ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

正しい世界の見方って?日常生活でも使える複眼思考『ファクトフルネス』

 次々に出版される新刊に、クールごとに数十本単位で始まる新作アニメ、そして毎日のように投稿されるYouTubeの動画。日々途切れることなく流れてくるコンテンツは、食べても食べてもなくならない。それはまるで、食べ放題&時間無制限の回転寿司屋に来ているかのような生活。楽しい。おいしい。もぐもぐ。

 しかし言うまでもなく。
 そんな現状においては、絶望的に時間が足りない。

 2019年もそろそろ半分が終わるのに、せっかく買った新刊は積み上がっていくばかり。6月が終わる前に1冊くらいは消化せねばあるまいて……ということで手に取ったのが、本書。この半年間で特に話題になったビジネス書新刊の1冊『ファクトフルネス』です。

 「世界100万部超の大ベストセラー
 「ビル・ゲイツ大絶賛!
 「大卒の希望者全員にプレゼントされた名著
 「あなたの “常識” は20年前で止まっている!?

 このような文言が並ぶ帯を書店で目にした人も多いのではないかしら。「めっちゃ煽るやん」と思いつつもなんだか気になり、でも明らかに分厚いため、衝動的に買うのは躊躇しそうな本でもあります。

 ところがどっこい。実際に手に取って読み始めてからは、あっという間でした。冒頭で投げかけられる問いとその答えによって瞬時に引き込まれ、第1章を夢中になって読み耽り、次々に示される「事実」を流れるように追いかける。気づく頃には300ページ超を読み終えており、その読後感はまっこと爽快なものでした。

 評判どおりの話題書。
 多くの人におすすめしたい1冊です。

 

スポンサーリンク
 

 

続きを読む

チョコミントをすこる

チョコミント味のお菓子を食べてみた(2019年)

 チョコミント──。
 それは自分にとって、長らく微妙な存在だった。

 チョコレートは大好きです。子供の頃からずーーーっと好きなお菓子の上位にあり続けているし……多分、一番最初に好きになったお菓子だったんじゃないかしら。

 チョコ棒、チョコバット、キットカット。どれもこれもが最高のごちそうであり、中でもキットカットはヤバい。なんぞあれ。チョコのおいしさは言うに及ばず、それがウエハースの「サクッ」感と合わさり最強に感じる。キットカットと添い遂げたい。

 ミントもそこそこ好きです。さすがにそれ単体で味わった記憶はないものの、お菓子以外でもおなじみのフレーバー。歯磨き粉とか。

 ほどほどにミントの風味が加わったお菓子はそれなりにおいしいけれど、特に自分の中では「ミントガム」が正義。食べ始めは清涼感が口内を満たし、噛み続けているとやがて消える──かと思いきや、意外と長続きするすっきり感。変に甘い後味も残らないので、最近は作業のお供としてもお世話になっています。

 ところがどっこい。両者が組み合わさって「チョコミント」となると……なんとなーく、微妙に感じられることがしばしばあったのです。

 はっきり「嫌い」と断言するほどではないものの、好んで食べようとは思わない感じ。別の選択肢があればそちらを選ぶし、それなら普通の「ミント」フレーバーか、スタンダードな「チョコ」でいいじゃないか、と。自分にとって「うめえ!」と感じられるチョコミントとは、長らく出会うことがありませんでした。

 けれど、この数年で味覚の感じ方が変わったのか、好みに変化があったのか。

 ひさしぶりにチョコミント味のお菓子をいくつか食べてみたところ、素直に「なにこれおいしいじゃん!」と感じられたのです。我こそがチョコミン党である──と手のひら返しをするレベルではないけれど、普通においしいおいしいとチョコミント味を楽しんでいる今日この頃。

 そんな「チョコミント」なお菓子を、いくつか並べてみました。

 

スポンサーリンク
 

 

続きを読む

お肉たっぷりロージャーモー!秋葉原『MOOGA』のモーガ&リャンピーセット

秋葉原『MOOGA』店名

 秋葉原に、『MOOGA』というお店があります。

 2018年春にオープンした比較的新しいお店で、一見するとおしゃれなカフェのような佇まい。なんとなく女性向きのお店に見えなくもなく、最近流行りのタピオカミルクティーを売っていてもおかしくない──と思ってたら、最近売り始めたようです。つよい。

 ところがどっこい。僕はそんなMOOGAさんのことを、つい最近まで「MOGRA」と勘違いしていたのです。それは、秋葉原の地下にあるDJバーの名前。アニソンのクラブイベントも頻繁に開催されており、過去に何度か行った経験も。一文字違いかつ同じ秋葉原という立地から、完全に混同していたんですよね……。

 で、そんなことを呟いたら……お店の人に補足されました。

 爆音で流れる「ハム太郎とっとこうた」に合わせて観衆がぐるぐる回っていてもおかしくないクラブであるMOGRAさんと、シャレオツな店構えながら、何やら耳慣れない食べ物を取り扱っているらしいMOOGAさん。

 「前者は知っていて、後者を知らずにいるのも失礼な話だ……!(?)」という我ながらよくわからない使命感に駆られ、先日おじゃましてまいりました。

 より正確に言えば、たまたまその日一緒に飲んでいた友人の鶴の一声によるものではあったのだけれど……いやほら、お店の方とのTwitterでのやり取りもあって、もともと行くつもりでしたし! うん!

 

スポンサーリンク
 

 

続きを読む

今も昔も変わらない『インターネット的』なものに思いを馳せる

 「ひとりぼっちじゃない」。

 思春期の真っ只中にいた自分がインターネットに触れ、顔も名前も知らないどこかの誰かと言葉を交わすようになった頃。ふと抱いたのが、この「ひとりぼっちじゃない」という感覚だった。

 外出している親の目を盗み、家でパソコンに向かっていた少年時代。友達の多くが部活動に明け暮れ、塾で勉学に励み、青春を謳歌していた一方で、週末でもパソコンの画面に向かっていた僕。その姿は、傍目から見れば間違いなく「ひとりぼっち」と形容できる姿だったように思う。

 でも、ひとりで向かっていた画面の先には、いつだってどこかの誰かがいた。暇を持て余した大学生、よくわからない仕事をしている大人、不登校の中学生。チャットや掲示板で話す相手は本当に十人十色で、同年代の子供ばかりが集まる学校とはぜんぜん違う。そんな “誰か” と話すことが、たまらなく楽しかった。

 誰も彼もがまったくの赤の他人なのに、その一人ひとりに日常があり、人生がある。当たり前と言えば当たり前──街中を歩く最中でさえ感じられる──ことなのだけれど、顔も名前も知らない相手と、文字だけを介して行う会話でそう実感できることが、子供の自分にはすごいことのように感じられたのです。

 このような話は、SNSが定着した今となっては言うまでもないことなのかもしれない。けれど、僕自身がそう実感するに至った00年代前半の、さらに少し前。まだインターネットが普及し始めたばかりの頃に、そのような指摘が書かれている本が出版されていたのだとか。

 つながりすぎないで、つながれることを知る。こういう関係が、インターネットの上では、リアルに感じられるかもしれません。「ひとりぼっち」なんだけれど、それは否定的な「ひとりぼっち」ではない。孤独なんだけれど、孤独ではない。

(糸井重里著『インターネット的』Kindle版 位置No.485より)

 2001年に出版された、『インターネット的』。近年になって「今の時代が予見されている」と再注目されていた糸井重里さんの本を、ようやっと読むことができました。

スポンサーリンク
 

続きを読む

池袋『ハンバーグは飲み物。』で牛げんこつハンバーグ(250g)を飲む

池袋『ハンバーグは飲み物。』レビュー・サムネイル

 偉い人は言いました。
 「カレーは飲み物」である、と。

 「……なるほど!」と僕は思いました。大人も子供も大好きな、とろとろしていて旨味たっぷりの、いくらでもおかわりすることのできる、カレー。それはたしかに “飲み物” なのかもしれない、と。

 

 また違う人は言いました。
 「焼きそばは飲み物」であると。

 「……なるほど?」と僕は思いました。普段は頻繁に食べるわけではない、でも子供の時分から親しんできた、夏祭りの風物詩でもある、焼きそば。それはたしかに “飲み物” なのかもしれない、と。

 

 そしてまた、ある人は言いました。
 「ハンバーグは飲み物」であると。

 ──僕は思いました。

 

いや、さすがにそれは
無理があるのでは??

 

スポンサーリンク
 

 

続きを読む