ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

『秒速5cm』『言の葉の庭』のオーディオブック版が最高だった

映画とは違う小説版を、オリジナルキャストの声で

2018年に入ってから、「耳」で楽しむコンテンツに触れる機会が増えた。Podcastやnoteの音声配信を聴くようになったほか、YouTuber動画もラジオ感覚で楽しんでいる。

そんななか、オーディオブック配信サービス『Audible』「新海誠作品オーディオブック プロジェクト」という特設ページができていた。いつの間にこんなものが……。

f:id:ornith:20181109115052j:plain

「新海誠作品オーディオブック プロジェクト」特設ページ

映画監督・新海誠@shinkaimakotoさんの関連小説をオーディオブック化していく企画として、8月末から作品が追加されていたらしい。

第1弾として『君の名は。』に始まり、現在は『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』のオーディオブック版を配信中。いずれも新海さん自ら執筆した小説版を元にしている。

──そう、「映画版」ではなく「小説版」。
しかも、声を当てるのは、映画版の声優陣。

新海誠作品のファンであれば、これが単なる「音声版」ではないことがわかるでしょう。見方によっては「完全版」とも呼べるコンテンツ。あるいは11年ぶりに『秒速』の2人の新録ボイスが聴けるとくれば、それだけで嬉しいという人も少なくないはず。

だって、映画『秒速』の本編では描かれなかったエピソードと、明かされなかった “手紙” の内容が、あの2人の声で聴けるんですよ!?

それだけでファン垂涎ものだし、同じく映画以上に広い世界観、多くのキャラクターの目線で紡がれる『言の葉の庭』の小説版も音声で楽しめるときたら、もう最高じゃありませんか。

──貴樹と明里、孝雄と雪野先生に、また会える。
これ、実は神木隆之介さんあたりが一番喜んでいるんじゃないかしら……。

 

オーディオブック版『言の葉の庭』の魅力

映画版の「補完」的な印象もある『秒速』に対して、『言の葉の庭』の小説版は「完全版」というイメージ。主役2人の関係性を掘り下げるのみならず、その周囲の人間関係も各キャラクターの視点から描く、群像劇スタイルを採用したノベライズになっている。

具体的には、主人公の男子高校生・孝雄の兄と母のほか、彼が通う高校の体育教師に加えて、さらには映画本編では終盤でビンタされていた女子生徒も合わせた、計6人。各章では映画では脇役に過ぎなかった彼ら彼女らの主観で物語が進み、それぞれが過ごす日常と懊悩が描かれるのだ。

 

 いつからか靴作りに真剣な弟、がむしゃらに役者を目指している梨花、一回りも下の中年男に真剣にぶつかっていく母親。

 ──こいつらみんなばかなんじゃねえか。オレは苛々と胸のうちで毒づく。辿り着くはずもないゴールに、それ以外の場所は存在しないような勢いでひたすらに走り続けている。どいつもこいつも。ふいに今日二回目の涙が込み上げてくる。なんて日だ、今日は。

 うらやましいのだ、オレは。

 誰にも聞こえないように鼻をすすりながら、オレは決して口には出せないその気持ちを、必死に胸の中に押し戻そうとする。

(新海誠著『小説 言の葉の庭』第三話「主演女優、引っ越しと遠い月、十代の目標なんて三日で変わる。──秋月翔太」より)

 

灰色の日常に閉塞感を抱き続けている人がいれば、理想を捨てて周囲から憎まれること選んだ人もいる。映画では二言三言程度のセリフしかなかったキャラクターたち一人ひとりにも物語があり、日常があり、悩みがある。巧みな心情描写も手伝って、彼らの息づかいすら感じられた。

そんな小説版がオーディオブックになるとくれば、それは文字どおり「息を吹き込む」ようなもの。6人のキャスト陣によって、6つの物語が臨場感たっぷりに語られる。短歌がモチーフとなっている本作は「朗読」との相性も良く、映画以上の長尺でもってこの世界観に浸れることもまた嬉しい。

また、「朗読」であるためにセリフの読み方、感情の込め方が違うという特徴もある。一言一言の「間」や呼吸も意識しながら読んで(演じて)いるように聴こえて──しかも映画と違って音声以外の情報がないため──とにかく集中して作品世界に浸れる。オーディオブックなので倍速もできるけれど、これは等倍じゃないと聴けない。

あと、雪野先生がなんとなく映画よりも大人っぽく感じた。これは当然、朗読というメディアの特性もあると思う。でも一方で、花澤さんの演技への印象が変わったという側面もあるのかもしれない。映画の収録当時は雪野先生よりも年下であり、今は年上になっている──と考えれば、そう感じるのも自然なのかなと。

これは「ドラマCD」ではなく「オーディオブック」なので、各章ごとに1人の読み手が担当する形が基本。ただし本作では終盤に限って、孝雄役の入野自由さんと雪野役の花澤香菜さんが2人で「読む」章がある。

これがまた、最高なんですよ……!

詳しくはぜひ実際に聴いてみてほしいのですが、やはり映画とは違った感情の高ぶりと余韻があってたまらない。雨の映像と演出、BGMと迫真の演技、そして最後に秦基博がどーん! とくる映画に対して、淡々としていながら着実に感情の波が押し寄せる感じがすごかった。

もう映画で何度も観てるのに、また泣きそうになったぜよ……。

 

最初の1冊は無料で聴ける

以上、「新海誠作品はオーディオブックでも楽しめるぞ」という話でした。

とはいえ、オーディオブックと言えば単価が高いのが悩みどころ。個人的に好きな作品かつ好きな声優さんが担当しているなら喜んで聴くものの、そうでなければ「本でいいや」となるのが常だったんですよね。読むよりも時間がかかるし、かと言って倍速にするのも違う気がするし。

その点、此度の「新海誠作品オーディオブック プロジェクト」は完全に俺得な企画だったわけです。大好きな作品だし、オリジナルキャストだし、しかも映画とは違う小説版を声優さんの声で聴けるとくれば──むしろ進んでお金を払いますとも! 時間をかけて堪能できるのも嬉しいですしね。

Audible

Audible: 本は、聴こう。

また、てっきりKADOKAWA系のサービスでの配信になるのかと思いきや、Amazonの『Audible』での展開というのもありがたい。初めての利用であれば30日間は無料、かつ1冊を追加料金なしで入手できるので、まっことお得。

──実はこれ、前々からいつ登録しようかと様子を窺っていたのですが、此度の『言の葉の庭』の配信開始を聞きつけて、「今しかねえ!」とダウンロードして楽しんでいる格好です。最大3,000ポイントを獲得できるキャンペーンも開催中とのことだったので。

ほかにも『君の名は。』では朴璐美さんが朗読を担当しており、12月には外伝小説の『君の名は。 Another Side:Earthbound』も配信予定なのだとか。外伝は新海さん執筆による作品ではないのですが……これがまたいいんですよねー。宮水父の話が大好き。

そんなこんなで、新海誠作品が好きな方はぜひぜひ聴いてみてくださいな。

 

新海誠作品 オーディオブックプロジェクト

 

関連記事

VRは“経験製造器”?仮想現実が導く未来『VRは脳をどう変えるか?』感想

 

先日、 “バーチャル断頭台” で “処刑” されてきた人のつぶやきが話題になっていた。

仮想世界の断頭台に仰向けになり、ギロチンが自分の首に向かって落ちてくるのを間近で目にし、自身のアバターの首から血が流れるのを見たのだという。その結果、上記ツイートのような “症状” が現れ、しばらく動けなくなってしまった──という話。

あまりにも生々しく、読むだけでもゾッとする体験談。MoguraVRの記者さんも同様の体験をし、やはり似たような「冷や汗」や「痺れ」が感じられたそう*1。このことからも、これは本当にシャレにならないVR体験であることがわかる。最悪の場合、「仮想世界での死が、現実の肉体にダメージを及ぼす」ような事態に発展してもおかしくないのでは……?

他方で、この話題に対して「これって、治療にも使えるんじゃない?」というコメントも散見された。PTSDの症状を緩和する治療法として、仮想空間が活用できるのではないか──と。VRに詳しくない人が読めば危険性への懸念が勝ってしまいそうな話題に対して、自然とそのような指摘が出てくるのはすごい。

そして実のところ、その “治療” はすでに実現しているのだ。

 

 

その実例が報告されているのが、本書『VRは脳をどう変えるか?──仮想現実の心理学』だ。筆者はVR研究の第一人者、ジェレミー・ベイレンソン教授。

本書では、実際に医療現場で成果を挙げているVRの活用事例が登場する。同時多発テロを経験したPTSD患者の症状が改善に向かったほか、鎮痛剤が効かないほどの激痛を和らげる効果も認められたという。本書が示すのは医療分野にとどまらない。スポーツや教育においても、VRの有益性は広く認められつつあるのだ。

しかし同時に、VR体験は多分に危険性をはらんでいる。小説や映画におけるディストピアで描かれてきたように──もしかしたらそれら創作の想像力を上回るほどに──VRにはリスクがある。筆者の指摘に従うなら、先ほどの “断頭台” は特に注意すべき種類のコンテンツであると言えるだろう。

 

スポンサーリンク
 

 

続きを読む

大盛り無料!立川『パスタビーノ・ハシヤ』のミートソース

立川『パスタビーノ・ハシヤ』でランチパスタ

立川シネマシティで映画を堪能した、ある日のお昼時。

二転三転するストーリー展開にドキドキさせられっぱなしで、映画館を出る頃にはすっかり腹ペコ状態に。感情を強く揺さぶられたあとには、運動したわけでもないのにお腹が空く感覚……ありません? ……あるよね? ……あるんです!

こんな日は、お腹いっぱい麺類を啜りたい──。

そう考え向かったのは、立川駅南口のパスタ店『パスタビーノ・ハシヤ』さん。

立川『パスタビーノ・ハシヤ』外観

パッと見たかぎりでは「おしゃれな洋食屋さん」といった雰囲気ですが、ランチタイムはパスタの大盛りが無料。近隣のサラリーマンや学生からも重宝される、老舗のパスタ店なのだとか。

そのような話を聞いて前々から気になってはいたものの、実際に入店したことはなかったこちらのお店。しばらくパスタを食べていなかったこともあり、この日に限っては迷う理由はありませんでした。いざいざ。

 

スポンサーリンク
 

 

続きを読む

バ美肉ナイトクラブ感想〜「かわいいおじさん」が織り成す優しい世界

平成最後のハロウィン当日。
渋谷の街に、ひとつの魔境が顕現した。

場所は渋谷駅近くのイベントスペース。集まったのは約80人の男たち。年齢は20~30代が多いように見える。数えられるほどの女性も中にはいたものの、パッと見るかぎりでは男ばかりの空間が広がっていた。

それは、とある「ナイトクラブ」を称するイベント。

フロアには音楽が流れ、控えめながら体を揺らしている人も目に入るなど、たしかに一見すると “クラブ” のよう。しかしステージ上にDJの姿はなく、そこには3枚のモニターが鎮座するだけ。ステージの前には観客用の椅子がいくらか用意されており、その後方では立ち見の男たちが開演を今か今かと待ち構えていた。

独特な空気が漂う場内で、時計の針が午後3時を指し示した頃。ややあって登壇した司会の呼びかけに答えるように、ステージ上のモニターに3人の “女の子” が映し出された。

バ美肉ナイトクラブ・会場風景

──途端に、場内に歓声が響き渡る。

割れんばかりの拍手と共に、場内のボルテージは急上昇。「かわいーー!!」「好きだーーーー!!」という野太い声も聞こえるなど、数分前のふわふわとした空気は一瞬で霧散した。彼らの視線の先には、画面の中でえへへと笑う女の子の姿がある。かわいい。

ただし、彼女たちは “彼女” ではない。
画面の中で微笑む女の子の正体は──おじさんである。

そして、口々に「結婚してくれー!」と叫んでいるのもまた、おじさんである。

今ここに、ひとつの優しい地獄が生まれた。

 

スポンサーリンク
 

 

続きを読む

平成のネット振り返り、VTuberの多様性、自己の客観視の大切さ〜今月気になった話題(2018/10)

こんちゃーっす。

ハロウィンで盛り上がる渋谷の街を軽くスルーし、『バ美肉ナイトクラブ』なる地獄の釜の蓋が開いたようなイベントに行ってきた僕です*1

ヤバかった……地獄かと思ったら天国だった……。初めてVTuberと生でお話させていただいたのだけれど、アレはパないっすわ……世界変わりましたわ……。

イベントの感想は後ほどまとめるとして、まずは毎月恒例「今月のブックマークを振り返ろう」のコーナーです。例によって記事の末尾に過去の「10月」の話題をまとめておりますので、そちらもよかったらどぞー。

 

※いつものタイムセール祭りもまとめてます。

 

続きを読む

【寄稿】「わたしのネット」さんで「ぼくのネット」の話をしました

先日のイカの記事に引き続き、『わたしのネット』さんに寄稿しました!

 

 

文字数にして、約14,000字。

これだけのボリュームの記事──しかも自分語り要素が強い──にGOサインを出していただき、まっことありがとうございます。

内容については実際に読んでいただきたいところですが、一口に言えば、当ブログの代表記事である「平成生まれの僕が見てきたインターネットの世界」のリメイク版。自分が20年近くにわたって触れてきた「インターネット」という存在について振り返りつつ、今現在思うことをまとめた内容です。

 

諸々の黒歴史を生み出しつつも、現在進行系でインターネットに救われている自分。

 

「ネットがなければ死んでいた」は言いすぎかもしれないけれど、「ネットによって生かされている」のは間違いない。ライターとして収益を得ているという意味でもそうだし、しばしば落ちこむ出来事があったとしても、ウェブ上のコンテンツに癒やされ、救われているという現状がありますので……。

しかし一方で、近頃はインターネット──もといSNSの悪い側面が強調されつつあるようにも感じられ、ちょっとモヤモヤしている部分も少なからずありました。

だからこそ、インターネットのポジティブな側面に目を向けたかった格好。つまるところは個人目線の自分語り、古きを懐かしむ内容に過ぎませんが、折に触れて「好き」の感情を再確認することにも意味はあると思うんですよね。ちょうど平成が終わりそうな今は、そのタイミングとしてもぴったりかと。

まあ、あれやこれやと書きたいことはありますが、此度の寄稿記事、お手すきの際にも読んでいただけると嬉しいです!

 

関連記事