ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

“隠れ”も含む全29体のパネルまとめ!けものフレンズ×東武動物公園コラボに行ってきたのだ

f:id:ornith:20170422192126j:plain

 いよいよ本日から始まりました! 東武動物公園と『けものフレンズ』のコラボレーション企画「とうぶフレンズに会いに行くのだ!」

 思い返してみれば、3月の最終回放送後、勢いのまま多摩動物公園へ足を運んでから、はや1ヶ月。アニメ終了後も『けもフレ』に魅了されており、今なお夢中になっているフレンズとしては、こいつは行くしかあるめぇと。眠い目をこすりこすり、電車に飛び乗ったわけでございます。

 そんなわけでお昼前から約半日間、東武動物公園内を散策して、アニマルガールを探してきました。なんとか全26体と、 “隠れミッキー” ならぬ “隠れサーバルちゃん” も写真に収めることができたので、以下ざっくりとまとめました。

 

スポンサーリンク
 

 

動物と“フレンズ”との夢の(?)コラボレーション

f:id:ornith:20170422204330j:plain

 今日から開催されているこの企画は、埼玉県の「東武動物公園」『けものフレンズ』のコラボレーションイベント。園内で『けもフレ』キャラクターのパネル展示がされるほか、アナウンスやパークガイドといった面で動物園とコラボしています。

  • アニマルガールパネル展示
  • アライグマ役・小野早稀さんによる園内アナウンス
  • オリジナル缶バッチ(全6種)販売
  • 声のおにいさん、おねえさんのフレンズガイド

 具体的には、こういった内容。パネル展示では、全26体のフレンズのパネルが、それぞれのモデルとなった動物の展示スペースに設置され、ある種の「夢のコラボ」が見られるという素敵企画です(参考:『けものフレンズ』コラボレーション企画!〜とうぶフレンズに会いに行くのだ!〜 | 東武動物公園

f:id:ornith:20170422192023j:plain

 ――というわけで、やって来ました。東武動物公園駅

 Twitterによれば、9:30の開園時間前から数多くのフレンズが待機列を形成していた様子。自分が到着したのは11:00過ぎなので、ちょいと出遅れた格好ではありますが、まあお昼前だしそこまで混雑はしていないだろう……とタカをくくっていたのでした。

f:id:ornith:20170422192024j:plain

 駅から歩いて10分ほど。

 東武動物公園の東ゲートは思っていた以上に閑散としており、特に並ぶこともなくチケットを購入して、そのまま入場。……これはもしや、缶バッジもワンチャンあるのでは……?

 うん、知ってた。

 再入荷時期は未定らしいっす……。まあそうなるな……。

f:id:ornith:20170422192025j:plain

 さて、気を取り直してマップを見てみると、どうやらこちら、東ゲートは遊園地側らしく、動物園までは歩いて少し距離があるらしい。道理で人が少ないわけですね。

 そういえば、これでも少年時代は埼玉県で過ごしたので、東武動物公園には過去に訪れたことがあるはず。園内に入れば何かしら思い出すんじゃないかと思っていたけれど……うん! そんなことはなかったね! まったくなーんも覚えてねえ!!

f:id:ornith:20170422192026j:plain

 ……と、いざ動物園を目指そうとしたところで、ふと入り口付近の花壇に目が向いた。よく見るフォントで書かれた「東武動物公園」の文字のあいだにいる、アレは……?

f:id:ornith:20170422193242j:plain

あ、アライさんなのだーー!!!

 まさかの第一発見フレンズがアライさんである。というか、まさかこんな入り口近くにいるとは思わず、危うく見過ごすところでございました。あぶねえあぶねえ。

f:id:ornith:20170422192030j:plain

 アライさんとの出会いに浮かれ、意気揚々と園内を進んでいくと、徐々に人影が増えてきた。観覧車近くの芝生では大勢の家族連れ、あるいは幼稚園の遠足らしいグループがシートを広げており、すばらしくテーマパーク然とした雰囲気。 “週末感” あふれる光景だ……。

f:id:ornith:20170422192032j:plain

 どことなくジャパリパークの息吹を感じる構図。サンドスターわいてそう。

 ちょうど観覧車より西側に出ると、そこからはほぼほぼ動物園ゾーン。数多のフレンズと会うべく、いざいざ歩き出すのだー! ……と思ったら、

f:id:ornith:20170422192117j:plain

_人人人人人人人人人人人人_
> 突然のばすてきコンビ <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄ 

 思いのほか目立つところで、フェネックとアライさんを発見……というか、アライさん? あれ? 入り口にもいませんでしたっけ? んんん??

 アライさん双子説はともかくとして、それとなく “ばすてき” な要素があるのが素敵。12.1話で “まんまる” を探しに来た2人なのかしら……。

 

園内のフレンズ全26体+αまとめ

 ここからは、実際に園内で見つけたフレンズたちをざっくりとご紹介。さすがに半日間の足取りを振り返ろうとすると途中でダレてきそうなので、以下は写真中心でお届けいたします。

f:id:ornith:20170422192034j:plain
ライオン。

f:id:ornith:20170422192036j:plainf:id:ornith:20170422192122j:plain
チーター。うとうとしてる。

f:id:ornith:20170422192123j:plain
ホワイトタイガー。餌やり&解説にて。

f:id:ornith:20170422192037j:plain
( ˘ω˘)スヤァ

f:id:ornith:20170422192039j:plainf:id:ornith:20170422192041j:plain
アフリカゾウ。

f:id:ornith:20170422192043j:plainf:id:ornith:20170422192042j:plain
カバ。パネルの位置がちょっと遠い。エッチに見えるからかしら……。

f:id:ornith:20170422192044j:plain
ヒグマ。お昼に見にきたときはお眠でした。

f:id:ornith:20170422192132j:plain
いたくらおにいさんによるガイド中はめっちゃハッスルしてた。

f:id:ornith:20170422192045j:plain
シロクジャク。

f:id:ornith:20170422192133j:plain
オオフラミンゴ。

f:id:ornith:20170422192040j:plain
アクシスジカ。

f:id:ornith:20170422192047j:plain
ふわああぁ!いらっしゃぁい!よぉこそぉ↑東武動物公園へ~!どうぞどうぞ!ゆっぐりしてってぇ!

f:id:ornith:20170422192046j:plain
そしてこの顔である。アルパカ・スリ。

f:id:ornith:20170422192049j:plainf:id:ornith:20170422192048j:plain
ヒツジ。首元が痒いのか、もぞもぞしてた。

f:id:ornith:20170422192051j:plain
フンボルトペンギン。ふるる〜。

f:id:ornith:20170422192050j:plainf:id:ornith:20170422192053j:plain
PPPはいないけど、オウサマペンギンもいるよ!

f:id:ornith:20170422192054j:plainf:id:ornith:20170422192135j:plain
アメリカビーバー。とみおかおにいさんのガイド後、帰り際に何とかお目にかかれた。

f:id:ornith:20170422192056j:plainf:id:ornith:20170422192055j:plain
レッサーパンダ。

f:id:ornith:20170422192058j:plain
マレーバク。

f:id:ornith:20170422192059j:plain
二度あることは三度あるアライさんなのだー!

f:id:ornith:20170422192100j:plain
檻の手前で寝てくれているのは、サービス精神旺盛なのか、気だるいだけなのか……。

f:id:ornith:20170422192101j:plainf:id:ornith:20170422192102j:plain
タヌキ。この娘のデザイン……良い……。

f:id:ornith:20170422192103j:plainf:id:ornith:20170422192104j:plain
コツメカワウソ。くどうおねえさんのガイドでは、収録の裏話も出ていました。

f:id:ornith:20170422192107j:plainf:id:ornith:20170422192106j:plain
フタコブラクダ。

f:id:ornith:20170422192109j:plainf:id:ornith:20170422192108j:plain
カピバラ。なぜ壁際に2匹、同じ体勢で……。

f:id:ornith:20170422192112j:plainf:id:ornith:20170422192111j:plain
アミメキリン。やまかみおにいさんのガイド後には、軽く走る姿を見せてくれました。

f:id:ornith:20170422192116j:plainf:id:ornith:20170422192113j:plain
シロサイ。

f:id:ornith:20170422192115j:plainf:id:ornith:20170422192114j:plain
サバンナシマシマオオナメkサバンナシマウマ。

f:id:ornith:20170422192118j:plainf:id:ornith:20170422192119j:plain
ショウジョウトキ。鳥インフルエンザ予防で閉鎖中のバードドームは、29日から再開されるそう。

f:id:ornith:20170422192124j:plainf:id:ornith:20170422192125j:plain
アカカンガルー。

f:id:ornith:20170422192127j:plain
ワシミミズク。まさか屋内にいるとは思わず、見つけるのがほぼ最後に。

f:id:ornith:20170422192126j:plain
この助手、イケメンすぎません!?

 ――とまあ、そんなこんなでフレンズを探し歩きまわり、あっという間の半日でございました。これで全26体、網羅できている……はず(何か間違っていたらすみません)

 で、問題のサーバルちゃんですが……。あっちゃこっちゃを探しまわったものの見つけられなかったので、最後にはTwitterの力に頼ってしまった格好です。われわれはかしこいので。

 いやー、たしかにアニメを最終回まで見ていれば気づけそうな場所ではあるものの、それでも見落としそうな場所にあってびっくり。でも、“サーバルちゃんを” 、 “東武動物公園に” 、配置しようとするならば、あそこを除いてほかになさそう。別の動物園じゃできないものね。

f:id:ornith:20170624131149j:plain

 本企画の開催期間は、4月22日から6月25日まで。アニメ本編に登場したフレンズを、5人のおにいさん&おねえさんが解説するパークガイドは、5月13日、6月10日の開催予定となっています。

 パネル展示については、期間中は常に展示している模様。純粋に動物を見に行くだけでも楽しいですし、『けものフレンズ』が好きなフレンズはぜひぜひ足を運んでみてくださいな! 

 

 

関連記事