ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

ぐるりみち。

【4/25まで】Amazonタイムセール祭り!大規模セール実施中

ブログを1カラムにした|カスタマイズの参考にしたページのまとめ

 ──のに、この数日でツッコんでくれたのがたった2人という悲しみ。やっぱりみんな、僕のブログなんて読んでないんすね……シクシク……。それとも、そんなにワシは絡みづらいキャラなのか……。

 まあそんな茶番はさておき、実際のところ、「それまで2カラムだったサイトが1カラムになっても気がつかない」のは、何も不思議なことじゃないと思うんですよね。

 なんたって、誰も彼もがスマートフォンでWebサイトを閲覧している現代。うちのブログですら、7割以上のアクセスがモバイル端末を経由しているくらいだから。サイドバーとかもはや、「スイカバーの亜種か何か?」というレベルで認識されていないんじゃないかと思えてくる。スイカバー、いいよね。

f:id:ornith:20180416173909j:plain

 そんなわけで、物は試しと1カラムレイアウトにしてみたこのブログ。その際にいろいろなサイトを参考にさせていただいたので、ざっくりとまとめておこうと思います。

 

1カラムってどうなの?

 1カラムにしようと決めた理由はいくつかありますが、やっぱり「普段から読んでいるブログの多くが1カラムに移行しつつある」というのは大きかったかなーと。

 たとえば、こちらのような。写真メインでも文章メインでも関係なく、個人ブログでもシンプルなレイアウトを採用するサイトが増えつつあるように見えます。

 また一方では、『note』『Medium』といった、シンプルなプラットフォームの存在も。情報量の多いニュースサイトや企業のホームページとは異なり、視覚的にすっきりした印象を受けますよね。

 そして何より、今も昔もシンプルで読みやすく、長年にわたって個人のゆるふわ日記が投稿され続けている、『はてな匿名ダイアリー』なんてサイトもありますしね! ヒャッハー!

f:id:ornith:20180416173912j:plain

「これ、詐欺じゃね?」と感じた案件と、確信に至るまでの過程と、打ち合わせ時の自衛策|けいろー|note

 でも、なぜ1カラムレイアウトが増えているのか……と考えてみると、これという理由はあるのかしら。単純に流行なのか、レスポンシブデザインが普及したためか、はたまたスマホによるブラウジングが当然になったことで、スクリーンサイズに関係なく「縦」の視線移動が中心になったためか──。

 まあ詳しい分析は専門家に任せるとして、素人目に見ても1カラムのサイトが増えている実感があったため、「じゃあワシもワシも」と便乗しようと考えたわけです。

 というかぶっちゃけ、それまでもサイドバーが機能している印象があまりなかったので、良い機会かと思いまして。それこそ、情報量の多いニュースサイトならいざ知らず、そのへんのブロガーが「こっちもいかが?」とサイドバーに関連記事やおすすめ商品を詰めこんだところで、見るのは自分と同じ「ブロガー」くらいな気もする*1

 

サイドバーに載せていた情報をどうするか

 さて、実際にレイアウトを変更するにあたってまず考えたのが、それまでサイドバーに載せていた情報の扱いについて。プロフィールとか、カテゴリーとか、月別アーカイブとか、人気記事とか、広告とか。それらのコンテンツを、どこへ移動させようか、と。

 あれこれと考えたうえで至った結論は、「最低限のプロフィールさえあれば、ほかはいらないのでは?」というものでした。

 フッタ部分にそのまま並べることはできるけれど、そんなに下のほうまでスクロールして見る人がいるかは、正直に言って怪しい。それならば、これだけは外せない「プロフィール」だけを記事下に挿入しつつ、フッタは最小限に抑えても問題ないんじゃなかろうか──と。

f:id:ornith:20180416173910j:plain

 その結果が、これ。

 「抑える」と言いつつ、まったくもって自重できていないのがアレですが、関連記事だなんだとごちゃごちゃしていた──というかよく考えたらプロフィールが重複していた──2カラムレイアウトのサイドバーと比べれば、割とすっきりしたほうだと思う。

 一応は書評ブログっぽい雰囲気を出すための「おすすめ(ピックアップ)本」と、これは必要だろうという「サイト内検索」、割と読まれている「単体記事へのリンク(都度変更予定)」に、それとなくブログのカラーを出すための「各種カテゴリーへの画像リンク」

 カテゴリーリンクはヘッダにもあるので不要にも感じたけれど、まあとりあえず入れておこうかなと。……というか単純に、なんとなく画像を作っていたら楽しくなってきちゃったので、自己満足で挿入した感じ。画面を見ていて、うるさく感じられるようになったら削除しようかな。

f:id:ornith:20180416173911j:plain

 記事下の「簡易プロフィール(運営者情報)は、こんなんできました。

 自分はデザインやCSSの知識が(あまり)ないので、骨子となるコードは、下でまとめているカスタマイズ記事を参考にさせていただきました。そのうえで、SNSボタンと細部をちょろっと調整した感じ。コピペでそれっぽい形になるのは、本当にありがたいのじゃ……。

f:id:ornith:20180416173909j:plain

 で、紹介する順番が逆だった気もしますが、テーマはMaterialをお借りしております。シンプル! 1カラム! レスポンシブ対応! の3拍子がそろった素敵デザイン。

 基本的には素の状態で使わせていただいておりますが、トップページはカード型のレイアウトに変更。また、長文記事がメインのこのブログでは、デフォルトのフォントの色が薄く読みづらく感じられたので、見出しと合わせて調整しています。

 というわけで、以下、参考にさせていただいたページをまとめさせていただきました。お世話になりました──もとい、いつもお世話になっております。ありがとうございます。

 

カスタマイズにあたって参考にさせていただいたページ

トップページのレイアウトをカード型にする

ヘッダにグローバルメニューを設置する

各種SNSのフォローボタンを設置する

マテリアルデザイン風のソーシャルボタンを設置する

記事下にプロフィール欄を設ける

見出しデザイン

引用デザイン

ボタンデザイン

ボックスデザイン

囲み枠の黒板風デザイン

目次デザイン

ヨメレバ・カエレバのカスタマイズ

画像の上に文字列を表示する

その他お世話になったページ

一部参考にした本

 

関連記事