ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

池袋『梟書茶房』でランチをいただき、読書に耽る週末の昼

f:id:ornith:20170703174951j:plain

 6月30日。世間的にはプレミアムなフライデーだったらしいその日、僕は池袋でほげーっとしていた。必要最低限の仕事は終わらせ、その日に投稿するブログ記事を書き上げ、ちょっとした「やり遂げた感」と共に迎えた、上半期最終日。ほげー。

 月末ということもあってか、優先度の低い作業をやる気にもならず。――とにかく、ダルい。でもだからと言って、何もしないでいるのも一周まわってダルい。たまにはちょいとお高いカッフェーにでも入って、ドヤ顔読書タイムと洒落こもうか……。

 ……え? 喫茶店で “ドヤる” なら、スタバでMacだろうって? いやいや、そんなん今となっては珍しくもないし、むしろMacよりも会社支給のノーパソを構えている人のほうが多いっすよ。ドヤるなら、お高いカッフェーでホリエモンっすよ。カッフェーって、ミッフィーみたいだよね。

 そんなことを考えつつネットサーフィンをしていた午前中、ふとこちらの記事が目に入った。なんでも、池袋にブックカフェができるらしい。ドトールコーヒーの新業態で、神楽坂の書店『かもめブックス』とのコラボ店舗なのだとか。……ほほー?

 普段は神楽坂まで足を伸ばす機会は少ないものの、『かもめブックス』は過去に何度か訪れていて、好きな本屋さん。そうと聞いたら、行かないわけにはいきませぬ。たとえメニューがミラノサンドAオンリーだとしても、行くっきゃない(※そんなことはない)期間限定・すき焼き味の復活を希望する。

 というわけで、オープン初日、ランチタイムの『梟書茶房』さんに行ってきました。

 

スポンサーリンク
 

 

エソラ池袋に新規オープンしたブックカフェ

f:id:ornith:20170703181520j:plain
本と珈琲 梟書茶房 [FUKUROSHOSABO]

 “本と珈琲” 、さらには店舗名に含まれている “書” と “茶” の文字からもわかるように、こちらの『梟書茶房』はいわゆるブックカフェ。ほぼワンフロアを占める大きな喫茶店で、池袋駅直結・Esola池袋の4階に新たにオープンしたばかり。

 エスカレーターを上がっていくと、4階で降りた目の前には小さな眼鏡屋さん(こっちも気になる)。で、それ以外のスペースはブック&カフェのスペース。エスカレーターに沿うような形で、オリジナルのブックカバーで袋綴じされた「シークレットブック」が陳列されているのが目に入ります。

f:id:ornith:20170703174954j:plain

 そして、それら以外のほとんどがカフェスペース。客席は複数のエリアに分かれており、1人でも2人でもそれ以上で訪れても楽しめそう。配られていたマップによれば、

  • ラウンジ:複数人で珈琲や食事を楽しめるソファ席
  • アカデミックエリア:読書に耽ることのできる、図書館のような1人席
  • 森の部屋:外からの日差しが感じられる、ウッディな座席スペース
  • グリーンテラス:喫煙可能な外席

の4つのエリアに区分されている模様。そのうえで、店内には『かもめブックス』代表・柳下恭平さんが選んだ1,000冊あまりの蔵書があり、自由に閲覧することが可能。ほかに、アカデミックエリアの横には雑誌が並べられているスペースもありました。

 店内の雰囲気は、こちらのTogetterを見ればなんとなく伝わるはず。「ほとんど図書館じゃねーか!」と思える空間もあり、本が好きな人にとってはたまらないのではないかしら。――で、肝心の飲食メニューはどうなのか、と申しますと……。

f:id:ornith:20170703174952j:plain

 とりあえず、パスタは予想以上においしかった。安価なチェーン店のものよりは断然おいしいし、その辺のパスタ屋さんにも引けを取らない味わい。東武だか西武だかのデパートのレストランフロアで出てきてもおかしくない――と考えれば、むしろ安いくらいなのではないかと。

 今回はほかに頼まなかったので何とも言えませんが、パスタで素直に「うめえ!」と言えるということは、ほかもきっと安定しておいしいはず。そりゃあだって、あの「ミラノサンド」でおなじみのドトールが出すサンドイッチが、おいしくないはずがないでしょうし。

f:id:ornith:20170703174948j:plain

 午前中に珈琲を飲んでいたので、ドリンクはダージリンティーをいただきます。

 配膳が丁寧なのは言うまでもなく、淹れる時間の目安として小さな砂時計も用意していて、接客のきめ細やかさがキラリと光っていた印象。すげえ! ドトール系列じゃないみたいだ!(良い意味で)

f:id:ornith:20170703185159j:plain

 メシに気を取られてすっかり忘れていましたが、僕が座っているのはアカデミックエリア。目の前にはメニュー本が立てかけられており、背筋を伸ばしても反対側に座っている人の顔が見えないほど、仕切りが高い。本当に図書館の閲覧スペースみたいですねー。

f:id:ornith:20170703174949j:plain

 机は一部が透明のガラス張りになっており、その下には席ごとに異なる書籍がチラ見え。小学校の勉強机のような形で収納されているので、すぐに手に取って読むことができます。日によって選書を変えているのかどうか……わたし、気になります!

f:id:ornith:20170703174956j:plain

f:id:ornith:20170703174957j:plain

 それと、先ほど触れた「シークレットブック」について。店内で販売されている本には、上の写真のような紹介文が個々に記載されており、書名・著者名などは買って開けるまで窺い知れないようになっています。 “袋綴じ” を開くワクワク感……久しく忘れていたぜよ……。

 そしてこの紹介文、「これ、あの本じゃね?」と、読んだことがある人にはわかりそうな内容になっている点もおもしろい。自分の場合、上の2つの紹介文については「間違いなくあの本だ!」と自信を持って言える。このように、「知っている本」を探す楽しみもあるのではないかしら。

f:id:ornith:20170703174953j:plain

 ――とまあざっくりとではありますが、そんな感じの『梟書茶房』さん。昼メシを食べたらちゃちゃっと出るつもりが、「長居? どうぞどうぞ全力で長居しちゃってください」と言わんばかりの雰囲気に後押しされて、2時間ほどまったりと過ごしてしまったのでした。わっほい。

 ドリンクのお値段が少々お高めに感じるかもしれませんが、店内の雰囲気も考慮としての価格設定と考えれば、さもありなん。珈琲とシークレットブックのセットメニューも気になったので、次はそちらを頼んでみようと思いまする。あとはスイーツ。これはぜひとも再訪したい。

 

店舗情報

  • 公式サイト:本と珈琲 梟書茶房 [FUKUROSHOSABO]
  • 住所:東京都豊島区西池袋1-21-1 Esola池袋 4F
  • 営業時間:10:30~22:00(L.O.21:30)
  • 最安メニュー:¥500(梟ブレンド、アイスコーヒー、ダージリン等)

関連記事