ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

若者が新聞を読まない理由と、現代の情報収集方法

http://www.flickr.com/photos/62693815@N03/6277208708
photo by NS Newsflash

 

 

 こちらの記事を読みました。
 筆者さんの主張をざっくりまとめると、次のようなものになるかと思います。

 

 現代の若者は、情報収集能力に長けているという。幼い頃からインターネットに親しみ、検索すれば大抵の情報は手に入る。噂や流行の話題にも敏感で、なるべく自身が不利益を被ることを避けるため、情報収集には熱心に取り組んでいるそうだ。

 しかし一方では、彼らの情報収集には「ある視点」が欠けている。それが、「誰のため、何のため」という視点だ。自分たちよりも上の、新聞の情報を話題とする世代と相対したとき、対応できるかどうか。そんな、相手と場面に応じた情報収集を行う発想を新入社員には持って欲しい。

 

 なるほど、コンサルティング会社の社長であるという筆者さんの言わんとしていることはわかるし、若者である自分としても納得のできる内容ではあります。

 けれど、それは完全に「上の世代」である筆者の視点であって、件の「若者」である僕からしてみれば、「いや、でも、それだけじゃないんですよ?」と突っ込みたくもなるのです。僕らが新聞を読まないのは、「ネットがあるから」だけが理由じゃない。

 

 その辺りについて、自分なりにまとめてみようと思います。

 

 

情報収集の方法はいくらでもある

当方が新入社員に気づいてほしかったのは
《仕事のために行う情報収集の方法は何とおりもある》
ということ。

 

 冒頭の記事では、このように書かれている。インターネットを使わずとも、「仕事のため」に情報収集を行おうとするのなら、別の選択肢もあるんじゃないの? という話。

 取引先などでは、上の世代と話す機会も多いだろうし、ならば、それに合わせた「新聞」という媒体の情報を追いかけることで、仕事を円滑に進めることができるはずだ、というもの。

 これは、確かに一理あると思う。僕自身、営業職として回っていたときは、その業界周辺の話題だけでなく、社会問題や時事のトピックについて話すような機会も、多々あった。

 

 日々の業務に忙殺され、限られた時間の中で雑談のネタを仕入れようとするのならば、新聞という媒体は非常に優秀だ。

 「新聞は「時代遅れ」で、インターネットは「最先端」なの?」でも書いたように、雑多な情報の中から取捨選択する技術を要するネットと異なり、プロによって厳選・検証された新聞には、確実性という大きなメリットがある。

 

 でも、そんなことは僕ら若者だって知っている。むしろ、ゴミ情報で溢れかえったネットに普段から接しているからこそ、《情報収集の方法は何とおりもある》なんてのは当たり前の認識だ。

 ただ、《仕事のために行う情報収集》という視点は、僕が新入社員の頃は持っていなかったと思う。その点では、冒頭の記事はひとつの気付きを与えてくれるものとも言えるんじゃないかしら。

 

どうして若者は新聞を読まないの?

 では、若者は情報収集の方法がいくらでもあることを知っているはずなのに、どうしてその中で「新聞」という選択肢を選ばないのだろう。

 

「ネットのニュースで十分に情報は収集できるから」

 

 冒頭の記事、筆者さんが新入社員研修で質問したところ、このような答えが返ってきたらしい。わざわざ新聞を購読しなくとも、ニュースサイトを見れば、最近の話題はだいたいチェックすることができる。それなら、別に新聞をとる必要もないもんね。

 しかし、理由はそれだけじゃない。僕も上の新入社員さんに賛成だけど、もうひとつ、大きな理由がある。そして、筆者さんはおそらく、その理由・視点に気付いていないか、あえて言及を避けている。それは、「お金」の問題だ。

 

f:id:ornith:20140407125448j:plain

普段新聞を読まない M1層(20~34歳男性)が「新聞を読まない理由」としては、「料金がかかるから(62.6%)」が1位で最大の理由となっている。

若者が新聞を読まない理由は「料金がかかるから」――M1・F1総研調べ - インターネットコム

 

 2010年の調査だが、今もその認識はあまり変わっていないと思う。ただでさえ暇も余裕もない新入社員時代。紙面全部に目を通すかも分からないものに、毎月数千円も払うのは大きすぎる。もったいない。

 その若者のMOTTAINAI精神を助長しているのが、インターネットの存在だ。子供の頃からネットに触れていた僕らにとって、情報を含めたあらゆるコンテンツは、無料で手に入るものという印象が強い。

 

 ゆえに、電子書籍やソーシャルゲームなどの数百円の課金ならまだしも、「月に数千円」という額は、どうしてもべらぼうに感じてしまう。

 新聞という媒体そのものの魅力というよりも、そこで発生する金銭的コストの存在が、若者にとっては大きいんじゃないだろうか。実際、「普段は定期購読してないけど、実家に帰ったら置いてあるから読む」という友達もちらほらいる。

 

ぶっちゃけ、新聞がなくてもなんとかなる

取引先「昨日の新聞1面で、当社の広告が大きく出ていたのを見てくれたかな」

 

 筆者は、「このようなときに困るよね」と上の会話例を挙げていた。確かに、困る。でも、かなり限定された状況だし、実際にどのくらいこの場面に出くわすことがあるんだろう。

 また、自社の属する業界周辺の話題についても、把握しておくことは必要だ。けれど、何か大きな動きがあれば、最低限は職場内で情報共有するような流れがあるだろうし(朝礼とか、新聞・雑誌の切抜を回すとか)、自ら購読するまででもないように思う。

 

 社会情勢や時事問題に関しても同様に、把握しておくべきだ。しかしそれすらも、ネットニュース、あるいはテレビニュースでざっと確認しておけば、事足りるんじゃないかしら。

 僕自身、営業として働いていたときは新聞を読んでいなかったけれど、特に知らない話題を振られて困ったような記憶はない。

 

 というか逆に、「ネットでチェックしていて良かった」と感じたことはある。新聞と言えば、仕事上で挙がる話題としての多くは日経、もしくは朝日、毎日、読売くらいまでが主要となる。言わば、みんなが同じものを読んでいるため、話題は限られてくる。

 けれど、ネットならば、同一のトピックについても様々な切り口から語られている。そのため、「そういや、最近は◯◯が話題ですねー」と話を振られたとき、「あれにはこういう話もあるんですよー」などと、話題を広げやすい。

 

 そう考えると、若者はむしろ「話題の多様性」を武器に情報収集し、上の世代に切り込んでいくのもありなのでは。

 

 相手に合わせて話をすることも、もちろん重要だ。

 でも、そこで逆に、相手を自分に合わせ、話の展開を広げていくことによっても、円滑なコミュニケーションは図れると思う。「そういえばその話について、学者の◯◯さんがブログでこんなことを書いていたのですが、どう思われますか?」みたいな。

 紙を話題にする世代に対して、あえて電子で立ち向かう。お互いに同じ話題を共有していることが前提になるけれど、共有さえできていれば、互いに知らない情報を持ち寄ることもありうるので、有意義な情報交換ができるんじゃないかしら。

 

 もちろん、場合によっては、上司や先輩、取引先の相手に合わせることも必要となってくると思う。基本的に、組織とはそういう場所なのかもしれない。

 だけど、営業でも打ち合わせでも、仕事の中では「個性」を発揮する場面こそが重要だ。そんなとき、周囲に合わせて、誰もが新聞で読んでいる当たり前の情報を提示するよりは、ちょっとニッチな情報を持ち寄った方が刺激的だし、おもしろい。

 それが結果に結びつくとは言い切れないけれど、少なくとも、自然な自分の姿で話ができると思う。

 

 会社の規則に、上司・先輩・取引先との人間関係、社会人としてのマナー、目に見えないその他の同調圧力諸々。会社員は、周囲と環境に合わせることを強要されるもの。

 だからこそ、情報収集の手段くらいは、好き勝手に選ばせてもらってもいいと思うのですが、どうでしょうか。

 

 

関連記事