ぐるりみち。

平成生まれのフリーライターのブログ。本・映画・マンガ・アニメの各種レビューに、旅行・グルメ・街歩き日記など。

【ポケモンGO】金銀アップデート後、街の様子は?プレイしながら歩いてきた

ポケモンGO ネイティオ

 

 このときを待っていたぞー!

 7月のリリースから半年以上の時を経て、『ポケモンGO』が大型アップデート。ついに、待ちに待ったジョウト地方の フレンズ ポケモンが追加されました。ひゃっほぅ!

 ――そんなこんなで早速、ポケモンを探すべく街中をぶらついてきたわけです。個人的に思い入れも深い金銀世代のポケモンだけでなく、「今までどこに隠れてたの!?」とツッコみたくなるほどい、ポケモントレーナーの姿が多く見受けられてビビった。

 

大型アップデート!ジョウト地方のポケモンが登場

ポケモンGO 大型アップデート
更に広がるPokémon GO の世界! - YouTube

  • 80種類以上のポケモンが新たに登場(『金銀』ジョウト地方)
  • 「性別」の追加
  • 新しい「きのみ」と進化に必要な「道具」の追加
  • 「着せ替えアイテム」の追加
  • 進化ポケモン捕獲時のアメの獲得量が増加

参考:Pokémon GO の アプリバージョン 0.57.2(Android / iOS)へのアップデートを開始しました。


 多くの新機能と調整が加えられた、此度のアップデート。細かな部分では操作性の向上などもありますが、直接的なプレイに関わってきそうなポイントとして、上記のような要素が追加されました。

 何よりも大きいのが、やはり新ポケモンの大量追加。伝説を除く『赤緑』世代の140体あまりと、一部のベイビィポケモンしか出現しなかった現状に加わる形で、野生で出現するポケモンが一挙に増加。『金銀』世代のポケモン80種類以上と遭遇できるようになりました。わぁい!

ポケモンGO アップデート 捕獲画面

 また、捕獲画面も改善されており、「きのみ」と「ボール」の切り替えが快適に。

 「きのみ」の種類も追加され、ポケモンの動きが遅くなる「ナナのみ」と、捕獲したポケモンのアメが2倍になる「パイルのみ」が登場。特に「パイルのみ」は重宝しそう。オオタチかわいい。

ポケモンGO アップデート 変更点

 あと、捕獲ボーナスに「ワンショット」なるものが追加されていたり、ステータス画面で進化後のシルエットが見られるようになっていたり、メダルも増えたりしている模様。トゥートゥー。

 要するに「やり込み要素が増えた」格好なので、既存のポケモンをほぼコンプリートしていた人も改めて楽しめるようになったと言えるんじゃないかしら。ハッサムやニョロトノのためにアメをすでに集めていたとしても、進化に必要な道具を探す必要もありますし。メタルコートはどこだ……。

 

街中に舞い戻ったポケモントレーナーたち

 さてさて、待ちに待った大型アップデートとはいえ、今となっては『ポケモンGO』ブームも下火。街中でポケモントレーナーの姿を見かける機会も減り、最近は都市部の公園でおじいちゃんおばあちゃんがプレイしているのを目にするくらいの印象でございます。

 僕自身、現在は「ポケモンGOプラス」を外出時に持ち歩いて、出先でたまにポチポチとプレイする程度。そのようなゆるさで遊んでいる現状もあり、今回のアップデート後もゆったりまったりと新ポケモンを捕まえていこうかなー……と思っていたのですが。

ポケモンGO 池袋西口公園
池袋西口公園にて。

 街に出たら……意外とたくさんいるじゃん! ポケモントレーナーが!

 今までどこに潜んでいたんだと疑問に感じるほどに、駅前で歩道で公園で、スマホに向かってボールを投げる人々の姿がそこにはあった。……さすがに、リリース当初と比べると数は少ないですが。

ポケモンGO 池袋西口公園 リリース当時
※参考画像。2016年7月27日撮影。同じ池袋西口公園にて(関連リンク)。

 もちろん公園にいる全員が全員、『ポケモンGO』をプレイしているわけではないはず。でもよくよく見てみると、ボールを投げるときの「指を下から上にスライドさせる」動きをしている人が多かったので、それなりにポケモントレーナーが集まっていたんじゃないかと思います。

 ――とくりゃあ、僕も負けるわけにはいかんでしょう。およそ半年ぶりに見かける「トレーナーの群れ」に加わりつつ、せっせとポケモンゲットでござる。昼休憩中らしいサラリーマンや、買い物途中と思しき主婦たちに混ざって、レッツ縦スライド。ハイパーボール一斉放出や!

ポケモンGO アップデート後 東京都内

 数多く表示されている未発見のポケモンに喜びつつ、都内をぶーらぶら。

 ――こうして見ると、「スマホ片手にプレイしているポケモントレーナー」を自分の目で確認するまでもなく、「スマホ画面上で遥か彼方まで舞い散るルアーの花びら」が、すでにプレイヤーの多さを物語っているようにも感じます。やべえ。これこそ、リリース当初のようだ。

 上記画像右の池袋西口公園だけでも、チコリータ、ワニノコ、オタチ、オオタチ、ヒマナッツ、ネイティ、ネイティオ、レディバ、レディアン、ヤミカラスなどなど、複数種類のポケモンを発見。画像左は上野付近で、ちらほらとレアポケモンのシルエットを確認できました。

ポケモンGO アップデート ジョウト

 2〜3時間ほどぶらぶらして、成果はこんなもん。エアームドを捕まえられたのが嬉しい。途中、スマホ画面を見ずにポケモンGOプラスをポチポチしていた区間で、ヒノアラシやらクロバットやらワタッコやらに逃げられていたらしいのはもったいない……。

ポケモンGO アップデート後 上野公園
上野公園・不忍池にて。2人組のご婦人が「ふかそうち」の話をしてた。

 本当は上野から秋葉原に抜けて、日比谷公園〜浜離宮あたりまで行きたかったのだけれど――時間的に厳しそうだったので今日は断念。浜離宮がヒノアラシの巣だという情報が流れているようなので、週末に時間があったら覗きに行こうかなーと考えております。うふふ。

 考えてみれば、こうして「ポケモンを探すために公園に行こう!」と外に出て歩くのもひさしぶり。これから花粉の時期ということもあり、長時間にわたって外を歩きまわるのは難しくなりそうだけれど……またしばらくは、この『ポケモンGO』を楽しみたい所存でござる。

f:id:ornith:20170217210031j:plain

f:id:ornith:20170217210103j:plain
帰りに再び池袋西口公園に寄ってみたら、想像以上に賑わってた。

 

 

関連記事