので、まあセーフ……なのかな。

 やたらと青く感じられる空を見上げつつ、足元に目を向ければ色とりどりの花々が鮮やかに咲き誇っていて、全身で「春」を感じることのできた日曜日。もちろん人との接触は避けなければいけないし、意識するべきことは多いけれど……それでも、そうやって「季節」を感じる営みは、やっぱり僕らの日常に必要だと思うのです。

 

関連記事