ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

秋葉原『雁川』のとろとろ餡かけ牛すじチャーハン

秋葉原 雁川 牛すじチャーハン

 

 お手軽な牛丼チェーンにはじまり、ファストフード、立ち食いそば、定食屋、ラーメン、インドカレー、イタリアンに回転寿司――などなど、「外食」の選択肢は多種多彩。

 むしろ選択の幅が広すぎて、優柔不断な人からすれば目眩がするレベル。お昼ごはんはどこにしようか、ある店が目に留まったと思ったら、次の瞬間には別の店が気になって、悩み悩んで歩き疲れてしまうこともしばしば。結果、安心の牛丼チェーンに入るのです。“牛丼・並”の安定感よ……。

 しかしその一方で、これまで自分が無意識に選択肢から外していた飲食店があることに、つい最近気がつきまして。 別にそのジャンルの料理が嫌いというわけではないけれど――強いて言えば、辛いのが苦手なくらい――なんとなく、自分ひとりで入ろうとはしてこなかったお店。

 

 それは……ずばり、「中華」である。もとい、アル。

 

なぜか意識から外していた、中華料理店

 とある日の秋葉原。つい1週間前には「ローストビーフ(゚д゚)ウマー」はじめてのローストビーフ丼と新たな出会いに感動していたこの街で、今日も今日とてさまよっていたお昼すぎ。

 ちょいとお値段はするけれど、噂の牛かつ店『壱弐参』さん*1にしようか、はたまた今日も列ができている牛丼専門『サンボ』*2さんに挑戦してみようか(入ったことはない)……とパーツ街をふらふらしていたところ、一軒のお店が目に入った。

 

秋葉原 雁川

 中華料理『雁川』さんでござる。ちなみにお隣は、少し前に『マツコの知らない世界』で紹介された老舗カレー屋『ベンガル』*3さん。もうランチタイムは過ぎているのに、こちらは満席の様子。

 中華料理かー……中華……ちゅうか? ……そういや自分、これまでほとんど中華料理屋に入ったこと、なくね? ――と、はたと気づく。そうなのです。特に中華料理が嫌いなわけでなく、出されれば喜んで食べるにも関わらず、無意識に「お昼ごはん」の選択肢から排除していたらしいことに、なぜかこの日、急に気づいたのでした。なんでじゃ……?

 

秋葉原 雁川

 ひとたび気づいてしまえば、もう気になってきて仕方がない。挑戦だ! 新規開拓じゃ! 今日のお昼は、これまで無意識に食べてこなかった中華パイセンのお世話になるんじゃー! ……と、勇んで地下へ。ろくにメニューも見ず、お昼すぎのお店へと入っていったのでした。

 

とろとろ餡かけ黒毛和牛の牛すじチャーハン

  ところで、こちらの『雁川』さん、秋葉原グルメクラスタのあいだでは、それこそ“お約束”レベルの定番スポットらしい。退店後に検索してみたら、やたらと感想記事が目に入るし、食べログの評価も高いしで、意図せず有名店に迷いこんでいたと知ってびっくり。

 Twitterでは秋葉原界隈の人も何人かフォローしているし、もしかすると目に入っていた可能性はなきにしもあらず。ただ、店内でメニューを見るまで“かりかわ”とお店の名前を読んでいたくらいので、それも気のせいかも。多分、秋葉ランチの定番=『かんだ食堂』のイメージが強すぎるんだ……。

 

秋葉原 雁川 牛すじチャーハン

 さて、諸々の余談はこの辺にして、メシである。

 注文したのは、牛すじチャーハン(900円)。日替りor週替り定食にしようかどうしようか悩んで、それよりもデカデカと書かれていたこちらを選んだ格好。迷ったときは、とにかくメニューのなかで目立つ料理を頼むに限る……って、ばっちゃが言ってた。

 

秋葉原 雁川 牛すじチャーハン

 ……なんちゅーか、見るからに犯罪的な絵面(良い意味で)。とろっとろの牛すじの煮込みは「間違いねえ!」と言わんばかりに輝きを放っており、見ているだけでヨダレがががががが! その天辺にちょこんと鎮座する温玉が、これまた良いとろけ具合。早く潰したい。

 一口頬張り、「んほォーーーッ!!」と、内心で叫ぶくらいにはうまい。とろとろになるまで煮込まれていながら程よく形の保たれた牛すじ先輩は、口内に染みわたりそのまま脳内まで侵食してくれようかという旨味を持っている。あ〜、ダメになるんじゃ〜。

 

秋葉原 雁川 牛すじチャーハン

 そこへさらに、温玉大先生をぶち撒ければ、もう最高オブ最高。

 黄身と牛すじ餡かけのとろとろっぷりに身悶えつつも、その下からはパラパラごはんのナイスアシストが飛んでくる。とろとろ成分がこれ以上強くなればしつこく感じるだろう直前で、程よいあっさり感をプラス。最後まで飽きず、おいしく食べることができました。すばら。

 

 今回は並盛りを注文しましたが、自分としては満腹感を得られる、ちょうど良いボリューム。周囲を見れb、チャーハンを大盛りにしたり、セットにして注文したりしている人も少なくない様子。このお値段でうまいもんをいっぱい食えるとくれば……そりゃあリピートしたくなるよね!

 そんなこんなで、ごちそうさまでございました。おそらくは初めて1人で入った中華料理店として、記憶に残る満足感。「中華ええやん!」というよりは、「雁川マジで最高やん!」という感想な気がしなくもないですが……これからは、意識して中華も食べるようにしよう、そうしよう。

 

店舗情報

 

関連記事