ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

ぐるぐるマガジン。〜今週の気になる話題まとめ(2020/1/12)

ぐるぐるマガジン。(仮)

 やっほやっほー!

 年も明け、日常が始まり、かと思えば早速の3連休でまったりしているこの週末。皆様はいかがお過ごしでしょうか。僕は元気です。リングフィットアドベンチャーの影響で、スクワットとプランクがすっかり癖になってしまうくらいには元気です*1

 さて、2020年の抱負を書いた記事でもさらっと触れましたが、せっかくの新しい年。「モチベーションが高いうちにあれこれと試してみなきゃ!」という思いもあり、Radiotalkで音声配信を始め、さらにはこんな記事を書くに至ったわけでございます。

 題して、「ぐるぐるマガジン。」。

 ……何のひねりもないタイトルでアレですが、要するに「週刊まとめっぽいこと、やってみっかー!」というノリの、1週間の振り返り記事です。いつもは月末にまとめているブックマークまとめの簡易版ですね。

 月間記事との違いとしては、「おすすめ記事3選」「今週の1曲」「今週の1冊」といった見出しを設けている点。あわせて、普段は別ページでまとめているKindleストアのセール情報も一部持ってきて並べています。参考になれば幸いでござる。

 ではでは、早速いってみよー!

 

今週のおすすめ記事3選

時間をかけて、ゆっくりと眺めたいサイト

Twitterで話題になっていた、「3年弱かけてほぼ原付だけで日本の全部の市町村を回ってた」人のサイト。何でもない街並みと日常を切り取った写真が、どれもこれも素敵で見惚れる。自分が過去に過ごしたことのある街を探してみたら、懐かしい気持ちになれるかも。

“いつかこの記事を笑って読み返せる日がくることを願って”

このとおりだと思う。あなたが前に進むきっかけになりますように。/”自分を愛せるようになるにはまず自分の気持ちや欲望を言語化すること、自分の身体感覚を取り戻し快不快を自覚することだろう”

昨年末から話題になっていた「謎の記念コイン」

ガチ調査によって徐々に進展していてワクワクさせられる。「われわれとしてはこのコインは、10年、20年に一度、忘れたころに現れる亡霊のような存在です」の一言が印象的。小説みたいだ……。

インタビュー

「受け身」な人の戦い方の話に共感

子供だった自分が「ゲーム音楽の作曲家さん」を意識するようになったとき、その初期段階で知った1人だったなー。マリオRPGとかKHとか大好きだし、今もサントラ聴いてます。

“退屈だったら、なんにでも新しいことにチャレンジする”

インドの映画づくりの方法がおもしろいなーと思いながら読んでいたら(本文ではインド式じゃないと断ってるけど)、後半の「夢のつくりかた」的な話がもっとおもしろかった。

生活

最後の一文が、何よりも優しい

困っていそうだと察して、自然に声をかけて、力になろうとして、最後まで付き添えるの、本当にすごい。

狐面はいいぞ(いいぞ)

川越あたりでは前々からよく見かけていたけれど、最近増えたように感じたのはそういうことか……!

料理に苦手意識がある人の取っ掛かりにもなりそう

なにこれすっげー!クリスピーな食感が大好きな人にとって、最高の器具なのでは……?

インターネット

「“美少女”は枯れ山水」

自分はカジュアルにアバターの着せ替えを楽しんでいる程度だけど、気軽な「褒め」と「褒められ」によって精神的に満たされる点と、現実とは異なる視点になることで価値観が拡張されるのは、本当に楽しい。

この手の手法って今も効果あるのかしら……

「いったいどんなヤバいファイルをダウンロードさせられるんだ……」と思ったら、ポイントサイトへの誘導かーい! 誘導のための文章もおなじみのテンプレっぽいし、今も少なからず乗っかる人がいるのかしら……。

文章が冗長で読みづらくなりがちな人に

「具体的に書こう」「指示語は削ろう」あたりの指摘はそのとおりだと思う一方で、「思う」「気がする」は必ずしも削る必要はない気もする。ビジネス文書ならともかく、それこそnoteでは必要な場合も多いのでは……?

【今週の1曲】花譜『私論理』

 昨年末からずっと、この曲の公開をずっと待ち望んでいた……!

 「渋谷」「スクランブル交差点」「YouTuber」「女子高生」「バズった妄想」「量産型のエモさ」「摩天楼の明晰夢」 などの言葉選びが耳に心地よく、MVも見ていて楽しい1曲。渋谷で開催されていた特別展『花譜展』のテーマソング。

 こちらの記事でモリモリ書いていますが、気がどうにかなりそうなくらいに大好きなバーチャルシンガー。「VTuberなんて興味もないし、ほとんど見たことねぇっす!」という人も、ぜひ一度は聞いてみて!

【今週の1冊】『魔法の文章講座』

 「足し算と引き算で新しい言葉をつくる」「ガギグゲゴやパピプペポがもたらす印象」「肩書きは仕事内容を一言で伝えられるものにする」など、「言葉」にまつわるあれこれをまとめたヒント集。

 ただし「文章講座」的な要素はほとんどないため、「タイトル詐欺じゃん!」と思わずにはいられないんですよね……。期待して手に取った分、残念な気持ちも大きかったけれど、中にはおもしろい指摘や参考になる部分もあったので、まあこんなもんかなーと。

 万人には勧めづらいものの、ある種の「ヒント集」としてであれば、言葉や文章に関わっている人の参考になるんじゃないかしら。まずは書店で手に取ってから、購入を検討することをおすすめします。

こんな記事を書きました/話をしました

2019年のおすすめ本をざっくり紹介

 毎年恒例、その1年間に読んだおすすめ本を紹介する記事。
 以下の8冊を紹介しています。

  • 『岩田さん』ほぼ日刊イトイ新聞
  • 『ナナメの夕暮れ』若林正恭
  • 『無意味のススメ』川崎昌平
  • 『裏世界ピクニック』宮澤伊織
  • 『これは学園ラブコメです。』草野原々
  • 『ファクトフルネス』ハンス・ロスリングほか
  • 『バレットジャーナル』ライダー・キャロル
  • 『アイデアのつくり方』ジェームス・W・ヤング

2019年のVTuber/VRコンテンツを約13,000字で語る

 2019年に自分が接したVTuber・動画・VRライブ・その他コンテンツの中から、特に強く記憶に残っているものをまとめて紹介。深夜テンションで書き始めたら、約13,000字という結構なボリュームに。

 でも実は、もともとは「2019年にぶっ刺さったコンテンツ」として映画や音楽や読み物も含めてまとめようと考えておりまして……。それだと30,000字は余裕で超える予感しかなかったので、「バーチャル」に限ってまとめた格好です。いやー、去年は本当に素敵なコンテンツが盛りだくさんでした。

Radiotalkを始めたよ!

 音声配信サービス『Radiotalk』を始めました! 経緯については、こちらの記事を参照ください。

 当初はゆるーい内容で、頻度もまったりと配信するつもりだったのですが……。時期が悪かった、もとい、良かった。モチベーションの高い年始に配信を開始し、しかも公式マークまでいただいてしまったとくりゃあ、こいつは続けるしかあるめえと。平日5日間、継続投稿に成功しました。

 そんなこんなで無事に三日坊主を回避したので、来週からはゆるゆる更新にしよっかなーと。何かしら話したいことがあり、時間もあれば録音するかもですが。

 マシュマロも設置しておりますので、何か「こういう話はどっすか!」とか「相談があるんですが!」という方などいらっしゃいましたら、気軽にぶん投げてくださるとありがたいです。必ずしもこちらで話すとは限りませんが、参考にさせていただきます。ガチ相談もばっちこい。

マシュマロはこちらから

 

 

関連記事