ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

即位礼正殿の儀、やる夫スレ、リングフィットアドベンチャー〜今月気になった話題(2019/10)

f:id:ornith:20191031175710j:plain

 おっすおっすー!

 「ハロウィンなんて知らんがな! そんなことよりリングフィット アドベンチャーがどちゃくそ楽しいしキツいぞこんちくしょう!」でおなじみの、けいろーです。やっほやっほ。

 いやね、発表当初から気になるタイトルではあったんですけどね、ネットでの話題やら推しのVTuberさんが遊んでいる様子を見ていたら、すっかり欲しくなっちゃいましたね……。貯まってたポイントを消費してノリと勢いでポチって遊び始めたら、これがなかなかにヤバいっすね。はい。そのうち感想書きます。

 というわけで、毎月恒例「今月のブックマークを振り返ろう」のコーナーです。記事の末尾にて過去の「10月」の話題もまとめておりますので、暇な方はよかったらどぞどぞ。

続きを読む

『北海道らぁ麺 ひむろ』秋葉原店で、味噌ラーメンを10年以上ぶりに食べる

f:id:ornith:20190919155549j:plain

 醤油。塩。豚骨。つけ麺。

 男にとって、「ラーメン」とはごちそうである。まだガキンチョだった頃は、たまに外で食べるラーメンはもちろん、家で食べるインスタント麺だって、カレーやハンバーグに並ぶレベルのごちそうだった。さらには近所の駄菓子屋さんで食べるブタメンですら、子供の時分には最高に魅力的に感じていた覚えがある。

 さすがに今となっては、ブタメンやインスタント麺は「ラーメン」とは別カテゴリーに振り分けられてしまった印象もあるけれど。でもそもそも、一口に「ラーメン」と言ってもその世界は広大で奥が深い。ラーメンフリークでもない自分には、おいそれと語れないような印象すらある。

 ──などと考えつつ、ラーメン店ひしめく秋葉原を歩いていた、ある日の夜のこと。久々に『はるか』さんに入ろうと考えるも行列ができているのを見て断念し、多種多彩なラーメン屋さんに目移りしつつ、悩むくらいなら『博多風龍』でいっかー……と決めかけていたところ、ふと目に入ったお店があった。

f:id:ornith:20190919155559j:plain

 それが、『北海道らぁ麺 ひむろ』の秋葉原店さん。都内の何ヶ所かで見た覚えのある、北海道ラーメンのチェーン店。そういえば入ったことなかったなーと思いつつ、軒先でメニューを眺めていたところ、ふと気づいたことがあった。

 そういえば、僕。
 味噌ラーメン、食べてなくない?

 ──そうなのだ。自分が好きなラーメンと言えば、醤油と豚骨。同時に、魚介系のつけ麺もこよなく愛し、夏場は塩ですっきり、たまに鶏白湯の旨味に舌鼓を打つこともある。広大なラーメンの世界を人並みにつまみ食いしていた自分が唯一、足を運んでこなかった未開の土地──それが、味噌王国なのです。

 改めて考えてみると、自分は濃厚な“みそ味”の料理になんとなく忌避感があり、避けていたようなきらいがある。お味噌汁は好きだけれど、味噌田楽はちょっと苦手。子供の頃に食べた味噌ラーメンが濃厚すぎて、当時の苦手意識を引っ張り続けていたのかもしれない。

 口では「ラーメンが好き」と言いつつも、おそらく10年以上は避けてきた、味噌ラーメン。子供の舌には合わなかったそれも、酸いも甘いも噛み分けてきた今の自分なら、きっとおいしく食べられるのではないかしら──。そう考え、いざ入店することにしたわけです。大人の階段、のぼっちゃおう。

続きを読む