ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

『IMAGINATION VOL.1』に便乗して参加VTuberを推すだけの記事

VRライブにリアルの音楽ライブ、アニメ化にドラマ化などなど、各方面で今まさに活躍しているバーチャルYouTuberたち。

十人十色、千差万別の魅力を持つVTuberがどういった存在であるか──は、改めて説明する必要はないようにも思いますこちらの記事などを参考にどうぞー)

ただ、彼ら彼女らについて「知っているけれど、ちゃんと見たことはない」という人もまだまだ多いのではないかしら。動画は多いし、時間も長いし、生配信も多いしと、新規層に対するハードルはなかなかに高いようにも見えるんですよね。

 

そこで一役買ってくれるのが、「おうた」です。

 

10分も集中して見る必要はなく、その人をまったく知らなくても楽しめて、しかも身近に感じられるコンテンツ。そのひとつに「歌」が挙げられるんじゃないかと。

長くても4、5分程度に収まり、歌っている人は知らなくても、楽曲は知っている。だからこそ、VTuberに初めて触れる人でも楽しめる……はず。──おうたはいいぞ。VTuberのおうたは荒んだ心を癒やしてくれる。ニコ動以降のネットが生み出した文化の極みだよ。

今回取り上げたいのは、そんなVTuberたちの魅力的な歌を存分に堪能できる、欲張りセット。12組のVTuberが参加するコンピレーションアルバム『IMAGINATION VOL.1』です。

 

 

てっきり「コアなVTuberファン向けのファンディスク」的な立ち位置のアルバムなのかと思いきや……とんでもねえ!

VTuberたちの歌声はもちろんのこと、これまた十人十色の魅力を持つクリエイターたちによるアレンジがしゅごい。そんじょそこらのアニソンカバーアルバムにも引けを取らないどころか、抜群のつよつよクオリティを誇る1枚になっているように感じました。

 

スポンサーリンク
 

 

『IMAGINATION VOL.1』はこんなアルバム

「『歌ってみた』やオリジナル楽曲等で音楽活動を行う実力派VTuber総勢12組による業界初のコンピレーション・アルバム」として、RK Musicからリリースされた『IMAGINATION VOL.1』*1

あまり耳にしない名前ですが、RK Musicは「VTuber特化型の音楽レーベル事業会社」として、キングレコードとWright Flyer Live Entertainmentの共同出資で設立されたレーベルとのこと。WFLEと言えば『REALITY』の運営のほか、複数のVTuberが所属するプロダクションでもあります。あと、社長がバ美肉してる。

そんなRK Musicによる此度の『IMAGINATION VOL.1』では、楽曲プロデュースを未来茶レコードが担当。総勢12組のVTuber一人ひとりに楽曲を選んでもらったうえで、それぞれに別のクリエイターがアレンジをするという企画になっています。

参加VTuber・収録曲・アレンジャーは、こんな感じ。

  1. ときのそら「世界は恋に落ちている」(Arranged by Yunomi)
  2. おめがシスターズ「Don't say "lazy"」(Arranged by YUC'e)
  3. える「ユキトキ」(Arranged by Tomggg)
  4. 虹河ラキ「青い栞」(Arranged by yuigot)
  5. ドーラ&緑仙「Shangri-La」(Arranged by Peno)
  6. ロボ子さん「secret base〜君がくれたもの〜」(Arranged by Virtual Cat)
  7. 樋口楓「だってアタシのヒーロー。」(Arranged by PandaBoY)
  8. かしこまり「空色デイズ」(Arranged by Nor)
  9. 燦鳥ノム「ハレ晴レユカイ」(Arranged by Moe Shop)
  10. 天神子兎音「アンインストール」(Arranged by Aire)
  11. 月ノ美兎「For フルーツバスケット」(Arranged by KOTONOHOUSE)
  12. 富士葵「God knows…」(Arranged by Neko Hacker)

少なからずVTuberを知っている人からすれば、「すっげえ豪華メンバーだ!」と感じるのではないかしら。また、VTuberは知らなくてもアニソンに詳しければ、選曲を魅力的に感じられる人も少なからずいるはず。20代後半くらいの世代に刺さりそう。

そんなわけでここからは、本作に参加しているVTuberの中から、3組を簡単にご紹介

どの楽曲も、そして参加されているクリエイターさんの誰もが魅力的であり、本来であれば全員を取り上げたいところではあるのですが……まとめる時間がなかったのと、むちゃくちゃ長くなりそうだったので……。

というか、書いている途中で「個別で取り上げたほうがいいやつだ!」と気づいたので、また別の機会にすこすこポイントを語ろうと思います、はい。

 

おめがシスターズ「Don't say "lazy"」

Don't say

Don't say "lazy"

おめがシスターズ
エレクトロニック
¥250


provided courtesy of iTunes

おめシスはいいぞ。

言わずと知れた『けいおん!』第一期のエンディングテーマを歌うのは、双子のVTuber・おめがシスターズ

YUC'e@yuce_eさんによる疾走感マシマシのRemixは、最高にアガる仕上がり。クラブで流したら絶対盛り上がるやつ。1曲目、ときのそら@tokino_soraさん歌唱・Yunomi@iamyunomiさん編曲の『世界は恋に落ちている』とあわせて、最近は朝イチに聴いてテンションぶち上げてる。おめがってるー!?

おめがシスターズ・YouTube動画

【i9-9900K】自作PCをつくろう!【リオちゃんでもわかる】 - YouTubeより

おめがシスターズは、赤いさつまいm……じゃなくてリボンがチャームポイントの姉・おめがレイ@omesis_rayさんと、青いリボンで髪を結んだ妹・おめがリオ@omesis_rioさんの2人組。「おめシスはいいぞ」と3回唱えれば、次元の壁だって突破できる。しゅごい。

おめシスと言えば、何と言ってもその企画力と自由奔放っぷりが魅力。Vでない「YouTuber」的な意欲と行動力でさまざまなことに挑戦しつつ、同時に「バーチャル」ならではの強みもガンガン生かしていく動画を投稿しています*2

おめがシスターズ・焼き肉動画

【検証】Vtuberは焼肉安安の1000円食べ放題を頼めるのか - YouTubeより

VTuberだけどリアルワールドで焼き肉ロケを敢行するし、双子だから合体できるし、バーチャルだから首が飛んでもピンピンしてる。──そう、おめシスならね。

そして、しっかり者でガチの技術勢だけどオタクな姉・レイちゃんと、なんかもういろいろな意味でぶっ飛んでいて言葉に表せないけれどとりあえずうんちが大好きなうんち大魔神妹・リオちゃんの、凸凹コンビが最高にてぇてぇんだ。リオちゃんの「わっかるぅ〜」ボイスだけで、ごはん3杯はイケる。

おめシス×BACK-ON『シンクロニティ』

シンクロニティ by おめシス × BACK-ON - YouTubeより

──なーんて書いているとネタ枠っぽくもありますが、VTuber界きっての歌うまコンビでもあるおめシス。

J-POP・アニソン・ボカロ曲、なんでもござれの歌ってみた動画を数多く公開しているので、ぜひぜひ聴いてみてくださいな。どこから聴いてもきっと楽しめるはず。『heavenly blue』『シュガーソングとビターステップ』などが個人的にはイチオシです。

そして、配信が始まったばかりの初オリジナル曲『シンクロニティ』が最高におめがっていて、『IMAGINATION VOL.1』と一緒に聴く無限ループに突入している今日この頃。溢れ出るBACK-ON感に、芯の通ったレイちゃんの高音とリオちゃんの低音ラップがシンクロしていて、最高なんじゃ……。

その他おすすめ動画

 

ロボ子さん「secret base〜君がくれたもの〜」

secret base 〜君がくれたもの〜

secret base 〜君がくれたもの〜

ロボ子さん

エレクトロニック
¥250


provided courtesy of iTunes

ロボ! メガネ! ボクっ娘!! という、個人的にドンピシャな要素しかない、しかも聴いていて落ち着くふわふわボイスの持ち主ときたら、好きにならない理由はなかった。

今回のアルバムで歌うのは、J-POPとしてもアニソンとしてもおなじみの『secret base』。もう選曲の時点で「勝ちもうしたわ……」と勝利を確信していたのに、アレンジャーがバーチャルねこ@neko_vtuberさんと聞いて、期待値が確変状態に。こんにちはー。こんなん、エモさが極まって死ぬのでは……?

──そしてボクは、感情になった。

いや、なんかもうこればっかりは、言葉を尽くすよりも「実際に聴いてみて!」と声を大にして叫びたい。

もともと大好きで思い入れの強い歌だったので、過去にたくさんのカバーや歌ってみたを聴いてきたけれど……これは断トツですわ……。全体的に感情が乗った歌声で心が揺さぶられ、Cメロ以降はさらに感情が高ぶって死ぬ。「手紙」「ずっと裸足で」「忘れない」あたりの歌い方が涙腺にくる。

ロボ子さんよくばりセット

【3分で分かる】ロボ子さんよくばりセット【#11】 - YouTubeより

そんなロボ子さん@robocosanは普段、ゲーム実況・雑談・ASMRなどの生放送を中心に活動されています。『FORTNITE』や『APEX LEGENDS』にハマったのは、だいたいロボ子さんの影響。

ゲームの腕前も秀でており、深夜帯に実況配信していることも結構多いため、ちょいちょい覗いて勉強させてもらっている格好。あと深夜と言えば、ASMR。ASMRは……うん……えーえすえむあーる……いいよね……(語彙死)死ぬときはロボ子さんに看取られたいよね……。たすかる……。

ロボ子さん『メルティランドナイトメア』

【ロボ子さん】メルティランドナイトメア【オリジナルMV】 - YouTubeより

歌ってみた動画としては、『メルティランドナイトメア』がお気に入り。

公開当時、曲名を見た瞬間に「合わないはずがねえ!」と勝利を確信したわけですが、案の定。そして最初の「えへへっ」で死んだ。同じくアルバムに参加している、でろーんこと樋口楓@HiguchiKaedeさんとのコラボ動画もいいぞ。異なる魅力を持った2人の歌声の組み合わせ、最強か。

その他おすすめ動画

 

かしこまり「空色デイズ」

空色デイズ

空色デイズ

かしこまり
エレクトロニック
¥250


provided courtesy of iTunes

『天元突破グレンラガン』のオープニング曲を歌うのは、バーチャルシンガー・かしこまり@kashikomari_chさん。ありがとう……ちゃんまり……この曲を選んでくれて……。

ロック調の原曲に対して、Nor@NOR0910さんによるチャカチャカポコポコケロケロと音の奔流に飲まれるようなアレンジには、僕の耳も大喜び。自然と体を揺らしたくなる曲調にちゃんまりの歌声が合わさって、全体的に爽やかな印象になっているのも素敵。この感じで『happily ever after』も聴きたいな……。

かしこまり・YouTube動画

【検証】話を聞かない人の話を聞かなかったらどうなるのか - YouTubeより

ちゃんまり……もとい、かしこまりさんは、ゲーム実況や小ネタ動画を投稿するVTuberであると同時に、歌ってみた動画を精力的に投稿しているバーチャルシンガー

すでにリアルでのライブも複数回こなしており、今月末には3回目となるワンマンライブも開催予定。

ハスキーな歌声からは「かっこいいお姉さん」的な印象も受けますが、夜の生配信ではお酒をガブ飲みしてダメになっていくこともしばしば。残念系お姉さん、かわいい。マネージャーであるパンディ@pandei_chさんとのやり取りがこれまた楽しく、微笑ましく、最っ高にてぇてぇんだ。

かしこまり&おめシス『いけないボーダーライン』

いけないボーダーライン / ワルキューレ ( cover by かしこまり & おめシス ) - YouTubeより

歌ってみた動画は30本近くにものぼり、有名所のアニソンやボカロ曲のほか、往年のJ-POP・J-ROCKもカバーしています。back number、BUMP OF CHICKEN、フジファブリックなど、男性ボーカルのカバーが多いのも嬉しい。『若者のすべて』『HANABI』がほんますこ。

ほかのVTuberとのコラボ動画もたびたび公開しており、おめシスと歌った『いけないボーダーライン』は100万再生を達成。楽曲の1番、2番、大サビとリードボーカルが変わっていくため、何度聴いても飽きが来ない。イメージカラーが赤・青・黄と分かれているので、動画的にもわかりやすくて楽しいのよね!

その他おすすめ動画

 

次回作も楽しみ

そんなこんなで以上、「『IMAGINATION VOL.1』に便乗して参加VTuberを推すだけの記事」でした。本当は最低6組分は書きたかったんだけど、この時点で6,000字弱になっているのを見て諦めたよね……。

アルバムの発売からまだ一週間程度しか経っておらず、「CD」としての発売も1ヶ月以上先。そんななかで気にする話ではないような気もしますが……でもやっぱり、気になるじゃん?

「VOL.1」って書かれたら、いずれくるだろう「VOL.2」の存在が……!

他方ではインディーズ音楽レーベル「V-olume UP」が設立されるなど、VTuberによる音楽系のコンテンツや企画は今後、ますます盛り上がっていくとも想像されます。すでにたくさんのライブが予定されている現状もありますし、ファン目線では楽しみ方の幅も広がりそう。僕は! VRライブに! いぎだい!!!

何はともあれ、今回のアルバムを堪能しつつ、次回作を楽しみに待とうと思いまする。

 

 

関連記事

*1:参考:IMAGINATION vol.1|RK Music

*2:「新MacBookProを買ってみた」「Twitterに課金してみた」「Amazonプライムデーのおすすめ紹介」など、当ブログの読者さんが興味を持ちそうな動画も多い印象。おすすめよ!