ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

ロードバイクを買ってルンルン気分で多摩湖まで走ったらケツが死んだ

f:id:ornith:20161016154714j:plain

 慣れないチャリに乗ったら、ケツが割れた。なんてこった。
 でも、ケツの割れ目以上のものは得られたから問題ない。たのしい。

 

初めてのロードバイクで走る道行きは、家までの約15km

 自分の自転車遍歴は上記記事で書きましたが、ロードバイクを買って、実際にどこを目指し、どの程度の距離を走るかは考えていなかった。とりあえずは普段使い、都心で用事があるときに乗るようにして、交通費の節約+程よい運動になったらいいなー……くらいの感覚だった。

 しまなみ海道の75kmを過去に何度か走った経験はあったので、「自分の体力で無理せず走れる距離」のイメージは掴めている……と思う。50kmを超えると厳しくなるけれど、ひぃひぃ言いながらも、なんとか完走できるくらいの体力は今もあるはず。ただし、ケツは死ぬ。

 

 実際、ロードバイクを購入した当日も、15kmほどの道のりをチャカチャカとペダルを漕いで帰宅。体力的には問題なかったと思う。サドルに関しては「過去に乗ったクロスよりも固いなー」と、ハンドルは「前傾姿勢にまだ慣れないや……」という感覚はあったものの、一応はOK。

 それよりも、家路を急ぐ車であふれる夕方の幹線道路がマジで怖い。ただでさえ混雑している車道、運転手さんのフラストレーションがたまっているのは自分の経験からも予想がつくし、そんなところをおっかなびっくりロード初心者が走るのは避けたいところ。

 

 結局、ロードバイクのスピード感にまだ慣れていないということもあり、歩道をなるべく徐行するような形で、えっちらおっちらとキコキコ漕ぎながら帰宅したのでした。

 途中、交通量の少ない道路で加速し、「なにこれめっちゃ進むうううぅぅぅ!?」と感動もしたけれど、数秒後には「これ、調子に乗ると事故るやつだ……」と冷静に。ほどほどの速度で、初めてのロードを楽しみながら帰った格好です。購入当日に事故とかシャレにならんぜよ……。

 

初めてのサイクリングは、往復で約30kmの多摩湖へ

 そんなこんなで初めてのロード体験を終えて、無事に帰ってきた翌日。「天気が悪くなる前に走らにゃ損やで!」と、どっかその辺をぶらっと走ろうと思いたちまして。 

 家の近くにサイクリングロードがあるでもなし(多分)、かと言って、乗用車を運転するにもいまだ怖く感じる都心部の密集地を目指し、慣れないスポーツバイクを走らせるのも考えもの。

 どこか近く――自分の距離感覚で考えると、10kmじゃ物足りない……でも50kmオーバーになると疲労困憊でくたばりかねない……ので、その中間。往復20〜30km程度で行ける、良いスポットはないものかしらん――と、ネットであれこれと検索してみたのです。

f:id:ornith:20161016154507j:plain

 ――というわけで、東京・東大和市は多摩湖まで、チャリを走らせてきた。

 

今まで行けなかった「ちょっと足を伸ばせば行ける」ところまで

f:id:ornith:20161016152511j:plain

 多摩湖こと、村山貯水池。思い返してみると、すぐ近くにある西武ドームと西武園ゆうえんちは所沢在住時代にチャリで訪れたことがあるのに、こちらまでは足を伸ばしたことがなかった。

 おそらく、純粋に「当時はわざわざ湖へ行こうとは思わなかった」という理由がひとつと、「徒歩で向かうにはちょっと遠いから」という立地の要因も大きかったように思う。西武ドームとは比較にならないほど広大な湖、歩くのは大変だし、駅から離れていて足を運ぶのも面倒だ。

f:id:ornith:20161016154112j:plain

 今回、その「ちょっと遠い」を縮めてくれたロードバイクは、改めて、乗り物として非常に優れているように感じた。「別にママチャリでもええやん」って言われると……まあそのとおりなんだけど、「速く、快適に、長距離を走れる」という部分で、やっぱりスポーツバイクは魅力的。

 高校生のころ、朝霞から上野までの往復約40kmをママチャリで走ったことがあったけれど、いろいろと悲惨だった覚えがある。ざっくりと言えば、普段から部活で鍛えていた高校男児(当時)が、数日単位で下半身全体の筋肉痛に悩まされるほど。練習がない時期で、本当によかった……。

f:id:ornith:20161016155612j:plain

 それに引き換え、準備もなしに「とりあえず走るべ」とノリでサイクリングに出かけようとする運動不足のアラサー男子を、かるーく30kmも運んでくれるロードバイクの快適さときたら! 

 道中、道に迷うことはあっても、疲労困憊で長時間にわたって行動不能になるようなことはなく、行き帰りはそれぞれ1時間ほどで問題なく走破。到着した多摩湖では、周囲のサイクリングコースをぐるっと楽しみながら走ることまでできたのでした。すいすいすすむよ! たのしい!!

f:id:ornith:20161016155743j:plain

f:id:ornith:20161016160948j:plain

 街中とは異なり、歩行者と自転車とでしっかりと道が区分されているサイクリングロードは、自分のような初心者にも優しい素敵スポット。

 しかも本日は晴天なり。暑くもなく寒くもなく、ちょっと力を入れて漕ぐと汗ばむくらいの陽気のなか、風を切って走るのは、控えめに言って最高だ。

f:id:ornith:20161016162206j:plain

f:id:ornith:20161016163616j:plain

 陽の暮れる時間には多摩湖をあとにして、別ルートの帰り道でも迷いつつ、それでも大きな問題は起こらないまま無事に帰宅。初めてのスポーツバイクでのサイクリング、大満足でござった。

 ただし、やはりと言うか案の定――ケツが死んだ。しまなみ海道を渡ったときほどキツくはないものの、2日連続の慣れない運転と固いサドルは、確実に我がケツを侵食していたのであった。おぱんちゅとズボンのあいだにタオルを仕込んでいったけど、気休め程度にしかならなかったお……。

f:id:ornith:20161016234810j:plain

 手元のサイクルコンピューターで見ると、この2日間で56kmほど走っていたらしい。初心者としては長いのか短いのかわからないけれど……しばらくは自分のペースで、楽しく走りながら慣れていけたらいいな、と思います。徐々に距離も伸ばしたい。

 そして目指すは、月の電車賃を半分に! セールで買ったとはいえ、自分としては過去最高金額のお買い物になったので、口座の残高がヤバいんです……稼がなきゃ……お仕事ください……あ、でもまずは、ケツショック対策をしないと……あとサドルバッグも欲しい……出費ががががががg

f:id:ornith:20161016162641j:plain

 何はともあれ、これからよろしくね。
 次のお休みは、どこへ行こうかな。

 

 

関連記事