ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

自分が購読しているウェブサイト・メディアをまとめてみた

 ども。今日も今日とて、インターネットをぷかぷかと漂っている僕です。

 

 自由気ままに“ネットサーフィン”をするような機会は減ったものの、日常的にインターネットに触れている僕ら。最近はニュースアプリも数多く登場しており、単純な「利用者数」「読者数」で見れば、一部のアプリやメディアに集中している現状もあるとかないとか。

 でもその一方では、膨大な数の中堅メディア・ブログが跋扈している事実もあると思うのです。わざわざRSS登録したりブックマークしたりするまでではなくとも、Twitterのタイムライン上でリンクをよく見るようなサイト。“レイバンのサングラス”云々、ではない。

 「目に入ったら見る」くらいの感覚でも、情報源としてたびたびお世話になっている人も多いのではないかというサイト群。その中から、自分がRSS登録して購読しているウェブメディアを、ざっくりと(一部)まとめてみました。割と偏ってます。

 

 

DOTPLACE

f:id:ornith:20150914160735j:plain

 

 VOYAGERが運営する、“これからの執筆・編集・出版に携わる人のためのウェブサイト”。下北沢の書店「B&B」*1を開業した、内沼晋太郎*2さんが編集長を務めています。「校正ナイト」のレポート記事あたりから読み始めましたが、ボリュームたっぷりでおもしろい。

 すべての記事をチェックしているわけではないものの、取材に基づいた業界人インタビューなどが多く、読み応えあり。“執筆・編集・出版”にさほど関心がなくとも、「本好き」の人ならば楽しめるコンテンツ作りがされているように感じられました。

 

ダ・ヴィンチニュース

f:id:ornith:20150914160740j:plain

 

 KADOKAWAの総合文芸雑誌『ダ・ヴィンチ』の名を冠するウェブメディア。とは言っても、紙媒体の雑誌とは別のコンテンツ・情報サイトとなっている模様。

 最新の新刊情報というよりは、「ちょっと前に一部で話題となった本」を書評した記事がおもしろい。連載記事としては、沼津マリーさんの「弟がネトゲ廃人(自宅警備員)な上に働かないから私が養ってる件」が個人的に好きです。

 

GIGAZINE

f:id:ornith:20150914160736j:plain

 

 おなじみ、GIGAZINE。ガジェット系の主だったニュースを広く浅く拾うには、自分にとってちょうど良い更新量と取り上げ方がされているサイト。あと、地味に飲食系の新商品レビューが参考になってる。「あ、新商品出てたんだ」的な。

 ガッツリと文章を「読む」というよりは、画像を含めた断片的な情報を流し「見る」ように使っている格好。たまーに自分のブログ記事がヘッドラインに取り上げられるとそこそこアクセスも来るので……いつもお世話になっております。

 

greenz.jp

f:id:ornith:20150914160737j:plain

 

 なんやかんやで、学生時代からずっと購読している気がする。“「ほしい未来」をつくるためのヒントを発信するウェブマガジン”こと、greenz。

 地域コミュニティや暮らしを豊かにするアイデアなど、本サイトを読むようになってから、自分にとっての「デザイン」という言葉から受ける印象と意味合いが大きく変化したようにも。印象的なのは、2012年の“恩送り”の記事。映画、観ました。

 

ねとらぼ

f:id:ornith:20150914160738j:plain

 

 ITmediaのニュースコーナーのひとつだった、ねとらぼ。カジュアルなカルチャー系のネタを広く取り扱う、一口に言えば「きれいなまとめサイト」とでも言いましょうか。

 最新ニュースを取り上げる速度も早く、ネット上の時事ネタをいち早くチェックするのなら、ここ。ライターさんの数も結構いそうな割に、気になる記事をチェックしていると、自然と同じ人の記事ばかり読んでいるのはなぜだろう……。

 

KAI-YOU.net

f:id:ornith:20150914160739j:plain

 

 “すべての人のためのポップポータルメディア”。2010年前後、学生時代に文学フリマに出展していた頃、同人誌『界遊』*3を読んでいた時期もあったのですが、いつの間にかメディア運営開始&株式会社化してた。

 サブカル・オタク系のコンテンツが主体となっており、コラムに関しては一本一本がそこそこ濃密。単に“濃ゆい”というわけではなく、例えば僕個人にとっては馴染みの薄い「アイドル」ネタなんかも、知識がなくともおもしろく読めるような切り口で書かれております。

 

きんどう

f:id:ornith:20150914160741j:plain

 

 おなじみ、Amazon Kindleストアの情報サイト「きんどるどうでしょう」こと、きんどうさん。毎日更新、セール情報を取り上げる速度、たびたびのコラムなど、コンテンツ作りのバランスが絶妙なイメージ。少なくとも、自分的にはぴったりです。

 8月末に発売となったKDP本『Kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話』も興味深く読ませていただきました。ネットにおいて、メディアを作ろうと考えている人、ブログを運営している人にとって、参考となる一冊なのではないかと。

 

まなめはうす

f:id:ornith:20150914160742j:plain

 

 言わずと知れた、カリスマニュースサイト。「ちくしょう!ネットサーフィンしている時間がねえ!」なんてときにも、まなめはうすを確認しておけばネットの話題には置いていかれない……はず?

 一部はてなブロガーの間では、「まなめさんに取り上げてもらえれば一人前」という基準があるとかないとか。連鎖的に他のニュースサイトにも掲載してもらえる可能性が出てくるので、日頃の感謝を示すべくドリンク類を贈るのもありです。コーラとか。

 

ハッカドール

f:id:ornith:20150914161326j:plain

 

 DeNAが運営する、スマートフォン向けの“君にシンクロするニュースアプリ”。現在はウェブ版も稼働中。コミカライズ、アニメ化、MMDモデル配布などなど、各種メディアミックスを絶賛展開中。3号が“男の娘”であることをさっき知ったんですが! やったぜ!*4

 当初は「キュレーションアプリ」という触れ込みだったはずですが、その実態は1日3回、ユーザー個人が設定した単語群からニュースを探す「検索エンジン」という話*5。だからなのか、このブログもたまーにあまり関係ない記事が掲載されている様子。納得。

 

はてなブックマーク

f:id:ornith:20150914160743j:plain

 

 ご存じ、「はてな」のソーシャルブックマークサービス、はてなブックマーク。10周年おめでた! どのカテゴリーをRSS登録しているかは好みの分かれるところですが、「人気エントリー」は鉄板でござる。

 単なるメモ帳として、「あとでよむ」ためのブックマークとして、コメントで交流するSNSとして、自サイトのアクセスアップを狙うツールとして――などなど使い方はさまざま。ジャンルに関係なくあらゆる話題が集約されるため、ニュースサイトとしても重宝しております。

 

 

関連記事