ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

ぐるりみち。

【Kindleセール】50%OFF多数!人気コミック・ビジネス書のセール情報

限定デザインの測量野帳を求めて『コクヨハク2018』に行ってきた

f:id:ornith:20180330220336j:plain

 測量野帳が好きです。

 ここ最近、普段使いの「メモ帳」と言えばこれ一択。外出時も肌身離さず持ち歩き、必携品とも言えるレベルで持ち出している印象がある。一にお財布、二にスマホ、三に測量野帳──とか、そのくらいの感覚。手元にあの緑地の表紙があると、なんだかホッとするのだ。

 その魅力は、何と言っても「頑丈」なこと。 “野帳” という名が示すとおり、屋外で使うことを前提とした造りになっているため、その丈夫さは折り紙付き。厚く固い表紙は力を加えても折れ曲がらず、しかも立った状態のまま、下敷きなしでメモすることができるのだ。

 胸ポケットに入るコンパクトさも相まって、「営業員時代に知りたかった!」と叫びたくなるほど。実用性抜群のメモ帳として、ここしばらくお世話になっている必携ツールなのです。

f:id:ornith:20180330220338j:plain

 そんな測量野帳の限定デザインが販売されると聞いて、今年も『コクヨハク』に行ってきました。

 ──そう、測量野帳を販売しているのは、おなじみの文房具メーカー・コクヨさん。その期間限定ショップがKITTEでオープンすると聞き、足を運んできた格好です。今年は4月1日まで開催中。

 

スポンサーリンク
 

 

今年の限定野帳は、イラストレーターコラボとスイーツカラー!

 年に一度の博覧会=限定ショップということで、今年もコクヨハク限定デザインの測量野帳が登場。

 Instagramで人気のイラストレーターさん3名とコラボレーションした野帳と、さらには春らしいスイーツカラーの野帳が5色。ほかにもあまり見かけないカラーの測量野帳&コラボ野帳が見受けられましたが、今年のコクヨハクの限定野帳は上記8種類となっているようです。

f:id:ornith:20180330220921j:plain

 イベント初日の今日、お昼すぎに会場を訪れてみると、なかなかに盛況な様子。とはいえ「人が多すぎて商品が見れない!」というほどではなく、買い物をするには困らないくらいの混雑具合であり、まだまだ余裕がありそうな感じでした。週末は混むパターンかしら?

 ところがどっこい。「さーて、お目当ての野帳はどこかなー?」と陳列棚を見てみると、早くも「本 日 分 完 売」の文字がちらほら。特にスイーツ野帳が人気だったらしく、お昼すぎの時点で全5色=500冊が売り切れていたようです。ついでにスイーツ原稿用紙も。スイーツ人気がヤバい。

f:id:ornith:20180330220339j:plain

f:id:ornith:20180330220340j:plain
f:id:ornith:20180330220342j:plain
f:id:ornith:20180330220341j:plain

 一方、イラストレーターさんとのコラボ野帳も数が少なくなっていたようなので、早めに確保。左から順番に、ニシクボサユリ@sayurinishikuboさん、Yunosuke@yunoskさん、神谷香@kamiya_kaoriさんのデザイン野帳となっています。

 会場にはほかにも多種多彩な商品が並んでおり、原稿用紙やステキ文房具に目移りしてしまう……! のだけれど、資金不足ゆえ今回はおとなしく撤退。測量野帳と諸々のノベルティを手に、会場を後にしたのでした。いやー、満足だけど、文房具屋さんをハシゴしたくなりますね、これ。

f:id:ornith:20180330220345j:plain
f:id:ornith:20180330220346j:plain
f:id:ornith:20180330220347j:plain
f:id:ornith:20180330220348j:plain

 ちなみに会場では “もう1冊” 、測量野帳を模したチョコレート「やチョコ」も買っちった。開封すると同時に香り立つ抹茶チョコレートと、間に挟まれたホワイトチョコレートの二層構造。

 一見すると本家よりも一回り小さいものの、野帳と比べて厚みがしゅごい。結構な食べごたえがありそうなので、これは後ほど週末のおやつにでもいただく予定。いやはや、「食べられる野帳」の発想はなかったわ……しかもチョコレートとは……。

 そんなこんなで、『コクヨハク』はこの週末、4/1(日)までの開催となっています。場所は東京駅・丸の内南口の正面、KITTEの地下一階にて。詳しくは公式サイトを参照くださいな!

 

 

関連記事