ぐるりみち。

日々日々、めぐって、遠まわり。

多摩湖自転車道をゆるっと走っていたら、猫と出会った

多摩湖自転車道

 

 秋晴れの日曜午前。ちゃちゃっと仕事を済ませてTwitterを覗くと、全国のガルパンおじさんが大洗に集結していた。とんでもない混雑となっているらしい写真を眺めつつ、目に入ったのは、嗚呼懐かしの茨城の海と空。東京もだけど、今日はどこも良い天気なんだなあと。

 そんな青空を目にしてしまえば、自然と僕の脳内ロコちゃんが話しかけてくるのです。「明日をもーっと良い日にするためには、今日という日を充実させなくっちゃね! そうだよなあ!? ハム太郎!!」と。……へ、へけっ!!

 今から大洗に行くのは無理でも、せっかくの天気の良い週末、外へ繰り出さないのは嘘ってもんでござろう。というわけで、今日はおよそ1ヶ月ぶりに多摩湖を目指すことに。前回は自宅から直行したので、今回は多摩湖自転車道の起点から、多摩湖まで走ってみました。

 

 

ほぼ一直線ストレートで、ゆったり走れる自転車道路

 多摩湖自転車道の起点は、JR中央線・武蔵境駅と西武新宿線・田無駅のちょうど中間あたり。あらかじめ調べたうえで向かったので、自宅からペダルを漕ぎ漕ぎ、迷うことなくたどり着けました。

 

多摩湖自転車道 起点

多摩湖自転車道 起点

 一見すると公園の入り口っぽいけど、よく見るとしっかり書いてあった。

 緑豊かなこの一画をスタートし、多摩湖付近まで約11km。今日は終点まで行かないけれど、最終的には多摩湖をぐるっと一周まわることのできる、全長約22kmのサイクリングロードになっているそうな*1。午前中に出発すれば、なんとか往復できるかな……。

 

多摩湖自転車道

多摩湖自転車道

 いざ走り出してみると、想像していた以上にストレート。直線のなかの直線、本当に真っ直線な舗装道になっていてビビった。これが多摩湖までほぼずっと続くという。直線の走りやすさは言うまでもなく、周囲は緑に囲まれており、色づき始めた木々が目にも楽しい。

 周囲を走る自転車は、ロードバイクをはじめとするスポーツサイクルからママチャリまで、多種多彩。見るからに「今日、補助輪を外しました!」というチビっ子がお父さんに手を添えてもらいつつ爆走していたりと、ものすごく“休日感”のあふれる空間でございました。

 

多摩湖自転車道

多摩湖自転車道

多摩湖自転車道

 一方で、驚くほどに直線の道路ではあるものの、ところどころで車道と交差する箇所もあり、明らかに「スポーツ自転車が時速40kmで爆走するコース」といった趣きではありませぬ。

 随所には車止めがあり、車道と交差する部分にはもちろん信号機も。自転車乗りに優しいサイクリングロードであると同時に、ご近所さんの生活道路でもある感じです。お散歩中の老夫婦もいれば、自転車並みのスピードで疾走するランナーさんもいるので、気をつけて走りたいところ。

 

多摩湖自転車道

多摩湖自転車道

 とはいえ、常にゆっくり走る必要があるほどに往来が激しいわけでもなく、一部の駅・住宅街付近を除けば、基本的には気持ちの良い速度で走れるという印象でした。「\( 'ω')/ウオオオオオアアアーーーーッ!!!」と叫びながらママチャリを漕いでいるおじちゃんもいたし(速度は遅い)

 

多摩湖自転車道

多摩湖自転車道

多摩湖自転車道

 時間帯にもよるとは思いますが、走っていて往来が多いと感じたのは、花小金井駅〜小平ふるさと村のあたりかしら。自転車道に沿うように大きな公園が広がっていたり、集合住宅が並んでいたりと、休日でなくても人通りが多そうな地域。……つまり、住みやすそう。住みたい。

 

多摩湖自転車道

多摩湖自転車道

 今回はほぼスルーしたものの、ちょっとした寄り道スポットが多いのも魅力……らしい。途中で「スーパー銭湯」の文字が目に入ってホイホイされそうになったけど、出発が遅かったので我慢我慢。お風呂セットを持ち歩いてたら危なかった。

 

多摩湖自転車道 猫

 ――で、その途中に、ヤツがいた。

 

多摩湖自転車道 猫

 ( ・ω・)チラッ

 

多摩湖自転車道 猫

 (・ω・ )チラッ

 

多摩湖自転車道 猫

_人人人人人人人_
> にゃーん! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

多摩湖自転車道 猫

 ここで会ったが何年目。猫である。お猫さまである。

 近づいても逃げるわけでもなし、その場に留まってほのぼのしていると見れば、そりゃあもう構ってあげる……もとい、構っていただかなければなるまい。茶トラさまに向かって二礼二拍一礼を終えたら、いざいざ、ゴロゴロタイムである。にゃーん。

 

多摩湖自転車道 猫

 この猫氏、人間慣れしているだけでなく、明らかに毛並みが良い。……はてはて? どこぞのお家の飼い猫さまぞ? と考えつつナデゴロリンしていると……どこからか、「かわいいでしょ?」の声。振り返って斜め上を見やると、道沿いのアパートの2階に声の主がいらっしゃった。

 声の主――タンクトップ姿のたくましいおじさま曰く、ご近所では有名な茶トラさまなのだとか。名をば、又三郎と云う。またちゃん、と呼ばれて愛されている、アイドル的存在だというお話でした。たしかにこの、媚びはしないけれど愛され方を心得ている様子……できる!!

 

多摩湖自転車道 猫

 おじさまに言われて首元を拝見すると……なるほど、「猫の又三郎」の文字と、住所が書かれておりました(※住所の部分は隠しています)。この凛々しき面持ち……仰るとおり、“又三郎”の名がふさわしい。“茶虎の又三郎”とか、そのまま本のタイトルでありそう。かっこいい。

 

多摩湖自転車道

多摩湖自転車道

多摩湖自転車道

 又三郎氏(それとおじさま)にお礼を言い、改めて漕ぎ出してしばらく行くと、さすがに人通りが少なくなってきた。荻山駅を越え、左手では西武多摩湖線と並走しつつ、あとはひたすら多摩湖へ猫まっしぐら。ロードバイクに追い越され、ママチャリを追い越しつつ、ペダルをキコキコ。

 

狭山公園

多摩湖

 そんなこんなで、狭山公園多摩湖にとうちゃーく!

 手元で走行距離を確認してみると、ジャスト12kmを1時間で走った模様。ジョギングペースだ。途中、幾度となくチャリを脇に寄せてカメラを構えていたし、又三郎氏(とおじさま)と戯れていたしで、とってもまったり。いやはや、気持ちよく走れて、良い運動になりましてござる。

 

多摩湖 狭山公園

狭山公園 月

 もうすでに日も沈みきろうかというタイミング。出発したのがお昼すぎだったこともあり、本当にゆったりまったりポタリングをして終わった格好です。次の機会には、多摩湖自転車道を往復しつつ、湖もぐるっと一周するまでしてみたいにゃー。……早起きできれば。

 

多摩湖 狭山公園

 というわけで、今日もお疲れさまでした。
 月曜日からまた、気持ちを新たにがんばるぞい。

 

f:id:ornith:20161113214029j:plain

 走行記録(多摩湖自転車道起点〜狭山公園)。
 マジで一直線だ……。

 

 

関連記事