ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

2014年10月の話題〜悪質バイラルメディア、これからのコンテンツ消費

 やっはろー!この1ヶ月であっという間に涼しくなりました。冬に向けて、いろいろと整理しておきたいところ。まずは紅葉狩りに行きたい。

 それはともかく、毎月恒例「今月のブックマークを振り返ろう」のコーナーです。

社会・時事

コミュニケーションが前提のコンテンツ消費へ

“①複数のコンテンツや作品に対してフォロワーとして消費するが、②「コンテンツそのものやストーリーのみの情報」には反応せず、③「友人・知人とのコミュニケーションを目的にした祭」に便乗する語りで消費する”

あいさつすれば、ともだちふえるね

はっきりと書いていないけれど、つまり「若い社員が目上に対して自発的に挨拶しない」っていうことよね?気持ちは分からなくもないけれど、こういうのは上から示していった方が定着しそう。

生活

コンテンツはもぐもぐ味わいたい

コンテンツの「早食い」化が進んでいるというか、咀嚼され辛くなっている印象。僕はもっと、もぐもぐしたい派です。

そして結局、行けていないという

イカスミを忌避していたけれど、カマンベールちゃんを食べに行こうと思いました。じゅるり。

居酒屋ではまず、玉子焼きを頼みます

たまご料理大好きっ子にはたまらぬ!うおおおお!

ドンッ! → 「0% 0% 0%」

“子どもが初めて買ってもらうゲームソフトって結構大事”、ほんまこれ。SFCの初ソフトがカービィSDXだったおかげで、華々しい記録は消えるものだと、この世は理不尽なんだと学んだ。「0% 0% 0%」の洗礼。

考え方

しっかりと“考えられる人”が重宝される

極論と感情論と批判ばかりで疲れきった浮動層からすれば、このような考え方はウェルカムのはず。でも、なかなか届かないんだろうな……。

Shall we dance?

周囲に「やろうぜ!」と働きかけてリードしていく存在は魅力的だけど、一人一人に「一緒にいかが?」と問いかけて仲間を増やしていくスタイルも。すてき。

同人界隈が最強なのは間違いない

ターゲットを絞らずに好き勝手に創りだしたコンテンツが評価されることは珍しくないし、周囲に振り回されないから強い。全くでござる。

インターネット

拡散して、後に誤りを修正する人の少なさよ

センシティブで「おもしろい」「やべえ」と感じる人が多いだろう「ウソ」の拡散速度に対して、事実や懸念を示す主張は埋もれがちだし、嫌な顔をされやすそう。「俺らの祭りを邪魔するな」と。

めっちゃ捗ってます!

色モノかと思ったけど、なんやかんやで捗ってる。応援してます。

ブログを軸に置くことによる視点の変化

ほんまこれ!ブログの何が良いって、「ネタ集め」という理由付けでいろいろなところへ行く気になるし、記事にするために様々な視点からインプットしようとするし、それを試行錯誤しつつアウトプットでき文字数足りな

自分のペースで読みたいのです

そういえば、GunosyもNewsPicksも全部、アプリじゃなくてPCブラウザで読んでいる自分のようなユーザーは少数派なのかしら。ハッカドールはアプリを入れてるけど。

さがしものはなんですか?

“「好きなように書く」というのと「好きなことを人に見せる(読ませる)よう書く」のは別問題”はその通りだと思う。でもメディアでない以上は「個人の日記」でしかないので、独り言、大いに結構、かと。

ネタ

「それな」

僕はこの物語をおもしろいと思いますが、そもそも「クソリプ」とは何なのか、その意味を知らない人のことを考えていますか?

娘しゃんの意識の高さを分けてください

24歳児の僕も娘しゃんの意識の高さを見習わないと……。

呪いの効果がありそう

これは、アレだ。RPGの終盤に登場する、ネタっぽいサブクエストの報酬としてもらえるアクセサリだ。全能力がアップするやつ。

死ぬってどういうことですか?

 年齢差50歳。異色の2人の対談本。細部の意見の違い、経験や思想による方向性の違いはあれど、全体としては、意見の一致を得ているような印象だった。

 大雑把に言えば、「人生論」に関しては瀬戸内さんが持論を展開し、「経済」的、「社会」的な話題が挙げられると、堀江さんが実例を示し、言及していく形。それぞれの得意分野を抑えつつ対談が進行し、しかも事細かに注釈がまとめられているので、とてもスムーズに読むことができ、内容もおもしろかったです。勉強になる。

ひとりぼっちを笑うな

 友達が少ない、グループに溶け込めない、人付き合いに悩んでいる。そんな「ぼっち」の人に向けて、ひとつの考え方を示した本。

 「ひとりぼっちのススメ」のようなものではなく、「ひとりぼっちも悪くないよ?」と、ひとつの考え方を示すような内容。自身を「内向的」だと感じている人におすすめです。

武器としての書く技術

 「文章」や「書く」ことを主題とした具体性の強い内容となっており、ひとつの記事を書くにしても、すぐに使えそうなノウハウが記されています。

 これからブログを始めるような人や、ブログを始めたはいいものの、まだ形が定まっていない人にとっては、かなり為になる知識が詰まっているような印象。「書く」ことで自らの可能性を広げるための方法論がまとめられており、おすすめです。

大卒だって無職になる

 ストーリー仕立ての展開となっていますが、そこに登場する若者はみんな、どこにでもいそうな等身大の存在。ひきこもりやニート、早期離職に悩む若者に、未来が不安な就職活動生に、ぜひ読んで欲しい作品。

アニメを仕事に!

 「制作進行」の仕事から、アニメ制作や業界のよもやま話を紐解いた内容。

 自分はたまに設定資料集や絵コンテを見ても「なんかすげえ」くらいしか読み取れない素人だけど、それでも一人のアニメファンとして、とても学びと気付きの多い内容だった。以降、スタッフロールを見る目は間違いなく変わる。

他の年の「10月」を振り返る