ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

旅行での「レンタルキャンピングカー」という選択肢はあり?

http://www.flickr.com/photos/61904084@N00/5585588000
photo by thedailyenglishshow

 キャンピングカーっていいよね。

 旅行が好きな人なら、一度は夢見たことがあるのではないかしら。電車や飛行機の時間に縛られることもなく、周囲の目を気にする必要もなく、毎晩の宿の予約もいらず、車一台で自由気ままにぶらり旅。普通乗用車で車中泊をするよりかは、快適に眠れそうだし。

 

 

 そしたら、ヨッピーさんがまた面白そうなことをやってるじゃないですか! キャンピングカーがメインではないけれど、こういう楽しく読める記事広告って素敵。

 で、何がびっくりって、そのレンタル料金。どこか「ブルジョワの週末旅」的なお高いイメージのあったキャンピングカーですが、こちらの記事によれば “平日だと1日15,000円くらいで借りられる” という話ではありませんか。マジか。グループで借りれば、案外お安く済みそう。

 そんなわけで、意外とお安くお手軽らしい世間の「キャンピングカー事情」がちょいと気になったので、簡単に調べてみました。

 

スポンサーリンク
 

 

キャンピングカーのレンタルってどうなん?

 さて、まずは困ったときのGoogleさん。この手の知りたい情報に関しては、きっとあそこのサイトで取り上げられているはず! ――と検索してみたら案の定、見つかりました。

 

 

 さっすがAll About。ピンポイントで見つかりました。レンタルキャンピングカーに関する基礎情報とリンクがまとめられている様子。ざっくりと箇条書きにすると、

  • レンタル可能な車種の大半は、普通免許で運転可
  • 標準のレンタル料は、1泊2日で2~3万円台
  • 車種によって運転のしやすさ、装備が異なるので、選択は慎重に

 こんな感じ。家族での利用はもちろん、4人以上の友人グループで使うのも悪くなさそうですね。ガソリン代や高速料金を加味しても、4人での1泊2日ぶらり旅の場合、下手すりゃ1人1万円でも事足りるんじゃないかしら。交通費と宿泊費を含めた料金と考えれば、なかなかにお得。

 

 また、一口に「キャンピングカー」と言っても、当然その種類はさまざま。トラックベースの車種や、バスをそのまま改造したような車、ハリウッド映画なんかでよく目にする、どデカい牽引型のものなどがあるそうな。

 もちろん、牽引型の車種や “トレーラー” のレベルになると、場合によっては牽引免許や中型免許も必要となってくる模様。なので、一般的なレンタルキャンピングカーに関しては、スタンダード、コンパクト、バンコンといった3種類にカテゴライズしている店舗が多いようです。

 

トミカ №090 テントむし (箱)

トミカ №090 テントむし (箱)

 
Premium ClasiXXs 1/43 VW T3b キャンピングカー ハイルーフ アイボリー

Premium ClasiXXs 1/43 VW T3b キャンピングカー ハイルーフ アイボリー

 

※イメージ。テントむし、かわいい。

 

キャンピングカーでの旅行って、どんな感じ?

 では、実際にキャンピングカーを利用した旅行は、どのようなものになるのだろう。検索してみると、ブログがいくつか見つかりました。特に――やはりと言いますか、「北海道旅行」の字面が多かった印象。いいないいなー。

 

初めてのキャンピングカー旅行記 - ブログ - キャンピングカーレンタル

 例えば、こちらのご家族の旅行記などは、その充実具合が伝わってきて羨ましくなってくるくらい。宿泊は、主に道の駅とサービスエリア。旅先で疲れた子供たちはいつでも横になって休めるし、積載スペースが広いので買い物・荷物が多くても問題なし、と。

 

運転編:キャンピングカーを借りてみたキャンピングカーネット

 こちらのサイトでは、体験談の中で運転や給油の際の注意点についても詳細に説明しています。でも、やはり慣れないと運転手は大変っぽい。「よーし、パパがんばっちゃうぞー!」なんて安請け合いしたら、後で後悔しそうな予感。

 

キャンピングカー旅行とはどんな旅か ? | 町田の独り言

 おそらく「レンタル」に限った内容ではないので書き口は異なりますが、『キャンピングカー白書』のデータを参照しつつその利用法をまとめた記事です。印象的なのが、「旅行中の食事」の項目ですね。

“移動している昼間はレストランやファミレスを見つけて外食ですませ、夜は、昼間スーパーなどで購入した地場の新鮮素材をサカナに、キャンプ場や道の駅に停めた車内で酒を飲みながらくつろぐというスタイル”

 ……むっちゃ楽しそうやん。停車場所によっては、夜間のマナーも意識する必要があるでしょうが、これだけ自由気ままな旅ができたら、記憶に残る思い出になりそう。

 

旅行における「レンタルキャンピングカー」という選択肢

 こうして見ると、「レンタルキャンピングカー」は旅行における移動&宿泊手段の選択肢のひとつとして、金銭的にも環境的にもありなんじゃないかと思えてきますね。

 キャンピングカーと言えば、何年か前にレンタカー(普通車)で一人弾丸ツアーに行って車中泊したときに、道の駅にずらーっと停まっているのを羨ましく見ていたような覚えがあります(そういや、そのうちの何台かはレンタカーだったような……)

 朝になって、チビッコやらおじいちゃんやらが眠そうな目をこすりつつお手洗いへ向かう様子を目にして、ぼっち旅の自分に少し落ち込んだような。……まあ次の瞬間には、細い山道を疾走するのにアドレナリン全開状態になり、そのまま温泉に飛び込むという流れでめっちゃエンジョイしていたのですが。

 

 そんなキャンピングカーも、実は結構リーズナブルなお値段でレンタルできるというのなら、友人との旅行などで使ってみるのもいいかもしれない。幸運(?)なことに、割と運転が好きで、普通車以上中型未満の車の運転経験がそこそこ豊富な運転手もいますし。私です。

 そのサイズ感と装備から、温泉めぐり、スキー、登山、釣りなど、多彩な用途にも使えそうなキャンピングカー。機会があったら、ぜひぜひレンタルしてみようと思います。よっしゃー! 運転用のプレイリストを作るぞー!

 

関連記事