ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

ぐるりみち。

【50%OFF多数】Kindleセールまとめ|人気コミック・ビジネス書ほか

「こども」と「おとな」の境界線。

f:id:ornith:20131106232510j:plain

 ある時から、僕らは周囲からしきりに「おとなになれ」と諭されるようになる。そして20歳、成人を迎えると、「いつまでもこどもじゃないんだから」と、大人であることを強制される。

 

 「おとな」ってなんだろう。
 あまりに当たり前の言葉だから、その定義は人によって違うのだとは思うけれど。

 僕にとっての「おとな」とは、他人を認めることのできる人だ。相手を頭ごなしに否定するのではなく、かと言って全肯定するのでもなく、受け入れ、認めることのできる人

 

 

 そうすると、じゃあ逆に「こども」って何?という問いが現れる。
 そんなことを、つらつらと考えてみた。

 

スポンサーリンク
 

 

「こども」は「おとな」の下位互換?

 ある程度の年齢になると、「こども」という言葉は、どちらかと言えばネガティブな意味合いを持って語られている印象が強い。

 「あいつって子供みたいだよなー」と言えば、自己中心的だとか協調性がないだとかいう文句が聞こえてきそうだし、年下や格下を表す蔑称として「ガキ」「おこちゃま」のような言葉もある。

 

 自分たちが小さな頃も、友達から「子供っぽい」とか言われればムッとするし(お前も子供じゃねーか!)、久しぶりに会った親戚の大人に「まだまだ子供ねー(笑)」なんて言われて何とも言えぬ気持ちになった覚えがある。思春期は複雑なのです。

 そう考えると、「こども」はまるで良い所なしの未熟な存在であるかのように思える。実際、その通りだろう。親の庇護がなければ生活していくことは難しいし、知識も知恵も充分に備わっていない。ただのダメダメちゃん。だって、こどもだもの。

 

 弱い「こども」は、強い「おとな」になる前の、別のいきもの。
 成長するに従って、どこかの段階で「おとな」に進化するんだろう。

 

 そう思っていた。

 

「こども」に憧れる「おとな」たち

 ところが、成人し、社会的には「おとな」になった僕らが思うのは、「こどもにもどりたい!」という、叶いっこない願望だ。それまでは否定的だったのに、いざ大人になれば、「あの頃は良かった」と懐古する。

 

 大人が語る「こども」とは、きらきら輝いて眩しいもの。
 こどもは素直。こどもは正直。こどもは純粋。こどもは自由
 ――嗚呼、あの頃に戻りたい。

 

 「おとな」は、過去の良い思い出に縋りつく、弱い生き物なのです。

 

「こども」みたいな「おとな」

 こうして見てみると、その時々で「こども」「おとな」に対する印象が異なっていることが分かる。

 

 「こども」にとって、「おとな」は強く賢く、眩しいもの。
 「おとな」にとって、「こども」は無邪気で自由で、眩しいもの。

 

 過去の経験が少ない「こども」は、未来の「おとな」を夢見る。
 未来に不安を持った「おとな」は、過去の「こども」を夢見る。

 

 小説や漫画などの創作において、「子供=夢見る者」「大人=諦めた者」という対比がされがちなのは、そんな思いが多くの人の中にあるからではないか。

 結局、「こども」や「おとな」と言った区別は思った以上に曖昧なもので、無理にどちらかに収まろうとする必要はないんじゃないかと思う。

 ただ、自分にとっての「おとな」像を持っておくことに損はない。それが、ひとつの目標だとか夢だとかいうものになるはずだから。

 「これが、おとなだ!」という、いろんな人にとっての「おとな」像があるだろうけれど、僕は、漫画『惑星のさみだれ』で語られているものが好きだ。

 

「大人ってのは、人生楽しそうにしてる大っきな子供や。ああいう笑顔を子供に向けれる人が大人!」

「大人が笑うのはな、大人は楽しいぜって子供に羨ましがられるため、人生は希望に満ちてるって教えるためさ」

水上悟志 『惑星のさみだれ』2巻より

 

 あなたにとっての「おとな」とは、どんなものですか?

 

 

関連記事