ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

ぐるりみち。

【50%OFF多数】Kindleセールまとめ|人気コミック・ビジネス書ほか

「Fitbit One」を買ったよ!

f:id:ornith:20130316165821j:plain

 この前、日本で発売した、Fitbit One。思わず買っちゃったぜー!

 「Fitbitって何ぞ?」という方はこちら↓をどうぞ。

 

 

 一言で言えば、歩数や消費カロリーなど、日々の活動を記録してくれる活動量計。

 活動量計と言えば、上の記事にもあるNike+のFuelbandなんかも結構話題になってたよね。僕も去年買ったけど、しばらくしたら壊れちゃったので「そろそろ新しいのが欲しいなー」と思ってたところにこれっすよ!

 

 

いざ、開封

 今回、日本で発売されたのは、「Fitbit Zip」「Fitbit One」の2モデル。僕が買ったのは、睡眠の記録なども可能な「One」の方になります。

 

 というわけで、早速、開封!

 

f:id:ornith:20130316170023j:plain

 

 本体も非常に小さいけれど、同梱物も少ない。

 

  • USBハードウェアキー
  • 充電コード
  • クリップケース
  • リストバンド

 

 以上。説明書のようなものも一応ついているが、「このサイトにアクセスして設定してね!」という内容のアドレスが書いてあるだけ。わお。

 

 ではでは、設定してみましょうか。

 

設定は簡単!

f:id:ornith:20130316175956p:plain

 

 指示されたアドレスにアクセスして、まずはアカウントの設定。

 

f:id:ornith:20130316180041p:plain

 

 入力したら、なんかまたアカウント作成の画面が出てきたけど…。

 とりあえず、もう一回入力。FacebookやGoogle+のアカウントでログインすれば、名前と生年月日の入力の手間が省けるので楽。あとは、身長と体重のみ。

 

f:id:ornith:20130316180235p:plain

 

 ログインできた!次に、デバイス=Fitbit本体の登録。

 

f:id:ornith:20130316180510p:plain

 

 

 僕が買ったのはFitbit Oneの方なので、そちらを選択。

 

f:id:ornith:20130316180645p:plain

 

 設定方法が出てきた。本体の電源を入れて→USBハードウェアキーを差し込み→専用アプリをインストール。

 

f:id:ornith:20130316180801p:plain

 

 アプリの画面はこんな感じ。新しいデバイスの設定、っと。

 

f:id:ornith:20130316180838p:plain

 

 ここで、さっき作成したアカウント情報を入力。

 

f:id:ornith:20130316180918p:plain

 

 デバイスを選択。

 

f:id:ornith:20130316181002p:plain

 

 すると、同期中の画面に。キョロキョロしてる画面がかわいい。

 

f:id:ornith:20130316181044p:plain

 

 うまくいくと、デバイスに表示された番号を入力するように言われる。そのまま入力し、ニックネームの設定を終えると…。

 

f:id:ornith:20130316181135p:plain

 

f:id:ornith:20130316181214p:plain

 

 こんな感じで画面が変わって、設定完了!使い方のガイドが表示される。階段まで計測できるのはすごいなー。

 ついでなので、自分のダッシュボードを確認してみるべ。まだ動いてないから記録はないも同然だけど、どんな風なんじゃろか。どれどれ。

 

f:id:ornith:20130316181344p:plain

 

 トップ画面。歩数、階段、距離、消費カロリーなどの数値一覧が表示されている。活動すれば集められるらしいバッジと、友達の欄が空白なのがむなしい。だれかぼくとともだちになろうよ!ともだちに…なろうよ…(切実

 

f:id:ornith:20130316181554p:plain

 

f:id:ornith:20130316181620p:plain

 

 他、詳細な記録の画面。何が良いって、食事や運動、体重に加えて、心拍数や血圧までも管理しようと思えば管理できるという。これらの入力は自分で行う必要があるけれど、最初からこれだけの項目があるのは、ありがたい仕様。

 設定とアカウント管理に関しては、こんなところ。まだ買ったばかりで活動量が全然記録されていないので、使用感については、しばらく動き回ってから書こうと思います。

 

 

関連記事