ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

ぐるりみち。

【50%OFF多数】Kindleセールまとめ|人気コミック・ビジネス書ほか

サブカルチャー-ライトノベル

『りゅうおうのおしごと!』がアツい!原作を一気読みしてマジ泣きした

白鳥士郎著『りゅうおうのおしごと!』の紹介・レビュー記事。アニメ版と絡めつつ、最新刊まで一気に読んだ感想をまとめました。

初めて「エモい」と感じた、普通じゃない家族の物語『平浦ファミリズム』

遍柳一著『平浦ファミリズム』のレビュー・感想記事。

小説『君の名は。Another Side:Earthbound』で描かれる“宮水家”のサイドストーリー

加納新太著『君の名は。Another Side:Earthbound』の感想記事。映画の外伝小説でありながら、作品世界をより魅力的に彩る短編集。

比嘉智康『たまらん!』は言葉遊びと多角関係がたまらんラノベ

比嘉智康著『たまらん! メチャクチャな青春ラブコメに巻き込まれたけど、生まれてきてよかった。』の感想記事。うむ、これはたまらんライトノベルでござる。

『下読み男子と投稿女子』全ての物語が楽しくて仕方なかった、あの頃の読者へ

野村美月著『下読み男子と投稿女子 〜優しい空が見た、内気な海の話。』の感想記事。「ライトノベル」を題材にした王道の青春モノかと思いきや、いろいろと感じさせられる作品でした。

自分だけの「本棚」と、それを見せ合いっこする楽しさ

「ライトノベル」批判に関して、思うこと。定義だなんだとよく言われる部分はあるけれど、「馬鹿にしている」層の大半は読まずに悪口を言っているだけに過ぎないのでは。それらはスルーして、好きな人は好きなままに「おすすめ」を語れば良いと思う。

ラノベを普段読まない人にもおすすめ!偏読家が選ぶ10冊

おすすめのライトノベル作品を10冊、選んでみました。感想も含めた、主に物語性の強いラノベについて。『文学少女』『ゆめにっき』『AURA』『砂糖菓子』など。