ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

三田祭帰りに東京タワーまで歩いてきた

f:id:ornith:20171128184707j:plain

 学園祭――それは、リア充の集い。しかも慶應義塾大学の三田祭とくれば、とてつもなく浮ついた空間のなか、青春模様が繰り広げられているだろうことは疑いようがない。

 そんな場所に非モテのアラサー男が飛びこむなど、自殺行為でしかない――かと思えば意外とそうでもなく、それなりに満喫している自分がいた。わーい! 人がいっぱいだよー? たーのしー!

 ……と言っても、学生さんの出し物をいくつもまわったわけでなく、単に校内をぶらぶらする程度だったのだけれど。なんちゅーか、雰囲気だけ味わってきたというか、「楽しさ」のおすそ分けをいただいたと言いますか。もともと「お祭り」は嫌いじゃありませんしおすし。

f:id:ornith:20171128184706j:plain

 三田祭に行った目的は、アニメカルチャー研究会@anicul_kenさん主催の企画、『たつき監督・福原Pトークショー 〜ふれんずと考える、アニメについての"ヤオヨロズ"〜』。

 トークショーでは専門的な話題も多く飛び出て、むちゃくちゃおもしろかったです。あと、福原Pが「参考にしたいので……」と言いつつ会場に投げかけていた質問と、それに対する聴衆の反応も興味深かった。どういった動画配信サービスを使っているかとか、その割合とか。

 で、その帰り道。貴重な話を聴くことができ、それなりに学園祭も堪能したので、まっすぐ帰るべかー……と大通りに出たところ、ふと目に入ってしまった、東京タワー

f:id:ornith:20171128182553j:plain

 今年はたしか、春先にも東京タワー周辺をぐるっと歩いたことがあったけれど、そういえばこの時間帯には行ったことがないなーと。お天道さんがギンギラギンに天上で輝く真っ昼間ではなく、日が暮れ、そろそろ夜の帳が下りようかというタイミング。

 よし、せっかくだし、寄り道していこうそうしよう。このあたりは用事でもないと足を運ぶ機会もないし、東京タワー横をぬるっと通り抜けて、神谷町駅から帰ればいいのだから――というわけで、ちょろっとお散歩ついでに写真を撮ってきました。以下、写真多めの日記です。

 

スポンサーリンク
 

 

東京タワーの鉄骨って良いよね

f:id:ornith:20171128182554j:plain

f:id:ornith:20171128182555j:plain

f:id:ornith:20171128182556j:plain

f:id:ornith:20171128182559j:plain

 スカイツリーもそうだけど、遠目にも見えるどデカい建物へ向かって歩くのは、地図を見て目的地を目指すのとはどこか違った感覚があって、楽しい。

 最初は小さくしか見えなかった全貌が徐々に見えてくる感じが、なんとなくワクワクする。特に東京タワーの場合、近づけば近づくほどに、入り組んだ鉄骨の細かさが判別できるようになるので。アレは、すらっとスマートな印象のスカイツリーにはない魅力だと思う。

f:id:ornith:20171128182557j:plain

 ちょっとフィルターモードを使ってみたくなるヤツ。

f:id:ornith:20171128192112j:plain

 今シーズン初観測、移動販売の焼き芋屋さん。

 買えば良かったと、あとで後悔した。

f:id:ornith:20171128182602j:plain

f:id:ornith:20171128182601j:plain

f:id:ornith:20171128182600j:plain

 タワー下に到達。

 この時間でも観光客の姿は多く、むしろ「夜はこれからだぜ!」なノリ。イルミネーションイベントもやっていたらしく、ステージからは歌声も聴こえてくる。

f:id:ornith:20171128182603j:plain

f:id:ornith:20171128182608j:plain

 この鉄骨の感じ、建築物に詳しくない自分でもテンションが上がる。

 下から見上げると複雑に入り組んでいるように見えるけれど、よくよく見れば当然のように規則性があり、しっかりがっちりと建てられているんだろうなー……などと考えつつカメラを構える門外漢な自分。

 一見すると紅白カラーに見えるけれど、実際はオレンジ色に近い「インターナショナルオレンジ」なのだとか。ただ、この時間だと照明の影響か、あるいはカメラの設定ゆえか、赤よりもオレンジよりも黄色に見えますね。パートカラーフィルターで比べてみた結果も、「イエロー」で認識する箇所が一番多かった。

f:id:ornith:20171128182611j:plain

 なんだかミサイルやらロケットやらが打ち上がりそうな上部分。

 そんなことを考えていたら、そういえば、展望台の上部にはアメリカ軍の戦車が使われているんだっけ……と、どこかで聞いた豆知識をふと思い出した。うろ覚えだったのでググってみたら、Wikipediaにもしっかり書いてある模様。

f:id:ornith:20171128182605j:plain

f:id:ornith:20171128182609j:plain

 さっきから似たようなアングルばかりで自分のセンスのなさが浮き彫りになっていますが……これでも微妙に移動してるんです! こちらがほぼほぼ真下の部分。

 先ほど書いたイルミネーションエリアがちょうどこのあたりにあり、露店もたくさん出ていて賑わっておりました。なかには足湯もあり、観光客の人気を集めていた様子。いいないいなー。

f:id:ornith:20171128182610j:plain

 そんなこんなで、やたらと下からばかり東京タワーを撮りつつの寄り道となりました。

 ろくに知識もない人間がカメラを構えても “それっぽい” 写真が撮れるあたり、東京タワーってやっぱりすげえ! ――なんてことを再確認できた気がする。うむ。さすがは東京のシンボルタワー。

 一方ではしばらくスカイツリーに行ってないこともあり、これまた何かの機会があれば、写真の練習にでも足を運んでみたいなーと思ったのでした。でもスカイツリーの場合、ソラマチやら何やらでウィンドウショッピングが楽しくなっちゃいそうな気もするのよね……。まいっか。

 

 

関連記事