ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

ぐるりみち。

【4/25まで】Amazonタイムセール祭り!大規模セール実施中

『きららファンタジア』はじめました〜3章まで終わったぞい

f:id:ornith:20171217000310j:plain
きららファンタジア 公式サイト

 12月11日のリリース以来、度重なるメンテナンスを超えてサービス再開となった、アプリ『きららファンタジア』

 リリース初日は通信エラー地獄のなか、ひたすらリセマラを繰り返すだけで終わってしまったものの、ようやくまともに遊びはじめることができました。エンジニアさん……マジでお疲れさまです……。

 親切設計のガチャのやり直しを繰り返した結果、無事に☆5キャラも引くことができ、スイスイ~っとメインシナリオを進めて、現在プレイできる第3章までを終わらせたところです。

 いやー、PVを見てなんとなくわかってたけど、ストーリーもバトル画面もゆるふわーっとしていて落ち着きますねこれ。うちの格安スマホでも快適にプレイできているし、当然ながらキャラクターはみんなかわいい。今のところ、ゆるーく楽しむことができています。

 というわけで、『きらファン』をざっくり遊んでみての感想をば。

 

スポンサーリンク
 

 

『まんがタイムきらら』のキャラクターが勢揃い!

f:id:ornith:20171217000151j:plain
f:id:ornith:20171217000145j:plain
f:id:ornith:20171217000149j:plain
f:id:ornith:20171217000150j:plain

 「『まんがタイムきらら』オールスターRPG」というジャンル名からもわかるように、本アプリは、『まんがタイムきらら』系列のコミック雑誌のキャラクターが登場するスマホアプリ。

 リリースされたばかりの現在は、8作品のキャラクターが使うことが可能。今後のアップデートで、参戦タイトルが増えていくとのことです。過去にアニメ化された人気作品のそれぞれから複数人が登場し、ストーリーにも関わってくる感じ。アニメ化されていない作品のサプライズ参戦とかあるのかしら……。

登場作品
  • 『ひだまりスケッチ』
  • 『NEW GAME!』
  • 『Aチャンネル』
  • 『ゆゆ式』
  • 『きんいろモザイク』
  • 『ステラのまほう』
  • 『がっこうぐらし!』
  • 『うらら迷路帖』
  • 『ブレンド・S』(今後登場予定)
  • 『キルミーベイベー』(今後登場予定)

 “きらら” ということで、参戦タイトルはやはり「日常コメディ」を描くゆるふわマンガばかり。女の子! 部活モノ! 4コマ! かわいい!(お仕事モノもあるんだよ)

 かと思いきや、明らかに世界観と作品カラーがほかとは異なり、かつ登場人物の戦闘能力が高そうな『がっこうぐらし!』のような作品もあり、さらには攻撃力の高いギャグ全振りの『キルミーベイベー』の参戦も発表され、なかなかにカオスな様相。ギャグは攻撃。

f:id:ornith:20171217000200j:plain

 もちろん、本作『きららファンタジア』のオリジナルキャラもいるし、ストーリーもオリジナル。

 いわゆる『スパロボ』の構造を持ったオールスターゲームなので、1作品でも知っていれば楽しめるんじゃないかと思います。僕自身、すべての作品を読んでいるわけではないものの、おもしろく遊ぶことができているので。

 

初回10連ガチャは無限に引き直し可!デフォルメキャラでバトル

f:id:ornith:20171217000218j:plain

 さて、そんな『きらファン』を実際にプレイし始めてみると、会話シーンもバトルパートも良い意味で “軽い” 、ライトな遊び心地のゲームという印象。

 難しい舞台設定もなく、よく見る「ファンタジー」な世界で展開される物語。戦闘システムもスマホゲーに多いコマンドカードバトルなので、『FGO』『グラブル』あたりに親しんでいる人なら迷うことはないかと。チュートリアルも短めで、サクサク進められる。

f:id:ornith:20171217000144j:plain

 なにより嬉しいのが、チュートリアル前、遊び始めてすぐに、ガチャ――もといキャラクターの「召喚」ができること。やたらと長い説明をスキップする必要もなく、真っ先に10連ガチャを回せるのはありがたいかぎり。

 しかもこのガチャ、「好きなキャラクターが出るまで、何度でもやり直すことが可能」という親切設計。いや、それなら☆5キャラを選ばせてくれればいいのに……と思わなくもないけれど。なかには☆5を2枚引くべく、数百回にわたってリセマラに励んでいる人もいるようです。

f:id:ornith:20171217000242j:plain

 デフォルメキャラによる戦闘パートは、かわいいだけでなく、わかりやすいUIも魅力的。

 相性を覚えるまでもなく、コマンドを選択すれば、その攻撃が敵に対して「ばつぐん」か「いまいち」かがわかるようになっています。2章の中盤くらいまでは、「レベルを上げて物理で殴る」でゴリ押せる感じだった。魔法使いの全体攻撃で薙ぎ払えー!

 ただし、それも3章からは厳しくなってくる。敵の攻撃力が目に見えて高くなっており、相性を考えた編成で向かわないと割と簡単に全滅しそう。

 自分の場合も、2章までは風属性の青葉の火力でゴリ押しできたけれど、弱点の火属性が多い3章はちょっと手こずったので……。必然的に水属性のキャラクターを育てる必要があり、回復や補助も含めて編成を考えるようになった。属性たいせつ、マジたいせつ。

f:id:ornith:20171217000302j:plain
f:id:ornith:20171217000216j:plain
カットインからの “きららジャンプ” で発動する必殺技「とっておき」の演出も好き。

 

ストーリーもいいぞ

f:id:ornith:20171217000224j:plain
f:id:ornith:20171217000257j:plain
f:id:ornith:20171217000236j:plain
f:id:ornith:20171217000240j:plain

 全体的には「キャラゲー」と言える本作だけれど、思いのほかストーリーも良い感じ。

 1〜3章では、各作品の世界から “召喚” されてしまったキャラクターたちを中心に、囚われの身になってしまった仲間を助けに向かう。それぞれの章ごとに、『ひだまりスケッチ』『NEW GAME!』『がっこうぐらし!』の作品が登場する感じですね。

 これまたRPGではお約束の展開ではあるものの、道中のキャラクター同士の掛け合いがとにかく楽しい。おなじみのキャラ同士の関係をファンタジー世界で描きつつ、そこに『きらファン』世界のキャラたちも自然と馴染んでいる様子。普通に各作品の外伝として読めそう。

f:id:ornith:20171217000305j:plain
f:id:ornith:20171217000307j:plain

 特に印象的だったのが、『がっこうぐらし!』編の3章。ゾンビアポカリプスでサバイバルな終末世界からの “召喚” ということで、「むしろ異世界のほうが幸せに暮らせるんじゃね?」的なツッコミがゲーム配信前からあったけれど……そりゃあそう思うよね。

 当然、劇中ではその疑問についても言及されており、物語にもしっかりと関わっているわけで。その過程はひとつの物語としておもしろく読めたし、何と言っても、そこで改めて描かれる学園生活部4人の関係性がたまらん。みーくんは強い娘。ゆきの安定感に安心するのも原作どおり。

f:id:ornith:20171217000309j:plain
f:id:ornith:20171217000308j:plain

 ――とまあそんなこんなで、苦戦しつつもなんとか3章までクリアできたので、しばらくはまったりと育成に励もうかな、と。『FGO』のクリスマスイベントも忙しいしね!

 遊んでみた印象としては、基本的には参戦タイトルのファン向けの作品だと言えそう。『グラブル』のようなやりこみ要素があるわけでもなく、『FGO』のような膨大なテキストがあるわけでもなく、さっくり遊べるライトゲーム。もちろん、きらら好きにとっては最高に楽しめる内容かと!

 ひとまずは、今後のアップデートと新たな参戦タイトルの発表を楽しみにしつつ、ゆるーっと楽しむつもりです。個人的には『三者三葉』『ご注文はうさぎですか?』『夢喰いメリー』『ハナヤマタ』あたりに来てほしい。あとアニメ化はまだだけど、『なでしこドレミソラ』はいいぞ。

 

©芳文社/きららファンタジア製作委員会

関連記事