ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

梨を求めて30km、稲城を目指した、ぶらりポタリング日記

f:id:ornith:20171017182416j:plain

 

 ――冷蔵庫に、梨が、なかったんだ。
 冷蔵庫に、梨が、ナッシング……そう、梨だけに(´・ω・`)

 

 きっかけは、それだけで充分だった。僕の分の、昼メシのあとで食べようと楽しみにしていた梨が、妹に食われた。

 ……いや、正確には、現在進行形で食われている。僕の目の前で、シャリシャリとおいしそうな音を立てつつ、梨がナッシングっている。おのれ……。

 

 許さんぞ、梨……。
 許さんぞなっしぃぃぃぃいいぃぃいいいい! ヒャッハー!!!

 

 この行き場のない感情と梨欲をどうしてくれようかと時計を見れば、14:00ちょうど。……今からなら、まだ間に合うぞ!

 奮起した僕は、自転車にまたがり南へ向かった。目的地は、東京南部に位置する稲城市。1年前にOKPさんの記事で見かけて以来、ずっと気になっていた梨の名産地である。

 

 

 梨のためならば、えんやこら。すでに走り出した思いは止めようがなく、はやる気持ちは梨の彼方へ。

 せっかくのこの季節、おいしい梨を食べなければ、来る冬を乗り越えることなどできないのだ。――体は梨で出来ている。血潮は梨汁で、心は船橋。いざ行かん、稲城。

 

スポンサーリンク
 

 

梨をたずねて三十粁

 東京北部――というか、ほぼ埼玉県との県境に近い我が家から稲城までは、チャリで1時間半ほど。ちょうど東京を縦断するようなかたちになるものの、意外と近かった。

 ……いや、近いというか、東京都内でもたまたま「縦に短い部分」を移動する格好になった感じ。もちろん、まっすぐな道路を最短距離で走り続けたわけではないものの、それでも片道20kmもなかった気がする。こうして見ると、埼玉と神奈川って意外と近いのね……。

f:id:ornith:20171017183642j:plain

 というわけで、14:00過ぎに出発し、チャリを漕ぎ漕ぎ南下。

 西武新宿線を越え、武蔵小金井駅付近で中央線を越え、京王線をも飛び越えて、ひたすら南へ。まったく関係ないのだけれど、「南」と聞くと、いまだに小学6年生の国語の教科書に載っていた例のフレーズが脳内再生されて困る。ブエルボアルスール。

f:id:ornith:20171017182409j:plain

f:id:ornith:20171017182410j:plain

f:id:ornith:20171017182411j:plain

f:id:ornith:20171017182412j:plain

f:id:ornith:20171017182413j:plain

 なんだかんだでほぼ一本道、幹線道路をまっすぐ走るだけの道行きではあるものの、それでも移り変わる景色は楽しい。

 過去にポケモンGO目的で訪れた公園を通り、駅前で街頭演説をしている菅直人氏を横目にスルーし、長い下り坂となっている武蔵小金井駅以南を下って、いくつかの住宅街を通り抜けると、開けた場所に出た。同じ都内・23区外でも、場所によって当然、景色は違うのだ。

f:id:ornith:20171017182414j:plain

f:id:ornith:20171017182415j:plain

f:id:ornith:20171017182417j:plain

 「そういやしばらく行ってねえ!」と府中競馬場をチラチラと見つつ、多摩川を渡れば、あっという間に稲城市に突入

 住宅地の雰囲気はどこか埼玉南部っぽくもあるのだけれど、道路が広く、あまりごちゃごちゃしていない点は、どことなく千葉のような空気感のようにも。それに何と言っても、空が広い。あと、荒川と多摩川とを比較しても、なんとなく川沿いの街並みの様子は異なる気がする。

f:id:ornith:20171017182418j:plain

f:id:ornith:20171017182420j:plain

f:id:ornith:20171017182421j:plain

 南武線・稲城長沼駅にて、ガンダム&シャア専用ザクと対面

 冒頭の記事で存在は知っていたものの、どこに展示されているかは忘れていたので、駅前をフラフラしていたら唐突に視界に入ってびっくりした。なんか赤くてデカいのが見えるんですが! 

f:id:ornith:20171017182424j:plain

f:id:ornith:20171017182423j:plain

f:id:ornith:20171017182422j:plain

 稲城長沼駅から、さらに南へゆったりとチャリを漕ぎ漕ぎ、京王相模原線・稲城駅を越えて、冒頭の記事で紹介されていた『ケーキファクトリー・ホイップ』さんへ。

 ザクよりも赤い見た目は、どこか “お菓子の家” のようでもあり、12月頃に来たらそれだけでテンションが上がりそうなカラーリングと佇まい。今はハロウィンの季節ということで、カボチャやら何やらで装飾されていました。かわいい。

 そんなこんなで、ちゃちゃっとお買い物を済ませたら、暗くなる前に帰宅。途中、パン屋さんで菓子パンを買って貪り食ったりもしましたが、ほぼノンストップで走り続けた道行きとなりました。あのくらいの距離感なら、ふらっと運動がてら行けそう。

f:id:ornith:20171017182429j:plain

 で、『ケーキファクトリー・ホイップ』さんで購入したのが、梨ケーキ梨ジュース。これで梨汁を補給するのです。

 中に梨が入ったケーキはシャキシャキ&ふわふわで、これには疲れた体もリフレッシュ。梨ジュースもバリうまでござった……!

f:id:ornith:20171017182427j:plain

f:id:ornith:20171017182428j:plain

 肝心の梨は、稲城長沼駅の高架下、ガンダム&ザクの脇にある『いなぎ発信基地ペアテラス』で購入。品種は「新高」。1袋2個入りで、1,100円でした。見るからに巨大ですが、それだけでなく、サイズの割に “重い” という……。果汁たっぷりの予感。

 おじちゃんが「冷やして食べるとうまいぞ!」と言っていたので、ほどほどに冷蔵庫に入れてからシャリってみたら……ブシャー! 案の定のジューシーっぷりでしかも甘い! 充分に甘いくせに歯ごたえはジャリジャリで、食べ出がある梨でございました。

f:id:ornith:20171017182431j:plain

 というわけで、ノリで行ってきました、稲城市。
 そして、勢いで買ってきました、稲城の梨。

 「うまいもんを食いに(買いに)行く」はモチベーションになると改めて実感したので、今後もちょいちょいチャリを走らせてみたいところ。あるいはこれからの季節、足湯や温泉を目指してみるのもいいかもしれない。夢が広がりんぐ。うふふふふ。

 

 

関連記事