ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

【ポケモンGO】ポケストップ密集地帯・上野公園に行ってきた!

f:id:ornith:20160723115936j:plain

 

 

はろー! きっず!
キミはもう、たっぷりポケモンつかまえた?

僕はと言うと、「ポケモンGOのリリースがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」と聞くやいなや、電車に飛び乗り、『Ingress』での経験からおそらくはポケストップの密集地帯となっているであろう、「上野恩賜公園」近辺でポケモンを探しておりました。

案の定、同じことを考える人が多かったのか、はたまた手近な広い公園ということで、人混みを気にせずプレイできると踏んで訪れたのか、金曜午後の上野公園は大賑わい。あちこちでスマホを手に佇み、画面をスワイプしている人の姿が見られました。

リアル “しぜんこうえん” だ……!

というわけで本記事は、そんな「上野公園」で『Pokémon GO』を遊んできた、いちトレーナーのプレイ日記です。

 

スポンサーリンク
 

 

観光客に親子連れ、夏休みの風景に混ざり立つ、トレーナーたち

博物館に美術館、動物園に大学などなど、数多くの施設がその広い敷地に点在する上野公園。

平日だろうが冬だろうがいつも賑わっている観光の要所「上野アメ横」が近いということもあり、外国人観光客も多く訪れる緑豊かな都市公園です。

公園を訪れたのは、配信初日の14:30。

4時間前にリリースされたばかりだというのに、園内のあちらこちらで『Pokémon GO』をプレイする人の姿が見受けられました。さすがにスマホを持っているだけでは判別が付かないものの、画面上へ指をスワイプさせる動作を見れば、一目瞭然。

──紅白ボールを投げていると見て、間違いない!

f:id:ornith:20160722235202j:plain

「ポッポだー!」と歓声を上げるカップルに、

f:id:ornith:20160722235512j:plain

「ズバットにボールが当たらん!」と嘆くおにーさん。

とは言え、美術館や大噴水、動物園のある広場付近は、まだトレーナーの数は少なめ。立ち止まって道行く人を眺めていると、20人に1組程度の割合で「あ、ポケモンやってる」とわかる人はいるものの、むちゃくちゃ多いというわけではありませんでした

ところがどっこい。
もうちょい公園の奥のほうまで足を進めてみると、すごいことになってた。

f:id:ornith:20160722235546j:plain

──この人たち、みんなポケモントレーナーだ!!(※配信開始から4時間後、平日の日中の風景)

デートスポットとして有名なボート乗り場へ向かう途中の、不忍池のド真ん中。谷中七福神の弁財天が祀られている、「弁天堂」付近です。公園のあちらこちらでも少なからずトレーナーの姿は見られたものの、特に集中しているのがこの周辺だったのです。

 

上野公園にはポケストップがいっぱい!

ここで一度、画面内の視点から「上野公園」を眺めてみましょう。開くアプリはGoggleマップ……ではなく、もちろん『Pokémon GO』です。

土地勘のない人にはわかりにくいと思いますが──このときの自分は、日暮里駅から谷中霊園を通り抜け、東京藝術大学側から上野公園を目指しておりました。


こんな感じで(※見やすいよう、目的地を東京都美術館に設定しています)。

f:id:ornith:20160722184333j:plain

それが、左の画像。

ちょうど藝大前の交差点に立っている格好であり、前方に広がる薄い黄緑色の部分が大学の敷地。

──で、その奥に広がる濃い緑色の一帯すべてが、上野公園の敷地です。

中心の画像は、上野動物園の入り口付近で撮ったスクリーンショット。ご覧のとおり、どこを向いても四方八方にポケストップが点在しており、アイテム稼ぎには事欠きません。実際、あっという間にアイテム上限を突破しましたので。

f:id:ornith:20160723002702j:plain
参照:上野恩賜公園‐公園案内‐

そして、先ほどの「みんなポケモントレーナーだ!!」の弁天堂が、こちら。

右の公園案内図と合わせて見てもらうとわかるのではないかと思いますが、ちょうどボート乗り場へ向かう途中、弁天堂それ自体も含めて、ポケストップが道中に並んで立っているんですよね。

f:id:ornith:20160723004109j:plain

そして弁天堂を超えた先にあるのが、ボート池。

この場所、池を取り囲むようにポケストップが10個以上も立ち並んでおり、お散歩がてらアイテムを掘るにはぴったりなんじゃないか……と思いまして。

他のトレーナーさんも引き寄せられたのか、このときは「すべてのポケストップにルアーがぶっ刺されている」という、ポケモン大量ゲット区画になっていました。20メートルと歩かずにポケモンが複数で出てくるので、ボール投げまくり&ゲットしまくり。

もちろん、こちらに限らず園内には数々のポケストップがあるので、わざわざ池まで歩いてくる必要もないと言えばないのですが。ただ、乱立しているポケストップを無作為にまわるよりはこうした「道」に沿って歩いたほうが、プレイしやすいんじゃないかとも思います。

 

「ポケモン」を通して見えるもの

さて、ゲームに夢中になりつつも、池の外周を歩きながら周囲を見ると、そこには、軽く20人以上がスマホを手にボールを投げまくる光景が。

画面とリアルで視線を行ったり来たりさせつつ、みんなすごく楽しそうに遊んでいるという、まっこと不思議な景色が広がっておりました。

その年齢層も、男子高校生に大学生カップルをはじめ、自分のようにソロで歩いている20〜30代くらいの男女に、さらには家族連れでスマホに向かう姿も見られる幅広さ。上野という土地柄もあってか、英語・中国語・韓国語などの声が行き交う多国籍っぷりも含めて、本当に十人十色です。

 

年齢も立場も違うだろう人たちが、みんなそろってスマホを覗き込み、画面を通して見えた「ポケモン」に一喜一憂し、思い思いに楽しんでいるその光景。

それを見て、なんだかすごく「いい感じ」だと思ったんですよね。と同時に、仲間意識というか、「身近さ」を感じたのでした。

 

そりゃまあ、同じゲームをプレイしているとはいえ、お互いに他人ですし? 変に気安く話しかけたり、世間話に興じたり──とするつもりはないけれど、それでもなお、機会やタイミングが合えば、きっと「ポケモン」を通じて仲良くなれるんじゃないかという、そんな期待を感じられました。

あ、でも “期待” と言っても、出会いを求めているとか、情報交換をしたいだとかじゃなくてですね……ちょっと表現が難しいんだけれど……。

たとえるなら、小学生時代、友達とゲームボーイを持って遊びに行った公園で、他校の子供が同じゲームをプレイしているらしいのが遠目にわかり、「一緒に遊ばない?」と通信ケーブル片手に誘いたくなるような感覚。──たぶん、そんな感じ。

 

ともあれ、現実世界でポケモンと遭遇し、捕まえ、育て、戦わせることができるというそれだけでも、自分にとって『Pokémon GO』が最高にエキサイティングなゲームであることに変わりはありません。ほんま、こんな日が来るとは思わなんだ。

かがくのちからってすげー!

しばらくは自由気ままにプレイしつつ、ゆくゆくは開催されるだろうイベントに参加してみるとか、あるいは小規模なオフ会でも募ってみるとか、他のトレーナーさんとも一緒に遊べたら楽しいな、と思ったのでした。とりあえず、都内の公園はいくつか巡ってみようかな。

 

※追記

夜10:00過ぎの上野公園・弁天堂を訪れてみたら、すごいことになってた。

f:id:ornith:20160724020105j:plain

f:id:ornith:20160724020138j:plain

お祭りの屋台らしきものが見えますが、お店の人はいませんし、そもそもお祭りがあったわけでもありません。何のイベントもない、ただの週末の夜の風景……にしては、人が多すぎる!『Pokémon GO』のすさまじさを再確認しました……。

 

 

関連記事