ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

『けものフレンズ』最終回が最高だったので、サーバルちゃんに会いに多摩動物公園へ行ってきた

けものフレンズ 多摩動物公園

 昨夜、アニメ『けものフレンズ』が最終回を迎えた。11話ショック*1以降はなかなか心が休まらず、最終回予告のネタ動画*2を繰り返し見ながら例のスローガンを唱えることによって、必死に自我を保っていた1週間だった。たつき監督を信じろ……信じるんだ……*3

 そして、最終回の放送から一夜明けた今日。最高の余韻を胸に抱いたまま眠りについたこともあり、目覚めはすっきり。自然と「ぼくのフレンド」を口ずさみながら諸々の準備と作業を終え、自分の心は決まっていた。

 ――そうだ、ジャパリパーク、行くのです。どうせBD付ガイドブックは手に入らない難民状態だし、オンリーイベントもまだ先なのです(早くも新作映像が制作決定したのは超嬉しい)。それならば、なんとしても『けもフレ』ロスを回避し、サンドスターを供給するためにも現地に赴くしかないのです。

 というわけで、 “たまちほー” こと、多摩動物公園に行ってきたのだー!!

 

春休み真っ只中の多摩動物公園へ

多摩動物公園 正門

 「多摩動物公園」へは、新宿駅から電車を乗り継いで1時間ほど。「多摩」と聞くとなんとなく遠いイメージがあるけれど、いざ向かってみればあっという間でござる。

 同じく多摩動物園に向かう途中なのか、多摩モノレールの車両内では早くも「遠足たっのしー!」とワイワイ話すちびっ子グループも散見され、否が応でも気持ちが高まる。なんたって僕自身、 “動物園” に行くのは子供のころ以来なのだ。おやつもしっかり買ってきた。300円以内で。

多摩動物公園 チケット

 一般入園料600円を支払い、いざいざ園内へ。こうして見ると、過去に来たことがあるようなないような…… ? いや、あれは上野動物園だったかしら……まあいっか。

多摩動物公園 園内1

 広々とした園内は、なんと上野動物園の約4倍もの敷地面積を誇るそう*4。入り口近くにはおみやげショップがあり、敷地内はシャトルバスが行き来しているなど、どことなく某夢の国を彷彿とさせるテーマパーク感。当然、道行く人、みんなが笑顔だ。本当の愛はここにある。

多摩動物公園 園内2

多摩動物公園 園内3

 随所に動物を模した造形物があったり、道路には “あしあと” が描かれていたりと、園内の移動中にも子供を飽きさせない素敵な工夫がちらほら。僕はひとりぼっちのフレンドなので、ずんずん先へと進んでいきます。あーはー! たーのしー!

多摩動物公園 園内4

 入り口から進んでいくと最初に行き当たる分かれ道。

 『けもフレ』的には、右に行けば「さばんなちほー」、左に行けば「こうざん」、直進すれば「へいげん」である。まずは、距離的にも一番近い「アフリカ園」方向へ舵を切ることにする。何はともあれ、サーバルちゃん。

多摩動物公園 アフリカ園

多摩動物公園 ライオン

 アフリカ園に来ると真っ先に目に入るのが、園内でも最大級の展示面積を誇るライオンのエリア……なのだけれど、現在は工事のため休止中。残念無念。

多摩動物公園 チーター サーバル

 右手に進んでいくと、チーターサーバルの展示スペースがあった。ちなみに、先ほどのライオンも合わせたネコ科の3種を担当しているのが、しんざきおにいさん*5だそうでございます。担当地区ぅ…ですかねぇ……。

多摩動物公園 チーター1

 まず目に入ったのが、思っていたよりもどデカいチーター先輩。全身を隅々まで埋め尽くす斑点模様に目を奪われ近づいてみると、ガラスの向こうからこちら側をまじまじと見つめ返してくれた。やだ……超イケメンじゃん……。

多摩動物公園 チーター2

 というか、サービス精神の塊とも言わんばかりにカメラ目線をキメてくれるので、たくさんの人が足を止めて撮影に勤しんでいた格好。サービス精神旺盛というか、好奇心旺盛というか……。

 一方で気になったのが……その口元。最高にキリッとした表情で、口を閉じ、耳は動かさず、こちらをじっと見つめてくれているイケメン風なのだけれど……よく見ると、なんかヨダレ、垂れてません……? もしや、僕らのことを獲物だと思っているのでは……?

多摩動物公園 チーター3

 食べないでくださいー!!

 

サーバルちゃんとはじめまして

 さて、本日のメイン・サーバルキャットの展示スペースは、チーターのすぐ側。ジャンプ力ぅ…が優れているということもあり、うっかり脱走されることを防止するためか、上までびっしりと檻で覆うような形で覆われている。

多摩動物公園 サーバル1

多摩動物公園 サーバル2

多摩動物公園 サーバル3

多摩動物公園 サーバル4

 かーわいー!!

 スラリと細い身体はサイズもそれなりで、「トラやチーターの小型版」というよりかは「一回り大きい猫」というイメージのほうが近そう。

 見にきた少年たちからは、「チーターのこどもだ!!」「ちがうよ! “さばーる”だよ!」「にゃあああああああ!!」などと歓声が上がっており、もう少し上の年代になると、「すごーい!」「かーわいー!」「しんざきおにーさんはどこ!?」という声が聞かれた様子。……あまりトーンが変わらないね!

多摩動物公園 サーバル5

多摩動物公園 サーバル6

多摩動物公園 サーバル7

 しかし、しばらく観察していると……やっぱり、あからさまにである。 隙あらば毛づくろいをし、うろうろと周囲を徘徊し、日なたに寝転がり、そのまま夢の世界へと( ˘ω˘)スヤァ…。2枚目の写真なんて、「ゴロニャン」という擬音が聞こえてきそうなレベルだ……。

多摩動物公園 サーバル8

多摩動物公園 サーバル9
爪とぎもするよ!

 なかでもキュンときたのが、その鳴き声!

 数回しか聞けなかったのだけれど、短く「ミャッ!」「ミャオ」と鳴いたときの声がかわいくてかわいくて……。「あ、本当に “ミャ” なんだ」と実感できました。周りで聞いていた人も「 “ミャア” って鳴いた!」と話していたので、決して僕の耳がフレンズに最適化されているからそう聞こえた、というわけではありません。たぶん。

多摩動物公園 サーバルちゃん

_人人人人人人人人人人_
> だいたいあってる <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

1日では回りきれないほどに動物がいっぱい!

多摩動物公園 チンパンジー 室内

 もちろん、サーバルちゃんだけをずっと観察していたわけではありません(それなりに長時間眺めてはいたけれど)。お昼前に入園してから16:00頃まで、ぐるっと敷地を一周するような形で動物園を見て回ってきた。

多摩動物公園 シロオリックス
シロオリックス(アフリカ園)

多摩動物公園 モモイロペリカン
モモイロペリカン(アフリカ園)

多摩動物公園 キリン
キリン(アフリカ園)

多摩動物公園 アフリカゾウ
アフリカゾウ(アフリカ園)

多摩動物公園 チンパンジー
チンパンジー(アフリカ園)

多摩動物公園 タヌキ
タヌキ(アジア園)

多摩動物公園 シロフクロウ
シロフクロウ(アジア園)

多摩動物公園 トナカイ
トナカイ(アジア園)

多摩動物公園 アカカンガルー1
アカカンガルー(アジア園)

多摩動物公園 アカカンガルー2
休日のおっさんにしか見えない……。

多摩動物公園 アカカンガルー3
野生を捨てたかのような姿だ……。

多摩動物公園 シマオイワワラビー
シマオイワワラビー(オーストラリア園)

多摩動物公園 タスマニアデビル
タスマニアデビル(オーストラリア園)

多摩動物公園 オランウータン
オランウータン(アジア園)

多摩動物公園 レッサーパンダ
レッサーパンダ(アジア園)

多摩動物公園 レッサーパンダ かわいい
ぬいぐるみかな??

多摩動物公園 ターキン
ターキン(アジア園)

多摩動物公園 タイリクオオカミ
タイリクオオカミ(アジア園)

多摩動物公園 タイリクオオカミ かわいい
わんわん。

多摩動物公園 トキ
トキ類(アジア園)

多摩動物公園 園内5

 そんなこんなで満喫してまいりました、ジャパリp……もとい、多摩動物公園。『けものフレンズ』抜きにしても、数年ぶりにリアルで目の当たりにした動物たちはみーんな生き生きとしていて、見て回るのが本当に楽しかった! 動物園はいいぞ。

 印象的だったのが、帰り際にサーバルの展示スペースに寄ったところで目に入ったおにーさん。スーツ姿に革靴、手には革のビジネスバッグと、見るからに「会社を早上がりして少しの時間だけでも見にきました!」という風体のサラリーマン。サーバルちゃん目的……かどうかはわからないものの、そうでなくても動物園は癒やしスポット。会社帰りに立ち寄りたくなってもおかしくないですよねー。僕も、せめて上野動物園がもう少し近くにあれば……。

 他方では、こちらは間違いなく『けもフレ』の流れで訪れたらしい若者2人組が、フレンズ云々とアニメの話をしつつも、「たまには来るのもいいよねー」「わかるわー」と話していたのにも共感してしまった。ほんまそれ。続けて言った、「……多摩動物園だけに」は聞かなかったことにしよう、うん。

 というわけで長くなったけれど、『けものフレンズ』好きもそうでない人も、徐々に暖かくなり、人も動物もフレンズも活動的になりつつあるこの季節、たまの休日には、近くの動物園に足を運んでみてはどうでしょう? 動物園で、ドッタンバッタン大騒ぎ!

 

※追記:後日、サーバルジャンプも見てきたのだ!

 

 

関連記事