ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

ぐるりみち。

【50%OFF多数】Kindleセールまとめ|人気コミック・ビジネス書ほか

ライティング

「個性的な文章」ってなんだろう?作文は「通念化」との戦いだ

「個性的な文章」とは、どのようなものなのか。「個性」を盛り込んだ文章の書き方と、それをかき消す恐れのある「通念化」の視点を紹介。

「書く」を鍛える発想法「ノンストップ・ライティング」の魅力(アイデア大全より)

「ノンストップ・ライティング」の紹介と、そのメリットについて。「書く」ことを鍛えるための考え方であると同時に、アイデアを生み出す発想法でもある。読書猿著『アイデア大全』参照。

【月初雑話】ブログの文章構成について

2016年9月1日の雑記。ブログの「文章構成」に関する諸々の話と、人によって異なる運営スタイルについて。

「自分らしい文章」はどこにある?

「自分らしい文章」について。「書き言葉」と「話し言葉」が異なるという話に始まり、媒体別に顕在化する「個性」と「文体」についてざっくりと。

「呪い」と「祟り」の違いって?

「呪い」と「祟り」の違い、そして共通点についてまとめた、学生時代のレポート。

ブログの最適な「文字数」とは?字数制限によって文章力を養う

ブログ記事の「文字数」について考えたこと。SEOや読みやすさの面から「字数制限」を設ける人がいるけれど、ブログでは極端に気にする必要もないのではないかしら。

「すごい」「やばい」「考えさせられる」〜保留された感想の言語化

「すごい」「やばい」「考えさせられる」などの「感想」表現について思ったこと。

「いい年して」「いい大人が」という表現について思うこと

「いい年して」「いい大人が」という言葉に関して思うこと。年不相応としての指摘ではなく、それを受け入れた上で楽しめる前向きさを持ちたい。

モノに「依存」せず、コトに「夢中」でいたい

「依存」という言葉について。「依存症」や「共依存」といった表現のせいか、あまり良いイメージのないこの単語。「夢中」と言い換えることで、前向きに捉えられないか。

ですます?である?文章の〈敬体〉と〈常体〉の使い分けを考える

文章における〈敬体〉と〈常体〉の違い、使い分けについて。特にルールのないブログにおいては、より共感を引き起こしやすい混在型の文章も選択肢に入るのでは。

語彙力を鍛えるためには「言葉を失う」必要がある

文章力を鍛えるには、言葉でもって他人に何かを伝えようとするのなら、どこかで「言葉を失う」必要が出てくる、という話。『高校生のための文章読本』の中に掲載されていた、開高健さんの文章より。

わかりやすい文章・伝わりやすい文章、何が大切?

「文章力」と「文字コミュニケーション」の話。「わかりやすい文章」とは言うけれど、実際のところどのようなものなのだろう?「伝わる文章」って?

雨を吟ふ

「雨」に関する詩歌、楽曲、ゲーム、アニメ、映画など。梅雨の時期は、どこかいつもと違う気分。

ブログの読みやすさとか、文章構成とか、デザインとか

ブログにおける「読みやすさ」「文章構成」「デザイン」など、ブログを読んでもらうために必要となりそうな要素についてあれこれと考えてみた。

想定外の批判を「読者の読解力不足のせい」にしていいの?

読者からの批判に対して「読解力がない」と反論するのは悪手。そもそも文章による文字コミュニケーションは伝わりづらいものだし、自分の文章力にも過信するべきではない。

文章の「推敲」してますか?ブログやレポートの「見直し」は大切!

日常的に「文章」を書く機会は数多くありますが、果たしてその中でどれだけの人が「推敲」し、読み返すことができているのだろう。自分の文章を見直すことで得られる意味をまとめました。

幾度となく繰り返された「ことば」は重さを失う

ネットに氾濫するテンプレート表現、何かを言っているようで何も言っていないコメント、いつもいつも同じ言い回しの文章表現……。ウェブ上の「テンプレ」について考えてみた。

「感情的な文章」ってなんぞ?すべての文章には感情が宿る

文章表現の話。全ての文章は感情本位であると同時に、その表現方法は各々が自分で選択したものと言える。論理にも感情は宿るし、淡白だからと言って無感情な文章だとは言い切れない。

「死ね」「死にたい」〜軽い気持ちで発した言葉が及ぼす影響

ネット上に溢れる「死ね」「死にたい」などを始めとして、「ことば」が人に及ぼす影響について。何気ない表現が他人を傷つけることもあれば、ちょっとした言葉が自分を炎上させかねない場合も。

「おもしろい」にはいろいろな文脈があって面白い

当たり前に使っている「おもしろい」という言葉。この表現を質問に乗せて使う場合、文脈によって答え方が変わってきて、面白い。爆笑、興味深い、珍しいなど、様々な「おもしろい」の話。

紙とペンによる「手書きブログ」でセルフツッコミをしてみた

ボールペンを手に取り、ルーズリーフに向かって、アナログな気持ちで「ブログ」を書いてみた。ノートに向かって書かれた「自分の文字」は、どこかツッコミ要素の強い、何とも言えぬものでした。

自分が高めたい「文章力」の方向性を考えよう

「文章力」の話。「うまい文章」を考えるには、文章を書く「自分」の視点と、それを読む「他人」の存在がポイントになる。

「わかる」は漢字?ひらがな?日本語文章の表記の違いが面白い

書き言葉の表記ゆれの話。「こと」と「事」、「わけ」と「訳」、「できる」と「出来る」など、漢字とひらがなのどちらで書くのが表現・用法として正しいのか。

「オタク」の基準とは?雑食は「なにオタク」に定義されるんだろう

「オタクとは」の定義の話。時に「キモい」ものとして、時に「すごい」存在としてイメージの変わってきた「オタク」という言葉。自分が「◯◯オタク」であるかを考えてみたら、実は当てはまるものがなかった。

「自己肯定」と「自己正当化」の違いとは?

「自己肯定」と「自己正当化」の意味と違いについて、字義の視点から考えてみた。周囲の評価・定義に縛られがちな「自己正当化」から解き放たれるには、自分をありのままに受容し、諦めることによって「自己肯定感」を養うしかないのでは。

「思考停止」が当たり前の生活で、思考の海を揺らぎ続けるには

「思考停止」という言葉について思うこと。多かれ少なかれ、僕らは決断・選択することによって思考停止しているため、それは何ら悪いものではないと思う。大切なのは、自分の思考停止のポイントを発見し、判断基準を理解することと。

「話す」ように「書く」?ブログに書く文章はどこから来たの?

自分のブログの文章、「書き言葉」はどんな過程を経て今の形になったのだろう?「話し言葉」と「書き言葉」の違い、論文やエントリーシートといった、媒体による文章表現の違いなどから考えました。

「壁ドン」の意味が変わっている?多義すぎるネットの「壁」

最近話題の「壁ドン」ですが、「意味が違う!誤用だ!」という意見も耳にします。イラ壁、床ドン、壁殴り代行といった怒りの対象から、恋愛の萌えるシチュエーションとしての意味を持つように至る過程には何があったのか。

「またあした」と言える誰かがそこにいる幸せ

「またあした」という言葉について。日本語における別れの言葉はたくさんありますが、その中でも特に前向きさを感じる、「また」という言い回し。そして、今日も一日がんばるぞい!

すべての文章は自然と「嘘」になってしまう?文章の《物語化》問題について

『危険な文章講座』で指摘されていた、文章の《物語化》について。「嘘」をつくつもりはないのに、良い文章を書こうと試行錯誤した結果、事実との解離が起こり「創作」となってしまう問題。承認欲求による自己正当化も。自分の文章表現を見直すことの大切さ。