読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

【寄稿】時間を大切にする=せかせか急ぐ、ってこと?もっと無駄にしてもいいんじゃないかな

つれづれフォト日記:「86400ドルのプレゼント 」 - livedoor Blog

 

この文章、果たしてどれくらいの方がご存知だろうか。
おそらく、自己啓発の類が好きな人なら一度は耳にしたことがあるはず。
時間を“1秒=1ドル”として、銀行口座に毎朝振り込まれるお金に置き換えた文章、である。
つまるところ、「時間ってのはすぐになくなっちゃうから、しっかり使わないと後悔するぜ、あんちゃん!!」という主張をしたいんですね。

 

この主張は、大方にはウェルカムされている模様。
この話自体を知らなくても、時間が大切なんてこたあ、みんな知ってます。

 

“時間は有限だから、思う存分に使え”

 

ーーこの点に関しては、異議なしでござる。
自分の時間なのだから、絶対に無駄にはしたくない! というのがみんなの本音だ。
まさに、ザ・ワールド!である。俺だけの時間だ!

 

とはいえ、ちょと待てちょと待てお兄さん。
たしかに、時間を有意義に使うことは大切、である。
だけど、これを「生き急ぐように時間を過ごすこと」に結びつけてしまっている人、実は多いんじゃないかしら。

 

「時間は有限!」という感覚のズレ

「もっと早く!」
「隙間時間も有効活用!」

 

――などと主張する人は多い。
仕事においては、それがもっとも顕著ですね。

 

例えば、会社への「出社時間」に対する意識。

 

大抵の会社は9時始業で、そこから朝礼をしたり事務連絡をしたり――という流れが一般的なんじゃないかしら。

 

しかし、この「出社時間」が曲者。

 

1秒でも朝礼や始業時間に遅れると、上司から注意されるのが当たり前(少なくとも僕の会社は)。
何をそんなにせかせかと秒単位で気にしてるのかがわかりませんが、とにかくまあ気にすること気にすること。
「社会人としてうんたらかんたら」という決まり文句もよく聞くのですが、そこまで肩肘張らなくてもいいだろう、と僕は思うのです。

 

だって、ねえ。
正直、数秒遅れたくらいで何かが変わるわけでもなし……。
そりゃ、数十分とか遅れたらさすがにしかめっ面にはなります。
あと、大きなシステム運用に関することや、客先での待ち合わせ時間とかでもまだわかる。
それこそ、大問題になりかねないので。

 

でも、秒単位で気にするとちょっと……ってなるのです。
自社内でそこまで切り詰めなくてもいいんじゃないかね。
そのくせ、退勤時間の守らない会社の多いこと多いこと……。

 

「もっと時間をうまく使え!」という考え方

これも、社会人になると気が滅入るほどに言われるでしょう。
「時間をもっとうまく使え!」
いわゆる効率化、というもの。
僕らサラリーマンにとって効率化、というと――。

 

  • 電車の中でメールを打つ
  • 徒歩の移動時間で電話をする
  • 「ご飯は簡単に済ませて仕事仕事!」
  • 「何かひとつ短縮できたらその時間で別の仕事を!」

 

――などが思い浮かぶかしら。
たしかに、その意識もすごーく大事なんですよね。
時間をうまく使って、少しでも多くの仕事をこなすのは大切なこと。
むしろ、サラリーマンなのにこういう意識が薄い僕が問題では

 

でもねえ、どうなんでしょう。
そういった考え方一辺倒になってしまうのはいかがなものか、と、モヤモヤしたりしなかったり。

 

電車の移動時間でちゃちゃっと仕事をする方もおられるようですが、僕はそれ、できません。
もう電車の時間はもう、ぐーたらタイムと決めているんですよね。
“ぐーたら”というか、「好きなように使う時間」でしょうか。

 

ブログを書くも良し。
ネットの海を泳ぐも良し。
女子にLINEするも良し。 相手がいればな!

 

移動でガタンガタン揺れる時間くらいは、せめて自分の世界に浸りたい。
休憩時間中に何か仕事をしようという意識もありますが、よくわからん。

 

例えば、「休憩時間に移動しておいてね☆」とか。

 

いや、当たり前のように言ってますが、もう頭が「???」になるわけで。
休憩……? あれ、ゆっくりすることじゃないの……? あれ……? 移動……? あれ……?
移動って案外、疲れるんですよねえ。
なのに、それは仕事に含まれないという悲しさ。通勤も仕事時間に含めないと辛いと思うんだ。

 

「自分のやりたいように時間を使う」という意識があってもいい

「俺は仕事をバリバリこなしたいぜヒャッハー」な世紀末的に元気のある方はもちろん、時間をめいっぱい使って働けばいいと思います。

 

でもそうじゃなくて、のんびりすることも含めて、もっともっと本当の意味で「自分の時間」を作ったほうがいいと思うんです。

 

だって、たまに早朝の電車に乗るとびっくりするんです。乗換えで必ずダッシュする人がいて。ホントに死ぬ気のダッシュです。朝っぱらからあんなにせかせかしている人を見ると、なんだかいたたまれない気持ちに……。

 

そもそも、早朝の電車に乗るだけでも睡魔との戦いがあったろうに、それに加えて出社時間との戦いもあるなんて……辛すぎィ!!

 

それって、ぜんぜん時間を大切にしていない。
「時間は無駄なく!」って、そういうことではないと思うんですよねえ……。

 

時間は自分だけのもの。のんびりしようが、切り詰めて使おうが、個人の自由。
その時間の使い方が、その人にとって幸せなのであれば、それでいいんです。

 

でも今は、みーんな「時間を隙間なく無駄なく使う」ということに傾倒しすぎ。
予定を詰めて詰めて入れこんで、移動はキツキツの急行電車。いやあ、辛い。

 

社会人になると、それを痛感します。

 

もっともっと「ちょっとくらい、のんびり生きても別にいいよね~」って感じになるといいなあ。

 


 

この記事は、人見知り営業マンid:hitomishirimanさんからご寄稿いただきました。

寄稿について このブログでは、寄稿記事を募集しております。
詳しくはこちら → 寄稿記事の募集要項について